ココリコ感動!オリジナル曲を作詞作曲した番組リスナーと16年ぶりの再会

2017年12月20日 17:30

19日(火)夜、『ココリコのオールナイトニッポンPremium』で、2001年にココリコがオールナイトニッポンを担当していた際に番組から発売されたCD『悲しみの夜明け』の作詞作曲者である“けんとくん”がゲストに登場し、当時の思い出を語り合った。

“けんとくん”は2001年当時、18歳の高校三年生。毎週、楽しみに聞いていたラジオがココリコのオールナイトニッポンだったという。番組内で「NHK紅白歌合戦」への出場を目指していたココリコの二人が「紅白に出る為には曲が必要だ!」ということでリスナーからオリジナル楽曲を募集したのだが、そこで採用されたのが“けんとくん”の楽曲だった。それをきっかけにバンドを組み、音楽での成功を目指すも挫折。現在はバスの運転手として働いているという。

そんな“けんとくん”は、毎回様々な分野で活躍する達人をスタジオに招いて話を聞くコーナーに、 “リスナーの達人”として登場した。

遠藤:今、目の前に、けんとくんが作ってくれた『悲しみの夜明け』、16年前のCDがここにあるでしょ?

田中:これね、はいはいはい

遠藤:実際、CDって持ってます?

けんとくん:持ってます。まだ5枚ぐらいありますね

遠藤:嬉しいね

田中:ははははは(笑)5枚ぐらい持って?本当に

遠藤:CDになった時って、どうやって渡されたの?

けんとくん:5枚ぐらい送られてきたんですよ。で、プラス10枚ぐらい買ったんですね

遠藤:嬉しいね~、嬉しいじゃない

けんとくん:TSUTAYAとか無い、小さな田舎町なんで。書店みたいな所に注文して

田中:出身どこだっけ?

けんとくん:九州の大分県、佐伯市ってところです

田中:大分!大分からね~、当時送ってくれてたんや。大分のそのレコード屋さんとか行って、当時買ってくれてたんや

けんとくん:はい

遠藤:しかもさ、高校生やし、そんなお小遣いもそんな無いよ

田中:無いよ、お金無いよ

遠藤:今日、田中さんからお小遣いもらえるよ

けんとくん:ありがとうございます

田中:いくら欲しい?

遠藤:20?20って言ってるよ

田中:はははは(笑)多いな!しかもさ、何枚売れたっけ、これ?

遠藤:え~…400万枚ぐらい売れた?

田中:売れてないわ!どれぐらい売れたんやったっけ?

遠藤:でも1万枚はいったでしょ?いってない?その当時、いってないかな~…。そんなズバーンとはいってないですよ。いってたら紅白出てるからね

田中:そうそうそう、これ売れてたらまた変わってたよな。3人の人生が

けんとくん:でも、それがきっかけで、人生少し変わったんですね

田中:これがきっかけで変わった?

けんとくん:そうです

田中:それもう、良い意味で?

けんとくん:良い意味も、悪い意味もあるんですけど

田中:ははははは(笑)

当時のオリコンチャートで86位にランクインした『悲しみの夜明け』。遠藤が「ええ~!?マジですか!?」と驚くほどの印税を手にした“けんとくん”は、その印税でギターを購入したのをきっかけに音楽の道を志すようになったと語った。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ココリコのオールナイトニッポンPremium」
放送日:12月19日(火)19時~20時50分
パーソナリティ:ココリコ
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20171219190000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/premium-cocorico/