Toshl、YOSHIKI&hideのオールナイトニッポン乱入事件を語る

2017年09月13日 18:30

13日(木)、ニッポン放送イマジンスタジオにて、『オールナイトニッポンPremium』の新パーソナリティ発表イベントが行われ、1月から始まる『オールナイトニッポンPremium』セカンドシーズンのパーソナリティ4名が発表された。

『オールナイトニッポンPremium』はこの10月から始まる新番組で、10~12月のファーストシーズンのラインナップは、月曜日が綾小路翔(氣志團)、火曜日がココリコ、水曜日が藤井フミヤ、木曜日がデーモン閣下、金曜日が藤井隆ということで、既に決定している。

この度発表されたのは、1月から始まるセカンドシーズンのラインナップ。月曜日はToshl(X JAPAN)、火曜日が鴻上尚史、水曜日はmiwa、木曜日はバカリズム。かつて多くのリスナーを虜にしたこの4人が、来年再びオールナイトニッポンに帰ってくる。この発表を受けてステージには、Toshl、鴻上尚史、miwaの3人が順に登場した。

25年ぶりにオールナイトニッポンを担当するというToshlは、「ロックシンガーになることよりも、ラジオパーソナリティになることが、その先の夢でした。」と語るほど、子供時代からラジオが大好きだったそうで、「今回25年ぶりにまた担当できるということで、ワクワクした幸せな気持ちでいっぱいでございます。」と喜びあふれる気持ちを表現した。

子供の頃聴いていたラジオについて聞かれると、中島みゆき、タモリ、ビートたけしらの名前を挙げ、影響を受けたことを明かした。普段テレビなどでよく知る姿と、ラジオで語る素のトークとのギャップにやられることが多かったそうで、それがラジオの魅力だと話した。そうした影響もあり、自身がラジオをやるときも、X JAPANとしてのToshlとしての振る舞いとラジオパーソナリティとしての振る舞いと、そこに敢えてギャップを付けていたのだそうだ。

そんなToshlだが、実はかつてオールナイトニッポンの中で巻き起こした“炎上事件”があり、ニッポン放送内でずっと語り継がれているという。炎上というと、現在ではネット上などでバッシングされたりすることを差すが、Toshlの場合の“炎上事件”は、実際に燃えたのだそうだ。

当時Xのステージでは、火を吹くというパフォーマンスをよくやっていたが、スタジオにYOSHIKIとhideが乱入してきた際、酩酊状態だった2人が、生放送中にそれを行ったのだそう。ラジオであるため当然音だけしか伝わらず、ボッ!という火が大きく膨れ上がる音だけが流れたとのことで、当時を振り返ってToshlは、「酩酊状態でしたからね。本当は来てほしくなかったです(笑)」と冗談交じりにコメント。新しい番組にYOSHIKIを呼びたいかについて聞かれると、「今度はお酒を飲まずに来てほしいですね。最近は仲がいいので(笑)」と発言し、期待を煽った。

鴻上は、1980年代にオールナイトニッポンを担当。当時のディレクターに「話の面白い演出家がいるって聞いたんだけど、面白いこと喋って」と言われて、いろいろな話をしたのだそう。当時鴻上は知名度はなかったそうだが、3時から放送していたオールナイトニッポン2部では、無名でも面白い人を抜擢するという制度があったため、そこに鴻上が選ばれたのだそうだ。この度オールナイトニッポンに戻ってくることになったことについて鴻上は、「30年という時を経て、またオールナイトニッポンという中で喋らせてもらえるのは、とてもありがたいことだと思ってます。」と、その喜びを語った。

水曜日を担当するmiwaは、2010年に『オールナイトニッポンR』を担当。それまでライブのMCが苦手で、あまり喋りたくないと思うことが多かったが、パーソナリティになってから喋るのが楽しくなったと、ラジオから受けた影響について振り返った。当時は大学生だったため、3時まで生放送して大学に行ってたそうで、それなりにハードだったが、友達が聴いててくれて嬉しかったこともあり、毎週楽しい時間を過ごしていたのだそう。

「こういう番組をやってみたいとかはありますか?」とMCから質問が飛ぶと、Toshlは「当時やっていた電リクとか、昭和の匂いを感じる番組がいい。」とコメント。逆に鴻上は、「SNSなどを使ってやりたい。」と今の時代に合わせた番組をやりたいと話した。miwaは、かつて番組きっかけでオードリーとコラボしたことを挙げ、「せっかく同じ時期に番組をやるなら、Toshlさんとコラボしたいです。」とアプローチしToshlも笑顔で答えた。

また、「リスナーとの交流はありましたか?」との質問には、3人それぞれがリスナーと過ごした濃厚な日々を回想。Toshlは昔リスナーとXの楽曲『Say Anything』を電話ごしにデュエットし、その後そのリスナーがhideに見初められてバンドデビュー。今では共に音楽活動をしているという、運命的なエピソードを告白した。

鴻上は、東大を受験する受験生を募集し、みんなで合格発表に詰めかけたという話を披露。鴻上とリスナーたちとで合格を心から喜んだのをきっかけに交流が始まり、33年経った今でも繋がりがあると明かした。miwaも、リスナーとバンドを組んでイベントをやったことがあるそうで、3人それぞれが、オールナイトニッポンを通じて奇跡的な出会いを果たしていたようだ。

『オールナイトニッポンPremium』セカンドシーズンは、2018年1月スタート。ラジオを心から愛する彼らが送る、新たな夢の時間に期待が高まる。

文:allnightnippon.com 編集部 高野光一

2017年9月13日記者会見動画