本格雑談 くちをひらく

声優・中村繪里子とアナウンサー・吉田尚記がお届けする雑談Webラジオ「本格雑談 くちをひらく」。とにかく口を開かずにはいられない二人が、どこに向かうかわからない、どう転ぶかわからない、神変出没の本格雑談を繰り広げます!

必見!「流行する前に発見する」を誰でも簡単に実現できる方法

2017年05月14日 12:00

 

【イベントレポート⑤】

2017年3月19日、ニッポン放送イマジンスタジオにて、吉田尚記&中村繪里子によるトークライブ「本格雑談 くちをひらく」第3弾が開催された。

今回(第5話)は、SXSWで知り合った、吉田アナと、尾原和啓さんの共通点とは……?

吉田:尾原さんにとって『次に会う人』の基準ってあるんですか?

尾原:そこは僕の快感原則を既に言語化してます。『ストレングスファインダー』という、100個くらいの質問に答えると、自分の『強み』を34個の種類の『強み』から判定してくれる便利なものがあるんですよ。

吉田:才能に出会おう、っていうやつですね!その本の初版買いました。

尾原:それでいうと、僕の『強み』の1位は『着想』なんですよ。2位が『コミュニケーション』、次が『学習欲』。だから僕にとって大事なのは、着想が生まれる場所に居る事なんです。

中村:その結果がビジネスになっている、と。

尾原:でも、人と人とを出会わせる事で、直接、何かよこせ!とか儲けてるわけじゃないんですよ。人と話して「その着想が有ったか!」と気づくのが、あくまで自分の快感で。

吉田:なるほど!

尾原:また、見返りを求めないで、快感で人と人との出会いを作っている、という評判が広がると、また新しい人が会ってくれるようになるんですよね。

中村:下心も無く、利用しようとしてるわけでもないですからね。

尾原:そういうのが溜まっていき、その中で人と人とを繋げたあとで「あれ?どうなりました?」って聞くくらいでちょうど良い。

吉田:それはなかなか真似できないですね。

尾原:じゃあ1個だけコツを教えます。実生活の中でいうと、自分に合った美味しいレストランを流行る前に見つける、というのが実用性高いですよね。

中村:うんうん!

尾原:ではまず、自分が好きなレストランの食べログを見て、そこのレビューに最初にコメントを書いてる人と、2番めにコメントを書いてる人だけ、リストアップしていってください。それを続けていると、かならず書いてる人が被ります。

中村:なるほど~。

尾原:そうやって、高確率で自分が好きなレストランをレビューしてる人をフォローして、その人がレビューを書いた日の次の日から、3日間行くんです。なおかつ、その店が好きそうな友達を毎回連れていく。そうするとお店側に認識されるし、商談とかで使っても良くしてくれる。

吉田:それ……僕がアイドル現場でやってる事を一緒だ。

尾原:でしょ!

吉田:デビューした直後のアイドルを見て、「このアイドル凄いっすよ!」って外に広めるのが好きなんですよね。その後、ガーッと盛り上がった頃には、もう僕は冷めちゃったりしてるんですけど。

尾原:そうそう、流行った頃には飽きちゃってるタイプだけどね、僕らは。

吉田:そうなんですよね。

尾原:応用編で言うと、新しい分野で気になる事があったら、その分野にツイートしてる人達を探すんです。それで、その人達が共通してフォローしてる人達を探す。また、その人達が共通してフォローしてる人を探していくのを続けると、情報の上流が見つかる。

中村:源流に近づくんですね。

尾原:僕の場合、その源流の人がフォローしてる人をフォローする用のアカウントを作るんです。

中村:その人と同じものを見るという事ですね!

尾原:それで相手の人が見てるものと、相手の人のツイートを連動して見ていくと、何をインプットして、何をアウトプットする人なのかわかってくるし、これを3週間くらい続けていると、相手から自分に対して興味を持ってもらえるような、自分になれる。

吉田:なるほど!

次回(第6話・最終回)は、3人の雑談から見えてきたものにスポットライトを当てます!

<<[イベントレポート④]わずか3歳の少年が憧れたのは、情報を届けることができた「吟遊詩人」

>>[イベントレポート⑥]話が退屈になるのを防ぐ方法。それはすぐに○○すること。

TAGSタグ