オールナイトニッポンi

Webラジオ&Web動画配信サービス「オールナイトニッポンi」のニュース記事です。

若手俳優の100点満点の食レポに、座長2人も脱帽!?

2017年12月08日 17:30

8日(金)、俳優の安西慎太郎と辻󠄀本祐樹がパーソナリティを務めるラジオ番組『安西慎太郎と辻󠄀本祐樹のオールナイトニッポンi「ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭」スペシャル』の第2夜が配信され、この度行われる年末の公演について熱く語った。

この番組は、12月28日(木)から31日(日)まで明治座で行われる舞台『ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭』でW主演を務める、片倉重長役の安西と伊達政宗役の辻󠄀本が、その魅力を伝えるべく行った特別番組だ。

冒頭、前日7日に配信された第1夜を振り返りつつ、スタジオに貼ってあった舞台のポスターについて触れた2人。出演者一同が体操服を着てハート型の模様に配置され、さながら運動会を彷彿とさせるデザインとなっているが、この舞台は時代劇でありポスターから想像するものとは一切関係ないのだそうで、関係者に配るたびに「何の舞台なの?」と、みんな首を傾げるのだという。キャストは全部で27人と、通常の公演と比べてかなり多く、ほぼ全員男だからさらに多く感じるとのことだが、同性だからこそ生まれる一体感が舞台としてはいいのだそうで、「そのチーム感がいい。多くてもあんまり関係ないよね。」と辻󠄀本は語った。

今回は2人がW座長を務めるが、安西曰く、自身は「人を引っ張っていくタイプではない。」という。プライベートでも友達は少なく、誰かをご飯に誘うといったことも全くないといい、「リーダー気質では全くない」と語る。改めて、どういう気持ちで座長をやっているのか辻󠄀本から聞かれた安西は、「お芝居やセリフでも皆さんを引っ張っていけるような説得力はまだないんですけど、その分やっぱり誰よりも自分の役に真摯に向き合うってことが今はいいかなと。それで何か皆さんに伝えられればいいなと思います。」と、自分なりの方法で座長を努めようとしていることを明かした。

辻󠄀本も、やはり頑張ることが一番大事だと話し、自分が一生懸命やっていくことで周りを引っ張っていければと意気込みを語った。

続いて、舞台に関する中身について紹介を始めた2人。第1夜では、各役柄やストーリーについて話したが、今回は第2部のショー『プロデュース1615』で登場するユニットたちについて話し、「シンガポールから来日中のアイドルユニットで、本当の姿はマーライオンでありスパイ」という本人たちも首を傾げる謎設定の『マーライオンZ』や、「SO(真田オフィス)所属のアイドルユニット。 センターはダディとアニ!RAPとハードなダンスユニット」という設定の『真弾青少年団』など、各ユニットに触れつつ期待を煽った。

また、劇場である明治座の3階売店で売られているオススメ商品がスタジオに登場。武蔵野花凛のかりんとうは、チョコレート、抹茶チョコ、キャラメル、ピリ辛ごぼうの4種類があり、それぞれの味を試食しつつ感想を語った。三原堂の塩せんべいは、2億3千万年前の地層から掘り出された岩塩を使っており、「おばあちゃんちに置いてあるお菓子全部好き!」という辻󠄀本はハイテンションで飛びついた。

さらには、老舗大佐和のお茶漬けも試食。お茶漬けそのものをあまり食べたことがないという安西だったが、「単刀直入に、美味しいです」と絶賛した。このお茶漬けは海苔が多く、パスタに混ぜて和風パスタにもできるほか、スープとしても食べられるといい、満足した辻󠄀本が「これを買いに来るだけでもいいので、皆さん明治座に来てください(笑)!」と思わず語ると、すかさず安西が「いやいや、劇も見てくださいね!」とフォローを入れた。

番組後半には、真田信之役の内藤大希も登場し、本人の内面を暴く『10の質問』のコーナーを展開。さらに、安西プロデュースの『何を食べるかじゃない、誰と食べるかだよ御膳』も試食した。

この『何を食べるかじゃない、誰と食べるかだよ御膳』は、牛はフィレステーキ、豚はミルフィーユカツや生ハムとロールキャベツに、豚西京焼き巻きご飯、鶏は棒々鶏と鶏だんご汁、そして鴨ロースと全ての献立に牛豚鶏鴨の4種の肉を使用して作った、肉尽くしのメニュー。ほかにも、第1夜で紹介された、辻󠄀本プロデュースの『伊達尽くし/隻眼弁当』もあるが、この2品を食べた内藤の、思いもよらぬ食レポが光った。

内藤:先程、『伊達尽くし/隻眼弁当』食べさせてもらったんですけど、これめちゃめちゃ美味しいです。

辻󠄀本:やったぜ!

内藤:これ、彩りもいいんですけど、辻󠄀本座長の心配りが出てるんですよ。これは男子も女子も好きですね。

辻󠄀本:出てる?出ちゃった?

内藤:弁当には人柄が出るって言うじゃないですか。例えばビュッフェに行ったときに、すごく丁寧によそってくれるんだなっていうのが分かる。彩りの良さと、尚且ついろんなものをちょっとずつ食べられるという、女子の心も掴んでいる。

安西:ということで、流れがちょっと悪くなってきたところで、『10の質問』のコーナーいきましょう。

辻󠄀本:いやいや、悪くないだろうが(笑)

(~コーナーを終えて)

安西:さっき辻󠄀本さんのお弁当の話してましたけど。僕もありますから!御膳が!ぜひ大希くんに食べてもらいたいなと。

内藤:お、嬉しい!

安西:「何を食べるかじゃない、誰と食べるかだよ」と言ってるけど、「1人で食べるわ」と皆さん思うじゃないですか。そういうことじゃないんです。この食材に、この弁当のプロデュースチームの全ての気持ちが入ってますんで。

辻󠄀本:プロデュースチームの…なんか重いな!(笑)すごい強い思いがあるね。

安西:ということで大希くん、食べてください。

内藤:じゃあ牛フィレステーキ、いただきます。(食べて)とっても美味しい。これ、ソースが、わりと胡椒が効いてる感じなんですね。醤油ベースの。

安西:これどうですか?女性のお客様とか…。

内藤:そうですね、女性も嬉しいと思います、この量なら。量が多いとちょっと重たいなって思うかもしれないですけど、このくらいの量でちょっとずつなら嬉しいと思います。

安西:ほかに気になるのとか。

辻󠄀本:肉も4種類でしょ?鳥、牛、豚、鴨と。

内藤:じゃあこのバンバンジー。(食べて)うん、さっぱり、ゴマですからね。

安西:さっき辻󠄀本さんの弁当で、見て食べて感じたことを話していて。

辻󠄀本:すごく褒めていただきましたけど、私の弁当。

安西:私のこの御膳はどのように褒めてくれるのかなと。

内藤:でもこれはまさしく、男子が考えた男子ご飯だなって思う。それを上手く明治座さんが、女性にも食べていただけるように改良したなって感じですね。

辻󠄀本:すごいのは明治座だということです!

内藤:ただ、男性のお客様は大変満足できると思います。どれを食べても肉だし。やっぱりこのぐらいの金額払ったら、食べた感がほしいじゃないですか。この重量感はすごいと思います。

安西:…ということで、明治座さんのおかげということで、ありがとうございます。

辻󠄀本・内藤:あはは(笑)

辻󠄀本プロデュースの弁当を褒めるところから始まり、安西プロデュースの御膳については結果褒めないという、見事な展開で食レポをこなした内藤。番組としては上手くオチに繋がったが、褒められなかった安西は少々残念そうな様子だった。この『何を食べるかじゃない、誰と食べるかだよ御膳』はWEB予約のみの販売となり、1公演につき限定100本、価格は2200円となっている。

Webラジオ『安西慎太郎と辻󠄀本祐樹のオールナイトニッポンi「ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭」スペシャル』第2夜は、期間限定で無料で聴くことが出来る。

特別番組概要

<番組名>
安西慎太郎と辻󠄀本祐樹のオールナイトニッポンi
「ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭」スペシャル

<パーソナリティ>
安西慎太郎、辻󠄀本祐樹

<ゲスト>
永田崇人(第1夜)、内藤大希(第2夜)

<配信スタート日時>
第1夜 12月7日(木)17時、第2夜 12月8日(金)17時

<番組URL>
https://i.allnightnippon.com/pg/pg_anni_meijiza

■第1夜URL
https://i.allnightnippon.com/p/e_anni_meijiza_001

■第2夜URL
https://i.allnightnippon.com/p/e_anni_meijiza_002

<LINK>
■舞台『ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭』公式HP
http://rutoshi.com/
■『オールナイトニッポンi』公式HP
https://i.allnightnippon.com/