工藤大輝と偶像音楽論

Da-iCEの工藤大輝がお届けする、月イチ連載コラム!

工藤大輝、つりビットを語る「世界を釣り上げる日は近い」

2018年02月06日 17:00

【月イチ連載コラム:工藤大輝と偶像音楽論(通算 第18回)】

明確すぎるコンセプトを長年成立させ続けるのは難しい。
難しいけど不可能ではない。
世界を釣り上げる日は近い。

つりビット / Get ready Get a chance
https://youtu.be/jss8IQmakT4

つりビットさんのコンセプトは控えめに言ってもかなり特殊な方に分類されますが、楽曲は全体的に王道ポップス路線が多く、リリース都度そのギャップに驚かされます。

その中でも特に昨年リリースされたこの曲でガラリと雰囲気が変わった印象を受けました。女の子から女性に移り変わっていく瞬間を垣間見た、そんな気にさせてくれる楽曲と映像で、僕の独断と偏見にまみれた2017年間良曲ランキング上位に入っていた曲でもあります。

これも言ってしまえば好みの問題になってくるんですが、MVに揃いの衣装ではない等身大に近い私服系衣装で街の喧騒を歩いたりしているイメージカットがあります。この普段とパフォーマンスを対比できる映像のスイッチングが僕は凄く好きで、こういったMVはストレートに本人が持っている可愛さが伝わり易くグレーゾーンに向けてとても効果的な作品なのではないかと思います。

踊ってると可愛い、あ、歩いててもやっぱ可愛い。
みたいな。

そういった映像があることによって純白の衣装を纏い5人で踊るグループショットにメリハリが出て、より引き込まれるようになっている気がします。振付もシンプル&キャッチーで肩肘張らない余裕のあるパフォーマンス感が素敵です。

楽曲に関しても良い塩梅のポップス加減で、大人っぽすぎず子供っぽすぎず。なにより5人のユニゾンの声質の混ざり具合がとても心地良Bメロの安藤さんソロからサビに入る時のスムーズさと心地よさがなんともいえず癖になります。

ユニゾンが心地よくなるというのはミックスなどなど制作側の手腕でもありますが、それでもバラバラのメンバーが一朝一夕で出せるバランス感覚ではなく、そういった意味では着実に積み重ねてきた一つ一つの結果がそうさせているんではないかと思います。

この曲のみならず昨年リリースされたアルバム「Blue Ocean Fishing Cruise」も全曲良いですし、アニメのタイアップ曲にもなっている新曲「不思議な旅はつづくのさ」という3月発売のシングル曲も既にMVはYouTubeにあがっているということで2018年序盤から勢いが凄いです。

正直な話、昨今の5人組アイドルグループは群雄割拠。それぞれがそれぞれの武器を持って戦っていますが、その中でも異彩を放ちながら進化しているつりビットさんに目が離せません。

と言うことで今回はこの辺で終了とさせていただきます。次回も楽しみにしていただけると幸いです。