ももクロ佐々木彩夏と玉井詩織が挑戦!「ピンチの部屋」罰ゲームに悶絶!?

2016年11月29日 15:00

 

ももいろクローバーZのメンバーが、秘密の会員制クラブから放送しているという設定で放送されているラジオ番組『ももクロくらぶxoxo』(ニッポン放送、毎週日曜22時~)で、佐々木彩夏と玉井詩織が厳しい罰ゲームをかけて対決する様子が、11月27日に放送された。

momoclub1

『ももクロくらぶxoxo』は、プライベート感・特別感を楽しめることで人気のラジオ番組。

番組中盤でお届けするのは、「う~ぶろん・ら・ぽるとぉ~」と、お決まりの呪文を唱えてはじまる人気コーナー『○○の部屋』。○○の部分は毎週変わり、この日は「ピンチ!の部屋」。普段の生活の中で誰もが遭遇するであろうピンチの場面をどうやって乗りきるべきか、ももクロと一緒に「お勉強」するというもの。

玉井:これから「こんな場面になちゃったら?」というお題が出されます。そこで、自分ならどうやって乗り切るか?を実演。二人が演じたあと、どちらの対応が良かったか、今日のこのスタジオにいるスタッフの投票で「勝敗」が決まります。

佐々木:ってことは罰ゲームがあるんですか?

玉井:そういう事です。

番組では3試合行われ、最初の2試合は「放送局の偉い人と話をしていたら、年齢を当てるという流れに。正直に思ったままを言ったら、もっと年齢が下で、相手がひどく落ち込んでしまいました。このピンチをどう乗り切りますか?」というお題。

第1試合は佐々木が”偉い人役”で、玉井が”間違った年齢を当ててしまった役”に挑戦。

佐々木:じゃぁ!年齢当てクイ〜ズ。私の年齢は、一体何歳でしょうか?

玉井:正直に言っても大丈夫ですか?

佐々木:大丈夫。大丈夫。気にせず、言ってみて

玉井:う〜ん。48歳

佐々木:え…41なんだけど。ショック……そんな老けてるかなぁ

玉井:あ、めちゃめちゃ大人っぽいなって。いや、どっちかなーって思ったんですよ。あ~美魔女!美魔女ですね!!

佐々木:え、美魔女って逆じゃない?(笑)

玉井:あれよ、雰囲気よ!雰囲気!

続けて役を交換し、佐々木が”間違った年齢を当ててしまった役”で、玉井が”偉い人役”に挑戦。

佐々木:正直に言っても大丈夫ですか?

玉井:大丈夫。大丈夫。気にせず言ってみて

佐々木:う〜ん。48歳

玉井:え、41なんだけど。ショック……そんな老けてるかなぁ

佐々木:いやいやいや!そういう事じゃなくて、貫禄があるっていうか。でも41っぽい!!

玉井:ぽいで収まんないから(笑)

佐々木:いやでもこれは難しい!

玉井:まず年齢当てゲームをしていいのは38まで!

佐々木:そう!40は絶対にだめ!

この後もう一試合行われ、本人は納得いかない様子だったが玉井が罰ゲームを受けることに。「この罰ゲーム、凄いひどいですけれど……」「うわぁー最悪だね」と紹介された厳しい罰を玉井は全力で成しとげた。もう一試合はどんなシチュエーション対決だったのか、玉井が受けたハードな罰は何だったのか。この11月27日(日)22時から放送された『ももクロくらぶxoxo』の模様は、radikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送『ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo』
放送日:2016年11月27日
パーソナリティ:ももいろクローバーZ
リンク:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20161127220000

また、番組エンディングでは、バレンタインに開催される毎年恒例の番組イベント「ももいろクローバーZ  ももクロくらぶxoxo~ バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z!2017」の開催が発表された。前回は公開収録イベントという形で実施され、約1万人のファンを前にライブやトーク、コントありのステージで盛り上がった。5回目となる今回は、横浜アリーナで2017年2月11日(土)と12日(日)の 2日間にわたって開催され、各日によってイベント内容が異なる。

2月11日(土)は「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo~ バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z!2017裏」と題し、これまでのイベントにはなかった”ちょっと新しいこと”に挑戦。2月12日(日)は「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo~ バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z!2017表」と題し、バレンタイン企画あり、ゲストありライブ満載のイベントを開催する。

イベントHP : http://event.1242.com/momoclo_2017/

同イベントの番組最速先行予約は来週12月4日(日)22時からスタートする。

【文:allnightnippon.com 編集部】