妻に送る「10年越しの結婚祝」

2017年08月25日 18:00

24日(木)、「コトブキツカサのオールナイトニッポンi」第4回が配信され、夏休みを取って行った沖縄でのエピソードについて語った。

この夏、マネージャーにお願いして数日間の夏休みをもらったというコトブキツカサ。「そもそも、僕はそんなに忙しいわけではないんですが…」と恐縮しつつも、芸能の仕事を始めてから約25年、正式に夏休みをとるのは、初めてだと語る。今回はどうしても事務所に休みをお願いしないといけない理由があった。それは、奥さんに「10年越しの結婚祝い」をプレゼントするためだった。

以前の番組内でも公言しているように、コトブキツカサは既に結婚しており、現在9歳になる娘がいる。奥さんと結婚したのは10年前のため、今年が結婚10周年にあたるという。結婚当時は、今よりも芸能の仕事が少なく、貯金額も5万ほど。金銭的にはかなりギリギリな状況だったと振り返る。結婚式をどうするべきか迷ったそうだが、奥さんの方から「式とかはやるつもりもない。籍だけ入れればいい」と言われ、結果的に形式ばったお祝いは何もしなかったという。

婚約指輪や結婚指輪などを買ってあげる余裕もなかったが、「何もないのは…」という思いから一万円のリングをお揃いで購入。しかし、その時のリングを今でも常に身に着けている奥さんを見て「いつか正式にお祝いしてあげたいという気持ちがずっとあった」と語る。

その後、奥さんが「写真は撮っておきたいかも」と話していたことを思い出したコトブキは、今年が結婚10年目というタイミングということで、ウェディングドレスで記念撮影を行う「フォト・ウェディング」をプレゼントすることにした。

さまざまな種類があるフォト・ウェディングの中から、「夏なので砂浜をバックに写真を撮りたい」という思いから沖縄を選択。しかし、困った問題もあったという。

「うちの家は、奥さんと娘が、食に対するこだわりが、ほとんどないんです」。

コトブキ自身は事前にリサーチをしてから旅を堪能したいタイプのため、いくつかの「観光スポット」を提案するも、奥さんと娘は「なんでもいい」という反応。そのため、沖縄まで行ったものの、フォト・ウェディング以外の旅行プランが立てられなかったと振り返る。

いくつか探す中で「パフォーマンス鉄板焼き」というジャンルを発見。これはその名のとおり、シェフが鉄板で食材を焼いていく際、ヘラや道具を使う動作を、すべて“パフォーマンス”として楽しめる鉄板焼きのお店で沖縄では密かなブーム。人気チェーンから個人経営まで、何10店舗ものお店があったという。「料理の味にはこだわりがなくても、シェフのパフォーマンスを見たら楽しんでもらえるのでは…」という気持ちで選んだと語る。

人気店だったため、しばらく並んでから店内に入ったそうだが、ここでまた別の問題が。この日、担当してくれたのはかなりダンディーな雰囲気を持った男性シェフ。本格的な発音や、独特な語り口のために、肝心の料理の説明が聞き取れなかったという。

また、もともと食の細い奥さんと娘さんだけに、シェフが次々と出してくれるスピードと、食事のスピードが合わず、目の前に料理がどんどんたまっていくことに。結果的に「早く食べないと…!」というプレッシャーから、パフォーマンスを見る余裕が全くなかったそうだ。また、メインディッシュであるお肉を焼く際にも、シェフのプロフェッショナルな振る舞いが仇となり、想像とは違った展開になったようで・・・

10年越しの結婚エピソードが語られた「コトブキツカサのオールナイトニッポンi(第4回)」は、期間限定で無料で聴くことが出来る。

【タイトル】コトブキツカサのオールナイトニッポンi
【メール】 kotobuki@allnightnippon.com
【ハガキ】〒100-8439 ニッポン放送 『コトブキツカサのオールナイトニッポンモバイル』係
【配信日】毎週木曜日
【第4回URL】https://i.allnightnippon.com/p/e_anni_kotobuki_004
※番組では、「コトブキツカサのオールナイトニッポンi」を広めるアイデアを募集中。SNS、学校、職場、その他、さまざまな方法で番組の存在を広く知ってもらう方法、多くの人に聴いてもらう方法を考えて送ってください。