オールナイトニッポン in 校内放送

学生の皆さんに日頃の感謝の気持ちを込めて・・・アナタの学校の“校内放送”にオールナイトニッポンがちょっとだけお邪魔しちゃいます!!!

応募した先生への結婚祝福も!オードリーの校内放送に寄せられた「感謝と喜びの声」

2017年12月12日 13:30

放送開始50周年を記念して、オールナイトニッポンの現役パーソナリティが毎月10校限定で、その学校だけで放送する“校内放送”専用のオールナイトニッポンをプレゼントする特別企画「オールナイトニッポン in 校内放送」。トップバッターとしてこの特別企画を担当したオードリーの校内放送を受けて、各校から感謝と喜びの声が寄せられている。

第1回となる10月は土曜日ANNのオードリー、11月は金曜ANNの三代目JSoulBrothers 山下健二郎、12月は、金曜ANN0の三四郎がパーソナリティを担当。そして、来年1月は、火曜ANN0のWANIMAが担当することも決定している。

トップバッターとなる10月を担当したのは、オードリー。10校全ての番組が、その学校の生徒だからこそわかるような小ネタをふんだんに盛り込んだ内容となった。この特別番組を受け取った各校からは喜びの声が続々寄せられている。

埼玉県立川越高等学校は、『男子校という事もあってか、特に下ネタのとこが周りの友達にもウケていました』、『普段ラジオを聞かない友達が、初めて真剣にラジオに耳を傾け、ラジオが面白い事を知り、雰囲気を掴んできたところでCDが終わってしまうように感じました。なので、「あ!もう終わり!?」という声も教室から聞こえてきました。』と、放送室の写真と共に感想を寄せた。

栃木県立茂木高等学校は、『音量を上げて、スピーカーの前に行って聴く生徒がいました!』、『本人が来ているのだと思って、放送室に走っていく生徒もいました!』、『オードリーが「茂木高校」と言った時には、教室がザワつきました!』、『テンションが上がってキャーキャー騒いでいたので、話してる内容がよく聴こえない時がありました(笑)』と、興奮の様子を、放送室の写真と共に寄せている。

さらに、この企画はアツい先生から「生徒にオールナイトニッポンを聞いてほしい!」という応募もあった。千葉日本大学第一中学校・千葉日本大学第一高等学校の生徒からは、『この放送をきっかけに僕も今度からラジオを聞いてみようと思いました。』、『ラジオだと言葉だけで面白い事をたくさん話してくれるので、より魅力を感じられた気がします!』、『すごく面白かったです!先生の事もイジってくれて最高でした!』と感想が寄せられた。

それを受けて、先生からは『自分では応募する勇気がなかったですが、まさか先生が応募してるとはビックリでした!本校にオードリーのお二人が来ているのだと生徒が勘違いし、教員が止めに入るというハプニングが起きました!また、先生方の間でも「懐かしいなぁ」など、世代を超えてオールナイトニッポンの話で盛り上がる事が出来ました。本当にありがとうございました。』と感謝の言葉が寄せられている。

また、“応募してくれた先生が結婚する”という内容を放送した千葉県立安房高等学校からは、『放送後は先生方や生徒たちに「おめでとう」とたくさん声をかけてもらったり、「面白かったです!」と感想を伝えてもらえました。少し恥ずかしかったですが、応募してよかったなぁと思えました!』と感謝の言葉が寄せられている。

生徒も先生も一緒になって楽しめる特別企画「オールナイトニッポン in 校内放送」は、2018年9月までの1年間、毎月実施されていく。

「オールナイトニッポン in 校内放送」

<担当パーソナリティ>
2017年10月:オードリー
2017年11月:三代目JSoulBrothers 山下健二郎
2017年12月:三四郎
2018年1月:WANIMA

<特設HP>
http://www.allnightnippon.com/news/news_cat/gakkou/