菅田将暉、松坂桃李の止まらない『遊戯王』トークに「何しに来たの?(笑)」

2018年01月31日 18:00

1月29日(月)深夜放送のラジオ番組「菅田将暉のオールナイトニッポン」に、俳優の松坂桃李が出演。会話の中で、松坂が『遊戯王』にはまっていることが発覚すると、その意外な趣味と、マニアックすぎるトークで菅田を笑わせた。

最新映画『不能犯』で主人公を怪演している松坂と菅田は、同じ事務所の先輩・後輩の関係にあたるが、今までじっくりと話したことは無かったという。そんな二人だが、松坂がハマっているというゲームアプリ「遊戯王デュエルリンクス」の話題になると、熱量が一気に高まり、二人の距離も急接近することになった。

菅田:普段この時間(深夜1時)って何をしていますか?寝ています?

松坂:普段は寝ているか、遊戯王をしている

菅田:あはははは(笑)ちょっと待って!?もう一回言ってください

松坂:遊戯王をやっている(笑)

菅田:今日は映画『不能犯』のお知らせですよね?遊戯王って、あの遊戯王?

松坂:うん。カードゲームの遊戯王。僕と同じ年齢(29歳)くらいの人は懐かしいと思う人がいるかもしれないんですが、最近は遊戯王がアプリで出来るんですよ

菅田:急に目がキラキラして、嬉しそう

松坂:遊戯王、世代だったんですよ。色々シリーズ化されて、最新のカードは詳しくないけれど、昔のカードもアプリで実装されているんですよ

菅田:当時の、初期の遊戯王がアプリで出来るんですか!?

松坂:出来るんですよ!

菅田:それは熱いですね

松坂:「遊戯王デュエルリンクス」っていうゲームでね

菅田:デュエリストなんですね。あの、結構やっている感じですよね?

松坂:そうね。デュエルリンクスの中で順位があって、ルーキー、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、レジェンド、キングっていうのがあって……

菅田:はい

松坂:僕は今、キング。

カードゲーム「遊戯王」のモバイルアプリを極め、最強ランクである“キング”に君臨していることを明かした松坂。急にじょう舌になり、ゲームの話を熱弁する松坂の姿に、菅田も思わず「メチャメチャやっているじゃないですか!」とツッコミを入れる。

この後、リスナーから番組には全く関係のないはずの『不能犯』と『遊戯王』を絡めた無茶苦茶なメールが届いたが、その全てに答えた松坂。さらに、ゲームの豆知識や、アニメ『遊戯王』の神回について語る他、「デュエル、スタンバイ!」「ターンエンド!」といった同アニメ内の名フレーズを、サービス精神旺盛に披露。後輩である菅田に「こんな話、誰が分かる?(笑)」「今日は何しに来たの?(笑)」と言われてしまう始末だったが、松坂本人も「こんな(映画の)宣伝の仕方は初めてだよ」と笑い、「2月1日に映画『不能犯』が公開します。ぜひリスナーの皆さん、デュエリストの皆さん、もし良かったら見ていただけると嬉しいです」と、これまでにない層にも呼びかけ、出演を締めくくった。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「菅田将暉のオールナイトニッポン」
放送日:2018年1月29日(月)25時~27時
パーソナリティ:菅田将暉
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20180130010000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/suda/