ラジオ・チャリティ・ミュージックソン

目の不自由な方が安心して街を歩けるように『音の出る信号機』を設置する基金を募るチャリティ・キャンペーン「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」のニュースをお届けします。

音楽ユニット・オトのハコブネ、美しい音色でクリスマスを演出!

2017年12月24日 20:10

12月24日、さいたま新都心コクーンシティに設置された「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン特設ステージ」に、フルート奏者の横田美穂を中心としたユニット・オトのハコブネが登場し、イルミネーション輝く横で、クリスマスムードを演出した。

オトのハコブネは、ニッポン放送で放送中の番組『魔法のラジオ』に出演中のフルート奏者横田美穂を中心に結成されているユニットで、メンバーは、佐々木祐子(ピアノ)、櫻井慶喜(チェロ)、中村修司(ギター)、紺野多久郎(パーカッション)の5人。オリジナル曲はもちろん、クラシックやポップス、J-POP、映画音楽など、毎回テーマに合わせて自分たちならではのスペシャルアレンジで演奏している。

今回のステージでは、番組のテーマソング『オトのハコブネ』や、エルビスコステロの『スマイル』『ホワイトクリスマス』など、6曲を演奏。陽も落ちて気温が下がる中だったが、多くのカップルや小さな子供を始め、皆フルートの音色を聴き入っていた。

オトのハコブネからは、この度のチャリティオークション用に、メンバー全員のサインが入ったオトのハコブネオリジナルTシャツを、綺麗にラッピングして提供。この品は、『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』の特設サイトで今後チェックすることができる。

「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」は、目の不自由な方たちが、「安心して街を歩けるように」ということを目指し、『音の出る信号機』や、目の不自由な方の社会参加につながるアイテムを一つでも増やすための基金を募るキャンペーン活動。

昭和50年(1975年)からスタートした「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」は、毎年11月1日から翌年1月31日までの3ヶ月間に渡って展開されており、チャリティへの関心が高まるクリスマス・イブの12月24日正午から翌25日クリスマスの正午まで、24時間のチャリティ生放送を実施。43回目を迎えた今回は、メインパーソナリティをオードリーが担当している。

過去42回で寄せられた浄財は44億2,119万1,470円に上り、その全額が“とおりゃんせ基金”に寄付され、これを基金に3,094基の『音の出る信号機』を設置している。

オードリーをパーソナリティに迎えたチャリティ特別番組「ニッポン放送 第43回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」は、明日12月25日(月)正午まで24時間生放送でオンエアされている。

<特別番組概要>

タイトル:目の不自由な方へ音の出る信号機を「ニッポン放送 第43回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」
パーソナリティ:オードリー
アシスタント:東島衣里(ニッポン放送アナウンサー)
放送日時:2017年12月24日(日)12時~12月25日(月)12時
キャンペーン期間:2017年11月1日~2018年1月31日
特設HP:http://www.1242.com/radio/musicthon2017/