くりぃむしちゅーチャリティトークライブ

2016年4月、くりぃむしちゅーの故郷・熊本が、大きな地震に見舞われました。この熊本地震に関して、熊本への支援と、熊本地震を風化させないためにも、くりぃむしちゅーの2人が毎月1回のペースで、チャリティトークライブを行っています。

【独占取材】 くりぃむしちゅー チャリティトークライブ第6回の会場でオールナイトニッポン復活第2弾を発表!

2016年11月10日 12:31

 

故郷・熊本への支援と、熊本地震を風化させないために、毎月1回のペースでチャリティトークライブを行っているくりぃむしちゅー。昨日11月9日夜、「チャリティトークライブ 第6回」を関交協ハーモニックホールで開催しました。

1611_%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%83%e3%82%80%e3%81%97%e3%81%a1%e3%82%85%e3%83%bc0

6月のニッポン放送イマジンスタジオを皮切りに、7月と8月は表参道GROUND、9月は北沢タウンホール、10月は大田文化の森で開催されてきた「くりぃむしちゅー チャリティトークライブ」。6回目の会場は、関交協ハーモニックホール。15倍近い倍率の中から運よくチケットを購入できた約150人が会場を訪れました。

1611_%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%83%e3%82%80%e3%81%97%e3%81%a1%e3%82%85%e3%83%bc4

公式HPで募集中の「くりぃむしちゅーの2人へ聞いてみたいこと」に寄せられた「浪人時代の話を聞かせてください」という質問から、浪人時代、大学生時代、若手芸人時代へとトークが広がり、口外無用な2時間のトークをたっぷりと披露し、終始会場には笑い声が響きました。

気になるトークの内容は、会場にお越し頂いた方だけのお楽しみなので、レポート写真で会場の雰囲気をお楽しみください!

1611_%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%83%e3%82%80%e3%81%97%e3%81%a1%e3%82%85%e3%83%bc5 1611_%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%83%e3%82%80%e3%81%97%e3%81%a1%e3%82%85%e3%83%bc2 1611_%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%83%e3%82%80%e3%81%97%e3%81%a1%e3%82%85%e3%83%bc3

そして、最後に嬉しいお知らせが待っていました。

2008年12月に惜しまれながら終了した「くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン」の復活第二弾が決定したことを会場で発表。この報告を待ちわびた来場者からは、この日一番の拍手と歓声が巻き起こりました。

1611_%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%83%e3%82%80%e3%81%97%e3%81%a1%e3%82%85%e3%83%bc6

今年6月12日に約8年ぶりの復活し大反響だったことから、リスナーからの熱いリクエストに応えるため、12月6日(火)深夜1時から復活第二弾の特別番組を全国ネットで生放送します。

12月6日(火)の生放送では、12月21日(水)にニッポン放送・イマジンスタジオで開催予定の「くりぃむしちゅー チャリティトークライブ 第7回」の応募方法が発表されますので、お楽しみに。

1206%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%83%e3%82%80ann

<上田晋也 コメント>
今年の6月に復活した際、8年前の番組内容をほとんど忘れており、 当時を知るリスナーからは「寂しかったです」などと言われましたが、 “うんちく王”と呼ばれたオレの記憶力をナメてもらっちゃ困ります! なぜなら、もう6月のコトすら覚えてません…

<有田哲平コメント>
この間復活したばっかりなのに、またもう復活ですか? ちょい早くないですかね? もうちょっと間を空けた方が良くないですか? ……でも、まぁ、一生懸命頑張ります!

<概要>
タイトル:「くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン」
放送日時:2016年12月6日(火)25時~27時
放送局:ニッポン放送ほか全国36局ネットで生放送
パーソナリティ:くりぃむしちゅー
番組HP:http://www.allnightnippon.com/info/ariue/

1611_%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%83%e3%82%80%e3%81%97%e3%81%a1%e3%82%85%e3%83%bc7

終演後、観覧者は、熊本地震支援への募金に協力。くりぃむしちゅーの2人は自らロビーに募金活動に立ち、観覧者全員に直接感謝の気持ちを伝えました。「ラジオ楽しみにしてます!」「嬉しいです!」「頑張ってください!」といった観覧者の声が印象的でした。

【文・写真:allnightnippon.com 編集長 長浜純】