三四郎・小宮、引退のタイミングを相方にアドバイス!?

2017年09月26日 07:00

22日(金)深夜放送のラジオ番組『三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)』で、お笑いコンビでパーソナリティの三四郎が、安室奈美恵の引退ニュースの話題をきっかけに、芸人が引退するタイミングについて語った。

番組が始まるや否や、「2018年9月16日で引退する」と公式サイトで発表した安室奈美恵の話題に。発表直後からテレビの速報テロップが出て、ファンからはもちろん、芸能界からも惜しむ声が連日寄せられているこの話題。

三四郎の小宮と相田にとっても、小学生や中学生の頃に“アムラー”と呼ばれる安室奈美恵の模倣が大流行した時代を目にしてきたこともあり、衝撃を受ける報道だったという。

小宮:意志をもって引退するというのはカッコ良いよね

相田:まだ現役でバリバリいけるのに引退発表ってカッコ良い

小宮:知名度がないと、引退宣言をしてもカッコ良い感じにはならないからね

相田:確かに、そりゃそうだ

小宮:勝手にどうぞ、ってなる

相田:てか、芸人って辞めないよね

小宮:なかなか辞めない

相田:芸人はしぶといから

小宮:売れていなくても辞めないよね。バイトしながら、しぶとく続けるよね

相田:いま自分がいる場所が“地獄”だということに気付いていないからな

小宮:芸人はそんな状況も面白く感じているからね。カンニングの竹山さんは30歳くらいの時、『俺の人生はダメだ。引退してやる。あとは思い出作りだけだ』ってかんじで、ヤケクソにやっていたわけだから。今では、47歳で全然売れていなくても『まだまだ可能性はある』って思っているひともいる

相田:確かにな。いや、難しいよ、芸人は

小宮:引退のタイミングは難しい

相田:引退するなら格好よくしたいよね

小宮:ピークの時に辞めたら格好よくなるんじゃない?

相田:なるほどね

小宮:だから、相田も今がピークだから辞めておいたら?(笑)

相田:え!?オレ、今がピークなの?

コンビの相方から、冗談ながらも引退を勧められた相田は「もうちょっと頑張りたい!」「可能性を信じたい!」と、まだまだ引退しないことを宣言した。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」
放送日:9月22日(金)27時~29時
パーソナリティ:三四郎(小宮浩信、相田周二)
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20170923030000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/sanshiro/