AKB48が“ガチすぎるプロレス”を振り返る。宮脇咲良「盛り上がるか不安だった」

2017年09月01日 12:00

30日(水)深夜放送のラジオ番組『AKB48のオールナイトニッポン』に、宮脇咲良(AKB48/HKT48)、湯本亜美(AKB48)、込山榛香(AKB48)、谷口めぐ(AKB48)、川本紗矢(AKB48)、須田亜香里(SKE48)、高柳明音(SKE48)の7名が出演。番組の前日29日に、AKB48グループのメンバーが女子プロレスラーさながらに激闘した「豆腐プロレスThe REAL 2017 WIP CLIMAX」を振り返った。

『豆腐プロレス』(テレビ朝日系)とは、AKB48グループのメンバーが扮する女性高生たちが、プロレスの頂点を目指すストーリーで、今年2017年1月から7月まで放送された連続ドラマ。今回のイベントはドラマの世界を飛び出し、格闘技の聖地として知られる東京・後楽園ホールで本物の試合が行われてアイドルらしからぬ大技を次々に繰り出したり、メンバーの本気で闘う姿が話題になった。

この日のラジオ番組では、後楽園で激闘を終えたばかりということもあり「昨日でしたね~」「終わった実感がない」「夢のような時間だった」と、終始“プロレス”の話で盛り上がった。

宮脇咲良:プロレスがないと『あれ?何をしたら良いんだろう』と思って

須田亜香里:『何を頑張れば良いんだろう?』ってね

谷口めぐ:ぽっかり穴が空いたような

宮脇咲良:何する?(笑)

高柳明音:体にあるアザが消えた時にすごく寂しくなる

谷口めぐ:寂しいーー!

宮脇咲良:本当にやりましたからね!

川本紗矢:ガチですからね!

宮脇咲良:ドラマはカットを割ったり、何回も撮っているのですが。今回はお客さんもいる中で、初めて1試合丸々して

湯本亜美:ドラマは5時間くらいの撮影があって、バク転とか大技もあったんですが使われたのは2分……

宮脇咲良:監督さん聞いていますか~?(笑)

湯本亜美:でも、ドラマでカットされてしまったものも昨日(29日)の後楽園ホールで披露出来たので良かったです

宮脇咲良:正直、いろいろトレーニングを重ねてきて、『実際に盛り上がるのかな?』っていう不安が……結構あったじゃないですか?

川本紗矢:不安だった

込山榛香:ありましたね

宮脇咲良:でも、ファンの方はめっちゃ声を出してくれていて、コンサートの声援とは全然違って

込山榛香:私は試合で背中を何回か蹴られて、立ち上がれずに踏ん張っていたら、「シャークシャーク!!」って名前(プロレス名:シャーク込山)を言って声援をもらって。それで本当に立ち上がれました

須田亜香里:ファンの方と心で通じ合っている感じがすごかった

宮脇咲良:ケガは誰もしていない?

谷口めぐ:ケガは無いですね

高柳明音:アザくらい?(笑)

宮脇咲良:昨日、お風呂に入った時にビックリしませんでしたか?

湯本亜美:ビックリした!

谷口めぐ:知らないところにアザがあった

本業はアイドルであって、“プロレス”という役を演じたにすぎないが「自分とプロレスの境界線が無くなった」と言って、アザだらけになるほど練習や試合にのめり込み、夢中になったと話していた。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン」
放送日:8月30日(水)25時~27時
出演者:宮脇咲良(AKB48/HKT48)、湯本亜美(AKB48)、込山榛香(AKB48)、谷口めぐ(AKB48)、川本紗矢(AKB48)、須田亜香里(SKE48)、高柳明音(SKE48)
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20170831010000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/akb/