福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2016年3月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
3月26日 魂ラジレポート
2016.3.19 帰って来た魂のラジオ完全版そのC
2016年3月19 日土曜、357日振りにまさかの復活を果たした『福山雅治の魂のラジオ』。併せて1年近く凍結していたこの魂ラジBlogも久し振りに更新されることとなりました。お聴きになったアナタも、お聴きになれなかったアナタも”まるで先週まで放送されていたかのような”いつも通りの、けれど、一夜限りの魂ラジを再度この魂ラジBlogでお楽しみ下さい!

「2016.3.19 帰ってきた魂のラジオ完全版そのC」

F:「代わってのおメールを紹介します」
S:「愛知県のらびぃさんからいただきました。『こんバイク!』」
F:「こんバイク!」
B:「こんバイク!」
S:「『バカリズムさん、実はスポーツの才能も素晴らしいとのことで、小柄ながらも野球部に所属して筋肉ムキムキ!後輩からは憧れの的だったとか』」
F:「おぉ〜」
B:「そんなことないですよ(笑)」
S:「『そこで質問です。魂ラジ国の国王こと福山さんも筋肉については大変うるさく、筋肉へのこだわりも人一倍強いと思いますが、升野さんのこだわりの筋肉はどこの筋肉ですか?そこを鍛えるためのおすすめの運動などあったら教えてください』。筋肉トークですね!」
B:「ピンポイントですね(笑) 中高ずっと野球をやってきてまして、でもずっと補欠だったんですよ。で、3年生の最後の夏の大会だけスタメンになったんです」
F:「おぉ〜」
B:「それはもう筋トレで体格が変わって、パワーヒッターになったからなんです。小柄なのに。俺には何できるってもう筋トレしかないな、と思ってひたすら筋トレをやってたらなんか打てるようになったっていうタイプだったんで」
F:「その時代って筋肉を付けるっていうことに対してネガティブだった時代じゃないんですか?」
B:「じゃないですね。当時は結構もうベンチプレスやってたんで」
F:「当時バカリさん、ベンチプレス何kgあげてたんですか?」
S:「始まった、始まった(笑) 筋肉トーク始まった!」
B:「えー、85〜90kgくらいですかね」
F&S:「おぉ〜!!!」
B:「それくらいでもう伸びなくなってやめたんですよ」
F:「え、だって身長が?」
B:「165cmです」
F:「当時体重は?」
B:「体重は65kgくらいです」
F:「165cmの65kgで、90kg何発いってたんですか?」
B「あ、でも一発です。一発上げて自分のMAXを知るっていう。筋トレって本当ハマっちゃうじゃないですか」
F:「ずっとハマり続けてます(笑)」
B:「あ、今もハマってます?」
F:「僕の今年の目標は、まだ全然達成できてないんですけど、100kgを10発が目標です」
B:「100kgを10発ってね、凄まじいですよ(笑) やってた人間からすると」
F:「100kgを上げられる人っていうのは、地球上の2%くらいらしいんですよ(笑)」
S:「誰が数えたんですか(笑)」
B:「しかも福山さんて、すごいゴツい印象ってないでしょ。だから、シルエットをキープしつつ、筋肉の精度を上げるって相当こだわって筋トレしてると思うんですよ」
F:「こうなっていくと、糖質とか食べるとわりと上がりやすくなっていくんですけども、あんまりそれやるとガチムチ系にどんどんなっていっちゃうんで」
B:「俳優としてそれってちょっとねぇ(笑)」
F:「そういう役が来ないかな、ってずっと待ってるんだけど(笑) そしたら思う存分食って、思う存分上げてってできるのに!来ないのよ、そういう役が!」
B:「来たらやるんですか(笑)」
F:「今はね、まだ100kgは1発もトライしてなくて、今は80kgを5発くらい。100kgは、ネガティブレイズっていう、持って下ろすまでっていうのをやってます。だからね、これからです」
F:「あ、こっからドラマ?じゃあこっからドラマいくよ、いい?(笑) ラジオネーム中村くん。『僕には去年の4/25から付き合っている彼女がいるんです。周りからはとってもラブラブに見えるらしいんですけど、実はとっても悩んでいることがあるんです。実は彼女、男友達と仲良くするんです。そのことを伝えると『しつこい』『女々しい』などと返され、すぐ喧嘩になってしまいます。それだけじゃないんです。少しは僕を優先してほしいんですが、彼女の友達がいると僕は放っておかれて友達が優先になるんです。そのことで何度も喧嘩になってしまいます。彼女は僕のことを愛していると言ってくれるんですが、僕と彼女ではその愛してるという気持ちに差があるんじゃないかと思うんです。どうしたらいいんでしょうか。というのも無責任な感じもするんですが、少しでもこの気持ちをなくしたいんです。どうすればいいですか』あぁー。どうですか、この男友達が多い女って」
B:「男友達が多い女、いますよね。だから僕はそもそも、男友達の多い女性を好きにならないようにしてますね。後々揉めるの面倒だから。そもそも男友達多い女性は、これは完全に僕の偏見ですけど、貞操観念が緩い!そう決めつけていれば、好きにならずに済むんです。こんな人と付き合ったところで幸せにはならないから。でも、付き合っちゃったらもうしょうがないですよね」
F:「そうですよね。どうするかな、中村くん。もはやこれ、もう考えすぎてポエティックになっちゃってるでしょ(笑) ちなみに荘口さんは結構こういうのは多かったんじゃないですか?」
B:「あ、そうなんですか?」
S:「そうですね、私は100%向こうから突然別れを告げられるっていう(笑)」
B:「え、突然!?」
S:「『こちらの乗用車の方が乗り心地がよろしいもんですから、すいませんこっちに乗っていきますんで失礼します』とか」
B:「えぇー!?」
S:「直前までそれに全く気付かないっていうね」
F:「疑ったりしないの?」
S:「うーん、格好悪いんですけど、もう1回ちょっとお願いできませんか?みたいなことを言ってみたことがあるんですが、『体ももう全部向こうに合ってしまったのでもう全く無理です』って言われて、そこまで済んでたのか!っていう」
F:「だって一緒に海外旅行に行って、同じホテルの同じ部屋に泊まったのに、『そういうんじゃないから』って言われたんでしょ?」
S:「それはね、in小樽とinパリですね。『そんなんじゃないから』って言われたんです。女性のその『そんなん』って何なんでしょうね」
B:「『そんなん』を具体的に説明してほしいですね(笑)」
S:「パリのこう、猫足の付いたベッドで寝ようとしたら、『いやいや、そんなんじゃないから』って言われて、1人で夜歩いてました」
F:「パリとか小樽とか、いい所ですよ」
B:「だからもう、自分も女友達をたくさん作るべきだと思いますね。いつでも逃げられるように、重心を野球の守備でいうと踵上げてどっちにでも行けるようにしておけば、多分気が楽になると思います」
F:「そうですね、分散投資というやつですね。不動産投資だけじゃなくて、他にもファンドとか債券とか金とか、いろいろと分散しておけばひとつがなくなった時に困らないからね」
B:「そうです、そうです」
F:「リスクヘッジね}

明日もお楽しみに!
投稿時間:2016-03-26 09:16:18
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.