東京ディズニーリゾート特集

東京ディズニーランドや東京ディズニーシーなど、ゲストを魅了し続ける「東京ディズニーリゾート」の魅力にallnightnippon.com編集部が迫ります。

東京ディズニーシーのハロウィーンイベント『ザ・ヴィランズ・ワールド』開催!初登場のアクアボート演出に大歓声!

2017年09月07日 16:20

明日9月8日(金)から東京ディズニーシーで、ディズニーの悪役たち“ヴィランズ”を主役とするショー『ザ・ヴィランズ・ワールド』が公演されるのに先立ち、本日関係者向けにお披露目されました。

東京ディズニーシーでは“クールで妖しいハロウィーン”をテーマにした、妖しげな異空間になったパークで、ヴィランズ流のハロウィーンパーティーが開催。メディテレーニアンハーバーにはヴィランズを乗せた船が続々と現れ、それぞれの魅力や魔法をアピールするパフォーマンスを披露します。

今回は、雨天のため、雨バージョンでのプログラムが公演されました。ハーバーのBGMが突然変わり、重低音が効いた怪しげな音楽が流れると、ダークな魅力たっぷりのハロウィーンがスタート。一部のキャラクターは雨がっぱを着てのパフォーマンスとなりましたが、昼間の時間帯でも薄暗く、悪役たちの雰囲気を引き立てました。

『白雪姫』からは、魔女に変身し、毒りんごで白雪姫を狙おうとした美しい女王「ウィックド・クイーン」が、“王妃”コスチュームをまとったミニーと一緒に“美しさ”をアピール。

そして、『ピーター・パン』からは、ピーターパンの宿敵で、悪名高き海賊船の船長キャプテン・フック(フック船長)が、ミッキーととも現れ、船上からパーティーを盛り上げました。

さらに、『眠れる森の美女』の魔女・マレフィセントや、『アラジン』で 魔法の杖を操るジャファー、『リトル・マーメイド』の海の魔女・アースラも喜びあふれる雄たけびを上げながら船に乗って登場。各船の雰囲気に合わせて、“ギリシャ風”のコスチュームのドナルド、チップ、デール、“魔術師”の格好をしたグーフィーなど、それぞれ違ったテーマで仮装しています。

フィナーレでは、魔女・マレフィセントの魔力が解き放たれてパーティーは最高潮に。東京ディズニーリゾートで初めて登場する“アクアボード”による(水圧を使って水上を飛び回る)演出では、水上からイバラが勢いよく立ち上がり、トゲが生える不気味な雰囲気のイバラがまるで生きているように、グネグネと動き回ります。アクアボードの、アクロバティックな動きを初めて目の当たりにしたゲストたちは「すごい!」と、驚きの歓声をあげていました。

今回は雨バージョンでの公演となり、全キャラクターが船上のみでの出演となりましたが、晴れた日のショーでは、ディズニーキャラクターが陸上に降りてきてパフォーマンスをしてくれます。

ディズニー映画に登場する悪役たち“ディズニーヴィランズ”による、ダークな魔法が存分に放たれるエンターテイメント『ザ・ヴィランズ・ワールド』は、2017年9月8日(金)から10月31日(火)までの54日間の開催。

期間中は、ヴィランズをイメージした「カチューシャ」や「Tシャツ」などのグッズも販売されるほか、ハロウィーンイベントを開催して20周年を迎える今年は、イベント実施期間は“毎日”、ディズニーキャラクターの仮装をしての入園が可能となっています。

好きなディズニーキャラクターの姿になりきって、ハロウィーンパーティーに参加してみてはいかがでしょうか?

■東京ディズニーシー『ザ・ヴィランズ・ワールド』
公演回数:1日3回
公演時間:約25分
公演場所:メディテレーニアンハーバー

<東京ディズニーシー 公式HP>
http://www.tokyodisneyresort.jp/tds/

文:allnightnippon.com 編集部 望月知世
写真:allnightnippon.com 編集長 長浜純