人気アイドル、お正月の過ごしかたは超普通だった!?

2018年01月05日 11:20

 

3日(水)深夜放送の、ニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』(パーソナリティ:ニッポン放送アナウンサー吉田尚記)に、“魔法”をコンセプトとして活動する5人組アイドルグループ、マジカル・パンチラインの沖口優奈が出演し、お正月の過ごし方について語った。

アイドルといえば変わり者が多いイメージだが、過去、番組に出演した際に、アイドルなのに普通の女の子すぎて、逆にそれが珍しいと言われ続けた沖口。久々の登場となった今回、沖口にお正月をどう過ごしていたのかを聞いたところ、相変わらず、普通の女の子っぽさを遺憾無く発揮して吉田を驚かせていた。

吉田:沖口さんは、お正月をどう過ごしたんですか?

沖口:12月31日に大掃除をしたんですけど終わらなくて。

吉田:ほうほう。

沖口:なので、1日のお昼に起きてまた大掃除を始めました。そこからテレビでお笑いなどを見て……。

吉田:普通の正月(笑)

沖口:2日は『ニューイヤープレミアムパーティー2018』という、アイドルのイベントに出演させて頂きまして。

吉田:なるほどね。

沖口:3日はお昼から1人カラオケに行きまして、そこから『君の名は。』を観て、1回泣いてから、今日ラジオに来ました(笑)

吉田:『君の名は。』やっぱり泣くんだ(笑)

沖口:もう泣いちゃいましたね!もう観るの4回目ぐらいなんですけど……。

吉田:そんな観てんの!?

沖口:そうなんです!DVDを持っていて、劇場でも観たんですけど。「まあ4回目泣かんやろ!」と思いながら、でも泣いちゃいましたね!

吉田:ツッコミどころがいっぱいありますね(笑)。ちなみに1人カラオケでは、どんな曲を歌うんですか?

沖口:あの、back numberさんの曲とか。

吉田:普通の女の子!(笑)

沖口:あはははは(笑)

吉田:本当に素晴らしい!沖口さん!王道!

沖口:自分じゃ分からないんですけどね(笑)

昔からアイドルになることしか考えていなかったという沖口。見事その夢を叶えアイドルとして活動していること以外は、普通の10代女性の王道を行く、マジカル・パンチラインの沖口優奈にこれからも注目だ。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ミュ~コミ+プラス」
放送日時:1月3日(水)24時~24時53分
パーソナリティ:吉田尚記
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20180104000000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/mcplus/