オールナイトニッポンi

Webラジオ&Web動画配信サービス「オールナイトニッポンi」のニュース記事です。

沖縄の海を満喫できる、とっておきの穴場スポット

2018年01月30日 19:45

 

1月24日(水)、Webラジオ『敦士のオールナイトニッポンi』第26回が配信され、パーソナリティの敦士が、年明けに家族で沖縄に行ったときのエピソードを語った。

先日、家族で沖縄に行ったという敦士。ちょうど1年前も行ったそうで、そのときは、昨年妊娠していた妻のマタニティフォトを撮りに行ったとのこと。綺麗な海でいい写真が撮れたため、また行こうよという話になり、今年は子供も連れて沖縄まで出掛けていったのだそうだ。

まずは、昨年行かなかったところへ行こうということで、敦士たちは、沖縄美ら海水族館へ行ったという。沖縄美ら海水族館は、広大な敷地が巨大な公園のように広がっており、その中に水族館があったりショーを行うブースがまた別にあったりと、とにかく見どころ満載で、生物も沖縄独特のものがいて、ほかにはない発見と驚きがある。

そして、中でも名物なのが、全長8.7mものジンベエザメやナンヨウマンタをはじめ、多種多彩な魚たちが泳ぐ大水槽。
それまであまり水族館に興味がなかったという敦士だが、ジンベエザメの大きさに感動したそうで、「あんなに楽しい水族館は初めてでした!大満喫しました!」と、そのときの光景を興奮した様子で語った。

美ら海水族館を出た敦士たちは、そこから北にある大宜味村の海岸に行ったという。街の中を歩いても人がおらず、波の音だけが聞こえるという静かな場所で、敦士たちが昨年マタニティフォトを撮った場所でもあるが、今年子供が生まれて環境が変わったところで、もう一度同じ海で写真を撮りたいと思い、写真を撮りに行ったのだそうだ。

「景色は全然変わってないけど、こっちの家族の環境は変わってて。その写真がね、なんかいいなぁ~と思って、子供が分かるようになったら、真っ先に見せたい写真が出来上がったので。

海ってなんでしょうね…僕岐阜県出身で海なし県なんで、海に対する憧れってすごい強くて。なんだろう、海を見ながら育ったってわけじゃないんですけど、海を見るとなんか故郷に帰ってきた感じがするんですよね。

また沖縄のそよ風っていいんですよ。春を思わせるような、生温い感じ。すごく心地良い風なんですよ。ずっとその場所にいられます。

大満喫の沖縄でしたが、また行きたいなぁ。ひょっとしたら、来年にはもう1人増えてるかもしれないですね。」

改めて沖縄の素晴らしさに感動し、「穏やかで、小さな悩みを吹き飛ばしてくれる場所。年に1回、家族で写真を撮りに行きたいですね。」としみじみ語った敦士。心地良い海が広がる大宜味村の海岸、癒やされたい人はぜひ行ってみてはいかがだろうか。

Webラジオ『敦士のオールナイトニッポンi』第26回は期間限定で無料で聴くことが出来る。

<番組概要>

番組名:敦士のオールナイトニッポンi
パーソナリティ:敦士
第26回URL:https://i.allnightnippon.com/p/e_anni_atsushi_026

TAGSタグ