高橋みなみ、セカンドシングルのタイトルをついに発表!?

2017年08月30日 07:00

 

27日夜放送のニッポン放送「高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと」の中で、9月26日にリリースされる高橋みなみ待望のセカンドシングルの「タイトル発表記者会見」が行われた。

冒頭、「高橋みなみさんのタイトルは何だと思いますか?」と、わざとらしく尋ねて回る街頭インタビューからスタート。今回は“高橋みなみセカンドシングルタイトル発表スペシャル”と題し、特別企画を展開した。

この企画は、「高橋のセカンドシングルのタイトルを発表する権利を、番組が買い取った」と朝井が言い張ったことが発端。とっくに発表されているタイトルを、番組の中で白々しく煽って発表していくことで、アーティスト・高橋みなみを“イジっていく”趣旨となっている。

朝井が言った「“こ”から始まる」というヒントを元に、番組には、高橋の新曲のタイトルを予想するメールもたくさん寄せられた。しかし実際紹介してみると、「腰元になるべく志村けんさんにゴマを擦った」「コハダと酢飯の弱酸性地獄じゃ!」「コタツは年中いらない」「孤独は傷つくよ、普通に」など、当てる気のないものばかり。「ココナッツ娘。、略してCOCO(シー・オー・シー・オー)」という予想については、朝井から「ココナッツ娘。のミカさんは、現在ブラジリアン柔術の先生やってますから。」という全く関係ない知識が飛び出すなど、無茶苦茶な展開となった。

そんな中、今回は、アーティスト・高橋みなみにフィーチャーした企画ということで、タイトル発表以外にも、各メディアの媒体6名が集結しての合同記者会見を行うことに。来るのは6名なのに椅子がたくさんあることについては、「かさ増しです。画作りのために。」と明かした朝井だったが、本物の記者が座ることに関しては本当だということで、スタジオはいつにない緊張感に包まれた。

今回集まった媒体は、日刊スポーツ、サンケイスポーツ、オリコン、高橋みなみ公式ファンクラブCheeky eyes広報、allnightnippon.comの5つと、そして『ヨブンのこと』代表の記者として朝井も参加。本物の記者たちを前に「よく来てくれたな…」と戸惑う高橋へ、5名+朝井から次々と質問が飛んだ。

記者:全国ツアーを行いながらのレコーディングだったと思いますが、いかがでしたか?

高橋:あはは!ヤバイ、言葉がなんにも入ってこない(笑)

朝井:ちゃんと答えてください!

高橋:ちょっと!だって本物なんだもん!

朝井:高橋さん、ちゃんと答えてください!

高橋:はい…あ、そうですね、レコーディングはツアーの前には終わっていたので、ツアーが始まる前にちゃんとした形になったっていうのは嬉しかったですし、『孤独は傷つかない』っていう曲自体は、元々3年ぐらい前には披露していましたので、やっとCDになるんだっていう実感がわきました。ねぇこれ、何あたしマジで答えてんだろう?え、何これ?

記者:9月26日にリリースされるセカンドシングルですが、どのような曲になりましたか?

高橋:詩は秋元康先生、曲は織田哲郎さんということで、本当に私の大好きな方々に作っていただいた曲です。元々80年代の曲だったり、ロックというものがすごく好きな中、自分の好みもお伝えした上で作っていただいたので、本当に自分好みのロックな曲になったなと思っています。ライブでも定番化していて、ファンの方の掛け声も出来上がっているので、すごい楽しみですね。

朝井:岐阜放送の朝井と申します。

高橋:あはは!1人だけ岐阜?(笑)

朝井:全国15箇所回られたそうですが、なぜ岐阜を省いたのだけ、教えていただければと思います。

高橋:岐阜、省いたわけではない…です。

朝井:偶然、通らなかったのかな?日本の大動脈なんですけど、岐阜は。

高橋:そうですね、岐阜放送さんにも来ていただいている中で、岐阜行けなかったっていうのは、ただただ申し訳ない気持ちでいっぱいなんですけど、今回はスケジュール的にも15箇所ってことになってしまったので…

朝井:分かりました。じゃあ次は、岐阜県内市町村ツアーをやっていただけるということですよね?

高橋:あはは(笑)市町村ツアーは、もしかしたら難しいかもしれないですけど、岐阜の人にも愛していただけるように頑張っていきたいです。

~ 中略 ~

記者:この曲はラジオでも流れることがあると思うんですが、この楽曲を楽しみにしているチームY(「ヨブンのこと」リスナーの通称)の皆さんに一言メッセージはありますか?

高橋:そうですね、チームYの皆さんには正直あんまり聴いてほしくはない(笑)ほかの番組で流れてほしいなって思います(笑)

記者:シングル発売やライブツアーなど精力的に活動されていますが、そうした活動の中で、私『ヨブンのこと』に影響を受けているなと思う点はありますか?

高橋:ないですね。何もないです(笑)

朝井:放送大学の朝井です。

高橋:あはは(笑)

朝井:カップリングの『瞳の扉』という曲なんですけど、こちら『スマーフ2 アイドル救出大作戦!』の主題歌になっていましたが、最近何か救出されたことはありますか?

高橋:ないです。

朝井:ないですか、そうなんですね…

高橋:なんだその顔は!なんなんだよ~(笑)

朝井:放送大学ですから。

高橋:放送大学の顔じゃないでしょ、それ(笑)

合同インタビューを終えて、「初めて見た!芸能人が合同インタビューされているところ。カッコイイですね~。」と感想を述べた朝井。このインタビューの模様は、各媒体によって本当に記事されるとのことで、既に幾つもの媒体が記事を公開している。

そしてここで、ついに高橋のセカンドシングルのタイトルが発表されることに。インタビューの中でサラッとタイトルを言ってしまった高橋に文句を言う朝井だったが、その辺りはなかったことにしつつ、タイトル発表の流れに移った。

気になるタイトル発表の方法だが、まさかの“RGスタイル”ということで、朝井が歌で伝えることに。突然立ち上がり、朝井がマイクを握ると、スタジオにイントロが流れた。使用した楽曲は、2011年にリリースされたAKB48『風は吹いている』。“たかみなの新曲のタイトル言いたいバージョン”と称し、自らが考えたという特別仕様の歌詞で歌い始める朝井。

ところどころ振り付きで熱唱する朝井に、高橋は笑いが止まらない様子。「たかみなの新曲のタイトル言いたい~♪たかみなの新曲のタイトル言いたい~♪」と何度も繰り返す歌詞に「早く言えよ!」と思わずツッコミを入れた。そして歌の最後に『孤独は傷つかない』という歌詞があり、それを以ってタイトル発表となった。

ちなみに、リスナーから届いたタイトル予想の中に、正解者が1名だけいたそうで、その1名には、以前高橋が朝井にあげた携帯用ウォシュレットがプレゼントされるとのこと。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送『高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと』
放送日:8月27日(日)22時30分~23時
パーソナリティ:高橋みなみ、朝井リョウ
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20170827223000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/yobunnokoto/