品川ヒロシ、“お尻”を露出して視聴率を稼いだ過去を語る!?

2017年12月19日 16:00

14日(木)深夜3時からの「SUPER BEAVER 渋谷龍太のオールナイトニッポン0(ZERO)」に、お笑いコンビ・品川庄司の品川ヒロシ、アイドルグループ・私立恵比寿中学の安本彩花、SUPER BEAVERのギタリスト・柳沢亮太の3人が出演。パーソナリティの渋谷と、この日が初対面だった品川が、過去に出演していたTV番組「品庄内閣(しなしょうないかく)」の舞台裏を明かした。

品川庄司がレギュラーを務めた「品庄内閣」は、2001年からTBS系で放送されていた、深夜バラエティ番組。当時、バラエティ番組への倫理観が求められた社会背景もあり、半年ほどで最終回を迎えたが、渋谷は学生の頃によく楽しんで見ていたことを伝えた。

渋谷:僕は、「品庄内閣」をよく見ていたんですよ

品川:あの頃は28歳くらいで、17年くらい前かな?最初の頃は毎週お尻を出して、TBSからすごくお叱りを受けまして

安本:ええー!(笑)

渋谷:毎週お尻を出して、お叱りを受ける?(笑)

品川:ただ、お尻を出すと視聴率が上がって『まさに尻上がりだね』とか言って

安本:うまい

品川:お尻を出すと、本当に数字が上がっていたのよ

渋谷:男性のお尻でも視聴率が上がるんですか?

品川:やっぱ目を留めちゃうんだろうね。当時はそういうのも過渡期で、ダメになりつつある時期だったからけっこう注意されて。5回目くらいまではずっと出していたんだけど。毎週、庄司(相方の庄司智春)が俺のお尻を見ているから、『お尻だけで、どれが品川か分かる』とか言って、段ボールから4つお尻を出して『どれでしょう?』ってクイズを出して。で、庄司が『2番だ!』って言ってそのお尻のほっぺたにキスをして。でも、もちろん俺はその4人の中にはいなくてね

安本:可哀想!笑

品川:そういうぶっ飛んだ番組があった頃ですね

TVでお尻を出すことが許されていたという品川の過去話に、驚くばかりの渋谷たち。この後、ゲストの品川ヒロシ、安本彩花、柳沢亮太による“アドリブラジオドラマ”を展開。ドラマの台本は、先日リリースしたSUPER BEAVERの『LIVE DVD 2 Tokai No Rakuda Special at 大阪城音楽堂』に特典された、渋谷龍太原作の小説を元にしているというアナウンスではあったが、「事前に台本を読ませていただきましたが、原作ではなく、これは原案です。だいぶ変わってます」と原作者である渋谷が注意事項を述べる。すると、すかさず品川から「これを俺の作品と思わないでくれ、ということ?(笑)」と質問されたが、渋谷も「よしてください(笑)」と大きく否定をしないままラジオドラマが披露された。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「SUPER BEAVER 渋谷龍太のオールナイトニッポン0(ZERO)」
放送日時:12月14日(木)27時~28時30分
パーソナリティ:SUPER BEAVER・渋谷龍太
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20171215030000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/shibuya/