仙台出身・WUG永野愛理 星野仙一さんへの感謝を語る

2018年01月21日 18:00

 

1月16日(火)、Webラジオ『Wake Up, Girls!とRun Girls, Run!のオールナイトニッポンi』の第16回が配信され、今回パーソナリティを務めるWake Up, Girls!の永野愛理が、星野仙一さんへの感謝を語った。

『Wake Up, Girls!とRun Girls, Run!のオールナイトニッポンi』は、7月31日からサービスがスタートした『オールナイトニッポンi』の中の番組で、声優ユニット「Wake Up, Girls!」と「Run Girls, Run!」のメンバー計10人が週替わりで一人ずつパーソナリティを担当。今回は、Wake Up, Girls!から永野愛理が登場した。

仙台出身の永野は、プロ野球「東北楽天ゴールデンイーグルス」の熱心なファンで、この『オールナイトニッポンi』の前回の当番回(11月21日配信)でも、楽天の2017年の総括と2018年の秘策について語っているほどであるが、その熱さは“ファン”にとどまらない規模で、昨年2017年8月にはKobaパーク宮城の楽天―ロッテ戦では始球式を務め、この時の投球シーンが「ベースボールカード」にもなっている。その名高い“楽天愛”が極まったともいえる企画「永野愛理が楽天イーグルス愛を大声で必要以上に訴えるイベント」が仙台の「EAGLES CAFE」にて12月20日、27日、1月10日、17日の全4日・計8回行われたのだが、今回の『オールナイトニッポンi』でもこのイベントについて開催順に語っていった。

なかでも1月10日のイベントについては、「星野監督が亡くなられたあとだったので、触れるかすごくわたしも迷ったんですけど、でも触れないのってファンとしてはもやもやするし、絶対に今でも星野さんは楽天を応援してどこかで見てくれてるってわたしは信じてるので、(星野監督が率いた4年間について)語り継いでいきたいなっていう思いで、いっぱい話させていただいたんです。星野さんが撒いた種っていうのは、いま本当に着実に咲いてきてますし、残していったものは本当に大きいですからね。それはずっと楽天の中で生きていくと思うので、これからも楽天をわたしは応援していきたいし、星野さんにも本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と、1月4日に亡くなった星野仙一さんについての思いを吐露した。

そして永野は、その星野さんへの思いを、現役選手とチームへの期待に繋げていった。「(星野さんは)退団セレモニーで胴上げを断ったじゃないですか。あれも、チームの順位がちょっと振るわなくて、2013年に優勝して日本一を獲ったものの2014年は不甲斐ない結果に終わってしまって…やっぱり絶対的エースの田中将大投手がメジャーに行ったり、マギー選手がいなくなったり、いろいろチームが動いた年だったのでしょうがない部分もありつつ…でも、順位が最下位というところで、(胴上げを)断って去っていったっていうのがすごく星野監督らしいというか、最後まで勝負にこだわる姿勢というのは本当に素晴らしい。自分で決めた“芯”の部分というか“軸”の部分を絶対にぶらさない人だったので、(そのように)星野監督が与えたものを、本当にこれからも選手にはたくさん育てていってもらって、絶対に2018年は優勝したいと思います」

今回のWebラジオ『Wake Up, Girls!とRun Girls, Run!のオールナイトニッポンi』第16回(出演:永野愛理)は、2018年1月22日(月)まで無料で聴くことが出来る。

番組名:ニッポン放送『Wake Up, Girls!とRun Girls, Run!のオールナイトニッポンi』
パーソナリティ:永野愛理(Wake Up, Girls!)
第16回(#016)配信URL:https://i.allnightnippon.com/p/e_anni_wugrgr_016

<LINK>
Wake Up, Girls!3公式HP:http://wakeupgirls3.jp/
Wake Up, Girls!公式HP :http://wug-portal.jp/
Run Girls, Run!公式HP:http://rungirlsrun.jp/