福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2016年3月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
3月23日 魂ラジレポート
「2016.3.19 帰って来た魂のラジオ完全版その@」
2016年3月19 日土曜、357日振りにまさかの復活を果たした『福山雅治の魂のラジオ』。併せて1年近く凍結していたこの魂ラジBlogも久し振りに更新されることとなりました。お聴きになったアナタも、残念ながらお聴きになれなかったアナタも”まるで先週まで放送されていたかのような”いつも通りの、けれど、一夜限りの魂ラジを再度この魂ラジBlogでお楽しみ下さい。

F:「何食わぬ顔で戻ってきちゃいました。ただいま、お前ら」
S:「あぁ〜久々に聞いたなこれ〜久々に(笑)」
F:「2015年3月28日番組終了後の挨拶で、また何食わぬ顔で戻ってこられるよう、戻ってきてくださいと言われる人間でいられるよう、頑張っていきたいと思います、と話してから、ほぼ丸1年が経ちました。有楽町ニッポン放送の第3スタジオに戻ってきました!福山雅治です、こんばんは!こんばんは、みんな!日本の皆さん、こんばんは!」
(拍手)
F:「もうご存知の方もいらっしゃるかと思いますけど、3/7から4夜連続で放送された、あの一流脚本家であられるバカリズムさんの脚本によるスペシャルドラマ『桜坂近辺物語』。こちらの劇中で、カーラジオの中で登場人物たちが聴いている番組として、この魂ラジの映像が流れたと思うんですけども。これ、実はですね、実際に魂ラジが収録されている現場にドラマのカメラが入って、ドラマの中でそれが放送されて、しかもドラマの中でラジオが進行していったという状態で。で、ドラマが放送され、なおかつその後にラジオも放送されるという、まさにこれがメディアミーックス!!!ミックス、ミックス、ミックス、ミックス…(エコー風) 」
S:「自力でやってますからね(笑)。これも久々に聞きましたね(笑)」
F:「(笑)。そう、まさにメディアミックスだったんです(笑)。でですね、いろんな経緯があったんですけども、せっかくならラジオやるべきでしょう!ということで、魂ラジがなんと!劇的に、1年ぶりに復活と相成ったわけなんです!」
S:「そこだけを録ったんじゃなくて、全体やってるという!」
F:「そうなんです、全体やってるんです!で、こんなテーマでこんなトークをしてほしい、こういう曲をかけてほしいみたいな打ち合わせを、あのフジテレビの有名一流監督のですね、澤田鎌作さんとさせていただきました!僕は鎌作さんとは古い付き合いで、もう20年近く一緒にお仕事させていただいているんですけども、今回の魂ラジ復活にあたり、ああしてほしい、こうしてほしいと細かな指定と旨趣をいただきまして。で、僕らからもああしたい、こうしたいというのを打ち合わせして。だから、今日のラジオはラジオでありながら、ドラマの収録もしているので、若干いつもとは違うんですよ」
S:「じゃあ、ドラマ部分は、魂ラジというよりもちょっと、よそいきな感じ…?」
F:「よそいきっていうか、まあ、ドラマになっちゃうからね。映るわけだから、みんな。演じるというか…役者でもありながら、パーソナリティでもあるみたいな」
S:「かっこいい〜(笑)」
F:「かっこいいな、これ(笑)!そしてさらに音楽も流れる、みたいな。そういう意味ではまさにその…俺しかできない!(笑)」
S:「出た!!!(笑) 国宝!」
F:「(笑)。説明すると複雑だけど、やってしまえばこういうことだったのね、と非常にシンプルに伝わる内容になると思うんですけども。で、これが放送されている時には既にドラマのオンエアは終わっているわけで、『桜坂近辺物語』をご覧になったあなた、あの劇中魂ラジシーンの全貌が今夜、明らかになるんですよ!ということで。お待たせしました。じゃあ、今日はね、せっかくラジオなんで、楽しんでいきたいと思います。たっぷりトークもしていきたいと思います。もちろん、スペシャルゲストもいらっしゃっておりますんで、そちらの方もお楽しみに!それじゃ、今夜もいってみよう!福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ!」
F:「改めまして、こんばんは!日本の皆さん、こんばんは!福山雅治です!」
S:「こんばんは、荘口彰久です!そして今夜のスペシャルゲストご紹介しましょう!」
F:「バカリズムさんです!」
B:「こんばんは、バカリズムです」
F:「いやー、ありがとうございます」
B:「こちらこそ、ありがとうございます」
F:「いやー、本当にありがとうございます(笑) 日本国民を代表して、ありがとうございます!(笑)」
B:「なんかすごい緊張しますね(笑)」
F:「えー、そうですか?」
B:「なんでしょうね。ドラマの方はやらせていただきましたけれども、魂ラジが復活するってすごいことじゃないですか!多分(魂ラジ)国民はもう、すごいことになってるわけですよ。そんな復活っていう記念すべきところに、僕なんかが呼んでいただけるなんて…」
F:「だって、ファミリーじゃないですか。魂ラジファミリー。」
B:「でも、一応ドラマでも使用される部分もあるわけじゃないですか。先ほど荘口さんともちょっとしゃべってたんですけど、下ネタとかってどれくらいまで大丈夫なのかな、とか」
F:「あぁー」
B:「さぐりさぐりなんですよね。福山さんの様子を見つつ、というところもあるわけじゃないですか。ま、トークの流れによっては出てくるとこもあるから」
F:「はいはいはい。今日はお寿司屋さんに来たけれど、大将いったい何を仕込んでいて、どんなネタ出して、今日はいくら払わせられるんだろう、みたいなカウンターに座った時の感じね(笑)」
B:「そうそう、そうです。さっきからずっと見て顔色窺ってるんですけど、分からないんですよね(笑) ドラマの部分に関しては、脚本書いてるの僕なのでまあ、気にしなくていいかなみたいなところもあるんですけど…」
F:「このね、ドラマがね、もうオンエア終わりましたけど、本当に名作でしたね。本当に素晴らしかった!脚本を読んで、やっぱりね、今日はもう本当のことしか言いたくないから本当のこと言うけど、バカリズムさんすごいと思う!本っ当に」
S:「目の前でど直球で褒められると照れますよね(笑)」
F:「いや、逆に普段だと褒めるの恥ずかしいけど、こういう舞台が用意されていると逆に褒めやすい!すごかったですよ」
B:「いやでも、打ち合わせしてる時に、福山さんと全然お会いしてませんでしたから、今ここでこうやって言っていただけて本当によかったです。書いてる時ずっとひとりですから」
F:「なんであんなにおもしろい、緻密な、練りに練られた脚本が書けるのか、そのへんの秘密も今日は聞いていきたい!今夜はそんな、バカリズムさんとともにお送りしてまいります!今夜も最後までよろしくどうぞ!」

(CM明け)
F:「いやー、なんかね、今もジングルが普通に流れたけど、普通にそういうのってとってあるの?」
S:「そんな、全部すぐに捨てないでしょう(笑) まだ1年前ですからね、もういらんわい!みたいなことにはならないですよ(笑)」
F:「いや、そうだけどさ(笑) 改めまして、バカリズムさんです!」
B:「よろしくお願いしまーす」
S:「皆さん聴いてる方は既にドラマをご覧になっている方も多いでしょうから、『あ!あの部分はちょっと使われてた!』みたいなところがもしかしたらあったかもしれないですね。だから、差し障りがないトークと、差し障りがあるトークが混在しているというのが今日の魂ラジになると思います。ここはね、流れないから!」
B:「ここはドラマで流れない」
S:「だから、ここは差し障りがあってもいいんですよね!なんかね、いちいちこうやって確認しないと(笑)」
B:「ややこしくて、頭ごちゃごちゃになっちゃう(笑) しかも魂ラジだし。魂ラジに緊張してるし(笑)」
F:「いやいやいや、大丈夫。ファミリーですから」
S:「しかも大きなクレーンみたいなカメラがあったり、いろんなカメラがあったりしてね」
F:「こんなムーディーな明かりでやってないからね、そもそも(笑)」
B:「多分今、カメラ的にはおしゃれに映ってるんですね(笑)」
S:「普段はもっと蛍光灯みたいなパカーッとした明かりの下でやってるんですけどね」
S:「えー、改めてバカリズムさん、プロフィール紹介させてください。升野英知さん、1975年11月28日生まれ。福岡県田川市生まれ41歳。九州仲間ですよ」
F:「田川っていったら本当にね、怖いんですよ(笑)」
B:「同じ九州だからご存知なんですよね(笑) ちょっと荒っぽい方が多いというか」
F:「知らない?熊本だと」
S:「親戚は北九州の飯塚とかにいますけどね」
B:「あー、飯塚。僕飯塚高校でしたから」
S:「あ、それ結構荒っぽい!」
F:「でしょ?」
S:「言葉とかもね、強いもん」
F:「そうですよ、田川だもん。しかも」
B:「それ何度も言われるんですよ(笑)」
F:「こないだね、一流週刊誌のFLASHさんを見たら、バカリさんの当時の学生の頃のヤンキー座りした写真が載ってたんですよ。あーやっぱりやんちゃしてたんだなぁって(笑)」
B:「憧れはね、誰しもあるじゃないですか、僕ら世代は(笑)」
F:「でもね、顔がこのまんまで(笑) 童顔でね、すごーくイキッてはるんですよ(笑)」
B:「そうそう、坊主頭に剃り込みを入れて(笑)」
F:「やっぱりそうなんだなぁって」
S:「で、そこから日本映画学校俳優科を卒業されまして、1995年にバカリズム結成。10年後、2005年12月からはピン芸人として活動されて、今ではテレビ、ラジオを中心として活動をする傍ら、定期的に単独ライブをやられていて、チケットは即完。ナレーションや俳優、そしてもちろん脚本、イラストと、さまざまなところで才能を発揮されていらっしゃいます」
F:「本当ですよね」
B:「恥ずかしい…」
S:「一通、メール紹介してもいいですか。横浜市のちびこまちゃんからいただきました。バカリズムさん、質問です。バカリズムさんは絵のセンスもあり、IPPONグランプリでもシュールな発想で、また脚本家としても活躍されていてとても天才だと思っているのですが」
F:「まぁ、よく言われるよね。自分ではそう思っていなくても、やった仕事がたまたまそういう風に評価されて、みたいな(笑)」
S:「ちょいちょい入るな(笑) なぜ、バカリズムという芸名なのですか?」
B:「あー、そうですね。改めてですね、また。いや、特に意味はなくて、この世にない言葉にしたいなと思ったんですよ」
F:「ギタリズムからきてるんじゃないんですか?俺、布袋さんからきてるのかと思ってた」
B:「そしたら、ギターやってます(笑)」
F:「布袋さんがギターの申し子みたいなギターヒーローで、ソロになってギタリズムというファーストアルバムを出して。そうか、世代的にもBOOWYから布袋さんがソロになったのを聴いて育った世代だろうから、升野さん的には『布袋さんがギターヒーローだったら、俺はバカヒーローになる!』ってなって、それでバカリズムなのかと勝手に予測してた」
B:「それはそれでいいですね。次からそれでいこうかな(笑)」
F:「究極のバカヒーローを目指す!みたいなことなのかと勝手に思ってた」
B:「そこまでの志ではないです(笑) 本当になんかもう、いろんな単語を組み合わせて作ろうと。で、たまたまバカとリズムをくっつけたら響きがよかったし字面がよかったから、バカリズムっていう」
F:「へぇー、そうだったんですか」

明日もお楽しみに!
投稿時間:2016-03-23 09:15:19
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.