ラジオ・チャリティ・ミュージックソン

目の不自由な方が安心して街を歩けるように『音の出る信号機』を設置する基金を募るチャリティ・キャンペーン「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」のニュースをお届けします。

ニコラス・エドワーズ、クリスマスソング3曲連続披露で会場熱狂!

2017年12月24日 18:30

12月24日、さいたま新都心コクーンシティに設置された「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン特設ステージ」に、日本テレビ系『のどじまんTHEワールド!』で一躍脚光を浴びた男性歌手のニコラス・エドワーズが登場し、スペシャルステージで会場をクリスマス色に染め上げた。

クリスマスらしく赤いコートを羽織りステージに登場したニコラスは、集まったファンたちが公式グッズでもある赤いサンタ帽を被り雰囲気を盛り上げる中、『Baby Please Come』、『クリスマスイブ』、『Feliz Navidad』のクリスマスソング3曲を連続で披露。

さらにニコラスは、この『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』が募金活動を行っていることを受け、「僕もチャリティ活動は、日頃から行っています。子供の頃から、クリスマスのプレゼントは、そのお金をチャリティに回してもらっていました。自分で、寄付したいチャリティを選んでいました。今年は、チャリティミュージックソンに寄付をしたいと思います。」と話し、ステージ終了後、自ら募金箱に寄付をした。

ニコラスは、この度のチャリティオークション用に、PV撮影で使ったTシャツと、サイン入りのカレンダーを提供。この品は、『ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』の特設サイトにてチェックすることができる。

「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」は、目の不自由な方たちが、「安心して街を歩けるように」ということを目指し、『音の出る信号機』や、目の不自由な方の社会参加につながるアイテムを一つでも増やすための基金を募るキャンペーン活動。

昭和50年(1975年)からスタートした「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」は、毎年11月1日から翌年1月31日までの3ヶ月間に渡って展開されており、チャリティへの関心が高まるクリスマス・イブの12月24日正午から翌25日クリスマスの正午まで、24時間のチャリティ生放送を実施。43回目を迎えた今回は、メインパーソナリティをオードリーが担当している。

過去42回で寄せられた浄財は44億2,119万1,470円に上り、その全額が“とおりゃんせ基金”に寄付され、これを基金に3,094基の『音の出る信号機』を設置している。

オードリーをパーソナリティに迎えたチャリティ特別番組「ニッポン放送 第43回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」は、明日12月25日(月)正午まで24時間生放送でオンエアされている。

<特別番組概要>

タイトル:目の不自由な方へ音の出る信号機を「ニッポン放送 第43回 ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」
パーソナリティ:オードリー
アシスタント:東島衣里(ニッポン放送アナウンサー)
放送日時:2017年12月24日(日)12時~12月25日(月)12時
キャンペーン期間:2017年11月1日~2018年1月31日
特設HP:http://www.1242.com/radio/musicthon2017/