blog

番組ブログ

鈴木杏樹さん「Rain Again」

14 Jun, 2017

今夜は洋楽の「雨うた」として「HERE COMES THE RAIN AGAIN」「IT'S RAINING AGAIN」をご紹介しましたが、この2曲はなぜ「AGAIN」が入っているのか、について、かつてロンドンでの活動経験がある杏樹さんが教えてくれました。というのも、「ロンドンでは雨天が多く、しかもザーザー降って止むというものではなく、シトシト降る天気が頻発するので、『ああ、また降ってきちゃったな...』という気持ちになるものなんです」とのことでした。。。なるほど、歌の風景にも世界各国で様々なんですね〜

MUSIC10、6月の特別企画は...
『雨に濡れても ~雨うたセレクション~』を、引き続きお送りしております。

雨や雨音は 沢山の素敵な音楽を生みました。
そして、あなたには どんな雨の記憶がありますか?
“雨の日の想い出”“傘の下で起こってしまった出来事”“あの人を想い出す雨の風景”“雨の日だからこそオシャレを”。
楽しくもあり、切なくもあり、そして胸キュンも!
雨のエピソードと共に、その想い出に寄り添った「雨うた」のリクエストもお寄せ下さい。
メールやおハガキ・お手紙でどうぞ。玄関リクエストでもお受けします。
メッセージやリクエストをいただいた全ての皆さんから抽選で10名様に、自他共に認める雨女・森山キャプテンが選んだレイングッズをプレゼントします。
プレゼントご希望の方はリクエストにはお名前とお住まいを忘れなくお書き下さい。
来週6月12日(月)からの1週間は、各曜日のパーソナリティも『雨うたセレクション』をお届けすると共に、とっておきの「雨のエピソード」もお話ししています!
6月のマンスリー特別企画『雨に濡れても ~雨うたセレクション~』に、あなたも、ご参加ください!

.

onair number

2017.06.14 onair number

  • #1 バチェラー・ガール / 稲垣潤一(1985)
  • #2 HERE COMES THE RAIN AGAIN / EURYTHMICS(1983)
  • #3 にじ / つるの剛士(2011)
  • #4 ローマの雨 / ザ・ピーナッツ(1966)
  • #5 SOIREE / BILL EVANS(1970)
  • #6 雨 / 森高千里(1990)
  • #7 花・太陽・雨 / PYG(1971)
  • #8 みずいろの雨 / 八神純子(1978)
  • #9 雨の終わる場所 / DREAMS COME TRUE(1993)
  • #10 雨の西麻布 / とんねるず(1985)
  • #11 IT'S RAINING AGAIN / SUPERTRAMP(1982)
  • #12 雨やどり / さだまさし(1977)