廃車寸前の車で移動!?人気バンドが明かす過去の苦労話

2017年10月10日 16:30

 

5日(木)深夜放送のラジオ番組『SUPER BEAVER 渋谷龍太のオールナイトニッポン0(ZERO)』で、全国ツアーなどでの移動手段として、廃車予定の乗用車を利用していた時期もあったことを明かした。

SUPER BEAVERの新曲『虹』は、この秋からスタートするTVドラマ『セトウツミ』(テレビ東京ほか)のオープニングテーマに決定。また、全国ツアー「SUPER BEAVER 『真ん中のこと』Release Tour 2017 ~ラクダの、中心~」の真っ最中でもあり、10月6日(金)は群馬県・高崎club FLEEZ、7日(土)は長野県・長野CLUB JUNK BOX、9日(月)は石川県・金沢EIGHT HALLと充実したスケジュールだ。そして12日(木)夜は、東京・恵比寿LIQUIDROOMでバンド“女王蜂”のライブに出演し、渋谷はライブ後、深夜3時スタートのラジオを控えている。

音楽活動だけでなく、深夜から早朝にかけたラジオ番組を持っていることもあり、今ツアーからは新幹線を使った移動も取り入れたというが、それまでは、メンバー全員で同じ車に乗って全国を巡っていたという。

「東京・有楽町でこのラジオを朝5時までやって、関西方面に行くのに朝9時集合となると、さすがに無理だな、と思って。寝ないと声が出なくなるので、今回のツアーからは新幹線を使い、甘えさせてもらっています。

前回までは事務所の“ハイエース”という大きな車にメンバー4人で乗って移動をしていました。他にも、元々は“畳屋さん”が使っていた日産の“バネット”という車を皆で購入して、毎月ローンを支払って、その車で全国を回っていました。機材をたくさん詰め込んで、皆で運転をして。アクセルを踏むと、スピードは変わらないのに音は大きくなるという不思議な車でした(笑)

懐かしいな~。このあいだ、ちょうどメンバーともこの話をしていて……。スタッフのお父さんの廃車にする予定の乗用車で移動していた時期もあったんです。真夏のある日、クーラーが壊れて、事故渋滞で車の中に9時間以上閉じ込められたことも。あれが一番しんどかった。だから、バンドマンって皆そうやってぐるぐる回っているんですよ。」

ハイエースのようなワンボックスカーでの移動はもちろん、普通の乗用車で、しかも廃車予定の車も使っていたという渋谷。中古車で勝手も悪く、苦い思い出もあるが「新幹線、ちょー速いよ(笑)速さにはビックリ!」と、いまの状況を一層ありがたく感じているようだった。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「SUPER BEAVER 渋谷龍太のオールナイトニッポン0(ZERO)」
放送日時:10月5日(木)27時~28時30分
パーソナリティ:SUPER BEAVER・渋谷龍太
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20171006030000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/shibuya/