ももクロ・有安杏果、”卒業”という言葉に秘めた想い語る

2018年01月18日 25:00

 

1月18日(木)深夜放送のニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』で、パーソナリティの吉田尚記アナウンサーによる、ももいろクローバーZ・有安杏果への単独インタビューがオンエアされ、有安が卒業発表後の現在の心境を語った。

普通の女の子に戻りたいという気持ちから、ももいろクローバーZの卒業を発表した有安。あくまで”引退”ではなく”卒業”という表現を使ったのには、本人の強い意思があったそうだ。

吉田:有安さんは芸能活動自体も一旦……。

有安:はい。距離を置かせていただこうと思っています。

吉田:自分で「引退」とは言って無いんですよね?

有安:事務所も私も「卒業」って言っていて。いろんなニュースではごっちゃになってるんですけど。でも自分の中では引退っていうよりは、あくまで卒業っていう風に思ってるんです。芸能界って、人によってどこまでが芸能で、どこまでが芸能じゃないかって多分違うかなって思ってて。例えばですけど、大学で芸術学部に行っていたので、友達がどこにも上映されないような小っちゃい映画とかを作っていて。表現することが嫌いになったわけじゃ全然無いので、出演を頼まれて「あ、良いよー」ってもし出た場合、”芸能界引退”とかまでになってると、それですらダメみたいな。縛りがあるのがこの先の人生でイヤだなって思ってて。だから引退っていう感じではないかなって勝手に思ってるんですけど。

吉田:この世界がイヤになったってわけじゃないですもんね?

有安:疲れたって感じですね(笑)

吉田:それは20何年走り続けてきたらね。

有安:はい(笑)。1回距離を置きたいなって。でもそれで「じゃあ1回お休みします」って言うと、確実に復帰しなきゃいけないみたいになっちゃうんで、あくまで1回距離を置いてみて、またやってみたくなるのか、それとも本当に全然違う道に行きたくなるのかっていうのは、初めて普通の女の子になってみないと分からないなっていう風に本気で思ってるので。

吉田:多分今回、なんで辞めたんですかって、めちゃくちゃ聞かれてるじゃないですか。

有安:ありがたいことに、私も1月15日のお昼の12時に発表させて頂いてから、基本的にマスコミの方の取材は全部受けるっていう事務所の方針で、どうなるか分からないねってマネージャーさんとも話していたんですけど。でも思いのほか取材が来たみたいで、本当に1日中たくさん色んな所に行かせてもらいましたね。こんな風にニュースになって自分でもビックリです(笑)

本当の意味で普通の女の子として生活するため、あえて「卒業」という言葉を使ったと語る有安。長年アイドルとして第一線として活躍してきた彼女の今回の発表には、並々ならぬ強い意志があったようだ。

有安杏果の卒業公演「ももいろクローバーZ 2018 OPENING ~新しい青空へ~」は1月21日(日)に千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールで行われる。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ミュ~コミ+プラス」
放送日時:2018年1月18日(木)24時~24時53分
パーソナリティ:吉田尚記
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20180119000000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/mcplus/