AKB48木﨑ゆりあが、生放送で卒業を発表。総監督の横山由依と入山杏奈が駆けつける。

2017年04月13日 16:00

12日(水)深夜放送の「AKB48のオールナイトニッポン」の生放送で、AKB48の木﨑ゆりあがグループ卒業を発表し、卒業理由や今後の活動について語った。

この日の放送には「ずっと相談していた」という、AKB48グループ総監督の横山由依、入山杏奈も出演。木﨑は「1人じゃメチャメチャ怖いから、“ゆいはん”と“あんにん”にいてほしいって頼んで、今日は朝から仕事をして大変でしたけれど、そこはもう私のために集まってくれて・・・」と、大事な場に駆けつけてくれた横山と入山に感謝した。

木﨑は、2009年にSKE48に加入、2014年にAKB48へ異動し、チームBのキャプテンを務めている。アイドル活動をする一方でドラマや映画にも出演し、現在もテレビ朝日系『豆腐プロレス』に出演。アイドルに女優業と精力的に活動していた木﨑が、卒業への想いを語った。

『生放送でファンの方にも直接お伝えできるっていうことは、本当にありがたい。ありがとうございます、という気持ちでいっぱいです。

色々ずっと考えてはいて、2人にもずっと相談とかはしていました。チームBのキャプテンを任されたり、自分なりに色々頑張ってみましたけれど、やっぱり難しくて。今のチームBはけっこう卒業も多くて、“だめだめキャプテン”って言われますけれど。本当に、そう言われることは何の苦でもないですけれど、メンバーに対して申し訳ないなという気持ちがたくさんあって。でも、劇場に戻った時、笑顔で踊ってくれているのを見るだけで「まぁ良いかなー」って思えました。

だから、それが理由ではなくて、昨年から「選挙も出ない」って言っていたし、いろんなことを考えて、頭を使って、発表するのはこの時期なんじゃないかと思って、今日発表させていただきました。

理由としては、13歳から21歳の今日までやってきて、8年間のアイドル人生、本当にもうおなかいっぱいだなーと(笑)めちゃくちゃ楽しかったし、私おなかいっぱいだし、これからは演技のお仕事に対して真剣に一から考えなきゃいけないと思ったので。AKB48を卒業して、一から自分の足でどこまでやれるのか試してみたいっていうのもあります。

最近、毎日凄く楽しくて、毎日皆とすっごい笑って、その幸せな時間がいつまでも続くわけじゃないっていうのを噛みしめて頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。』

卒業時期は未定だといい、「握手会や劇場公演にも来てほしい」と最後まで応援してほしいとリスナーやファンに呼びかけた。木﨑が話し終えると、入山は「色々考えていたのも知っているし、その道にはもちろん進んでほしいけれど、シンプルに寂しい。ゆりあはファンが見えないところでも一生懸命やっているから、それがこれからは自分の為に使えるようになるのかな」と涙ながら話した。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン」
放送日:4月12日(水)25時~27時
パーソナリティ:AKB48
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20170413010000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/akb/

また、来週4月19日(水)の「AKB48のオールナイトニッポン」は、小嶋陽菜の誕生日でさらに、卒業公演の日ということで「小嶋陽菜の卒業公演の夜だからきっとなにかが起こるスペシャル!」と題したスペシャル企画が行われる。