こちら「allnightnippon.com」編集部

【Web限定】allnightnippon.com編集部が、気になる人・場所・イベントに取材・インタビューしていきます。

前回来場者8万人!30種類以上の餃子が大集合する「餃子フェス TOKYO 2017」の魅力に迫る

2017年03月14日 11:00

今週末3月17日(金)から20日(月・祝)の4日間、東京・駒沢オリンピック公園で、第2回「餃子フェス TOKYO 2017」が開催される。

昨年10月、第1回を中野で開催し、5日間で8万人が来場した「餃子フェス」が、さらにパワーアップして戻ってくる。第1回でも大人気だった店舗に加え、今回6店舗が初出店。会場では目新しいメニューや、“女性ウケ間違いなし”の餃子が多数並ぶという噂をきき、「餃子フェス」を主催するAATJ株式会社の喜納桃子さんと大和紫織さんにお話を伺った。

編集部:今回の餃子フェスでは、「とにかくバリエーションが多い」と聞きました。何種類ぐらいの餃子が用意されるのでしょうか?

喜納:定番の焼き餃子はもちろん、水餃子、揚げ餃子、蒸し餃子、スープ餃子、小籠包も用意しています。餃子のお店だけで19店舗、そして30種類以上もの餃子があり、被っているものはほとんどありません。

編集部:餃子というとラーメン屋にある、ニンニク・肉・ニラたっぷりの男性っぽいイメージですが、この餃子フェスでは「女性でも楽しめる餃子」があるんですよね?

喜納:油やニンニク臭が気になる方もいらっしゃいますので、さっぱりした水餃子や、「芦屋 伊東屋」の「みそダレ黒豚餃子」、「鉄板餃子酒場 ちびすけバル」の「ブルーチーズソースの水餃子」、「GYOZA STAND」の「パクチー香るジューシーホルモン餃子」など女性が好きそうな味付けのものがあります。

鉄板餃子酒場ちびすけバル

編集部:みそダレ、チーズ、パクチーはどれも女性が大好きな味ですね!「ブルーチーズソースの水餃子」はこってりした味なのでしょうか?

喜納:実は、さっぱりした味でスルっと食べられるんです!クリーミーなソースが餃子に溶け込んで、パスタを食べる感覚に近いです。ブルーチーズ独特の、強い刺激も感じませんよ。前回も、この「ブルーチーズソースの水餃子」は凄く人気で「おいしくてまた並んじゃった~」と言うリピーターさんも多くいらっしゃいました。

羽根つき焼小籠包 鼎’s(Din’s)

編集部:この「餃子フェス」だけ!という餃子もあるのでしょうか?

喜納:大半は元々お店で出されている餃子を引っ張ってきましたが、中には今回の為に考えてもらったものもあります。

「金獅子のヤキニク札幌」では、餃子の餡に牛肉を使った「焼肉屋の牛カルビぎょうざ」を食べられます。こちらのお店は焼肉店ですが、焼肉以外の新しい展開を考えている、ということで餃子フェスの為に作られたものです。

「一口餃子酒場 Beer Loves Gyoza(BLG)」では、袋の中に入った揚げ餃子にカレーパウダーをかけて“フリフリ”してから食べる「BLGフリフリ揚餃子~チーズカレー味~」があります。こちらも実際にお店にはなかったもので、フェスということで多くの方が大好きなカレー味を作ってくださいました。

そして、実は1回目の餃子フェスからお声掛けさせていただいていた「本家 大勝軒」も念願の出店です。根強いファンも多い「復刻版揚げ餃子&揚げしゅうまい」を是非この機会に食べてみてください。

金獅子のヤキニク 札幌

中国菜館 志苑

編集:どれも話題になりそうな餃子ばかりですね!それぞれ見た目に特徴があるので、SNSにアップしたくなりそうです。

喜納:餃子フェスのコンセプトは「シェアめし」を掲げているので、ぜひTwitterやInstagramを使って、お洒落だったり、少し変わった見た目の餃子をアップしてみてください。こんなに多くの餃子が集まるイベントは滅多にありません。餃子は一粒ずつとり分けやすいですし、一緒に来た友人とシェアして色々な種類の餃子を楽しめるはずです。

編集:これだけ魅力的な餃子が揃っていたら、全種類食べて、写真も撮りたくなりますね!次の連休が楽しみです。ありがとうございました。

「餃子フェス TOKYO 2017」では餃子の他にも、別腹を満たしてくれるスイーツや、餃子に合う定番のビールはもちろん、ワインや日本酒なども販売される。

各フードやドリンクの購入は、1枚600円の食券を買うか、手持ちのSuicaやPASMO、nanaco、楽天Edy、WAONなどの電子マネーが使える(※会場内ではチャージ不可)。

名店の餃子、行列店の餃子、このフェスのために作られた餃子をまとめて楽しめる機会は滅多にない。この週末は、「餃子フェス」へ足を運んでみてはいかがだろうか。

<イベント詳細>

●タイトル:餃子フェス TOKYO 2017
●会場:駒沢オリンピック公園 中央広場
●日程:2017年3月17日(金)~3月20日(月・祝)
・3月17日(12:00~21:00)
・3月18日(11:00〜21:00)
・3月19日(11:00〜21:00)
・3月20日(11:00〜20:00)
●入場料:無料
●公式HP:http://gyo-zafes.jp/

取材:allnightnippon.com 編集部 望月知世
写真:allnightnippon.com 編集長 長浜純