菅田将暉、阿部サダヲと噛み合わない!?

2017年10月02日 14:00

25日(月)深夜放送のラジオ番組「菅田将暉のオールナイトニッポン」で、パーソナリティで俳優の菅田将暉が、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で共演する阿部サダヲとの撮影合間でのやり取りを明かした。

この日は「昨日、大河ドラマデビューをしました菅田将暉です!」という自己紹介で番組がスタート。菅田はラジオの放送前日24日(日)、NHKで放送された大河ドラマ『おんな城主 直虎』第38回「井伊を共に去りぬ」で、ワンシーンではあるが、“徳川四天王”の1人に数えられる井伊直政(虎松)役で初登場を迎えた。ドラマの新しいポスターでは、主演で井伊直虎役の柴咲コウとツーショットで、菅田が演じる井伊直政の姿があり、最終章に向かう物語で重要人物とされている。

井伊直政の幼少期は子役の“寺田心”が演じており、「虎松(後の井伊直政)を寺田心さんから襲名させていただきました。大事な役ですし、これから後半大活躍する役です。寺田さんのお顔に泥を塗らないように頑張っていきたい。よろしくお願いします」と、バトンタッチを受けて自身が演じていくことを紹介した。

菅田にとって初出演の大河ということもあるのか、ラジオの中では度々、共演者との交流や、撮影に向けたトレーニングについて語ってきたが、この日は同ドラマで徳川家康を演じる「阿部サダヲ」との撮影での出来事を明かした。

「大河の現場には動物がいっぱいいて、徳川家康が飼っている鳥も出てくるんです。その鳥はもの凄く珍しい鳥で、撮影で使えるのは国内で二匹しかいないらしく。国内で二匹ですよ?お値段を聞いたら高くて、エー?と思いつつ。そんなに珍しい鳥だということを聞いたら、動きも他の鳥と違って見えて、急に特別感を感じて。

徳川家康役の阿部サダヲさんに『この鳥、撮影で使えるのは国内で二羽しかいないらしですよ』って話したら、阿部さんが『逃がしたらどうなるんだろう……』って言ってて。『このひとは何を言っているんやろう……?』と思い。国内で二匹しかいない、という話の後に、どこを見ているのか分からない目線で空を眺めながら『逃がす』と言うから『変なひとやな』と心の中で思った(笑)

本番では、阿部さんが鳥に餌をあげながら話すシーンがあるんですけれど、ぜんぜん餌を食べてくれないんですよ。なんなら、今まで静かに大人しくしていた鳥がバタバタと籠の中を逃げ回ろうとする。それはそうですよね、阿部さんは逃がそうと思っていたわけですから。」

さらに撮影の合間には、阿部に懐かない鳥について「ぜんぜん餌を食べないですね」と菅田が話しかけても「そうね」と会話が流されてしまい、「『やっぱり変なひとやな(笑)』と改めて思った」と冗談交じりに話した。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「菅田将暉のオールナイトニッポン」
放送日:9月25日(月)25時~27時
パーソナリティ:菅田将暉
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20170926010000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/suda/
『おんな城主 直虎』公式HP:http://www.nhk.or.jp/naotora/