福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2014年4月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
4月30日 魂ラジレポート
「HUMAN」 V2達成記念!アポなしテレフォン(後編)

今週お送りした「HUMAN」 V2達成記念!アポなしテレフォン」
まだまだ残る豪華プレゼントの品々を前に、
なかなか電話が繋がらないというアポなしテレフォン始まって以来の危機が!
しかし、めげずに根気よくかけ続けた結果、ここまででTバック(黒&赤)、ビリケンさんの宝くじ当選祈願袋、「HUMAN」特製マルチメモパッドが当選します。このまま勢いに乗ってどんどん当てていきたいところでしたが…
「プー プー プー プー」と聞き慣れない呼び出し音が。

F「この電話これ…海外じゃないの?これ。」
S「もしくは、これ…IP電話的なものですかね?これ、海外?あ!海外!」

そうなんです!
日本全国に留まらず、なんと海外からもエントリーがありました。

「Record your message after the tone」
F「Hi! This is Masaharu Fukuyama speaking」
S「This is Akihisa Souguchi speaking」
F「ジバラニマンエンプレゼント アポナシテレフォン!」
S「アナタハイナカッタ!」
F「プレゼントアゲラレナイ!See you!」

「海外の留守電にインチキっぽい留守電を入れただけの時間を過ごしちゃったじゃないの!」と笑う福山さん。そんなお話をしている間に、

「♪気づいたら 目覚めたら それが合図さ
               まだ間に合う 真実への冒険者でいたい」

と今度は聞き覚えのあるメロディの呼び出し音が鳴り始めます。
これは、電話に出てくれそうな予感です。

L「もしもし。」
F「自腹2万円〜アポなしテレフォン〜!!!愛知県のかおりちゃん。今何してるの?」
L「今仕事中です。」
F「仕事なんかやめちゃえ!パンツあげるから帰っておいで!」
S「パンツあげるからってそれすごいど変態ですよそれ(笑)」
F「プレゼント、白のTバックでいいですか?」
L「はい!何色でもいいです。」

ナゴヤドームに2日間、彼と一緒に参戦予定だというこの方。
福山さんと、彼には内緒で白のTバックを履いて行くことを約束します。

F「でもさ、ライブが終わった後はさ、俺があげたTバック脱がされるんだろうなあ。」とやや不満げな福山さんに、L「ご想像にお任せします(笑)」
そんなかおりさんの身に起きた、この春あった悲惨な話がこちら。

***********************************
「私、占いは信じないのですが。とある占いの本に、2月から3月はやることなすこと全てうまくいきません。って書いてありました。本当かなあ?ってその時は、軽い気持ちで流しました。3月になり、いつも通り日々仕事をこなしていましたが、事務所で使っているコピー機が故障。掛かってきて対応した電話はクレームばかり。提出した書類も間違いだらけで上司に注意されてばかり。おまけに残業続きで体調を崩し、彼と約束していたデートもキャンセル。それが原因で喧嘩になり、別れる寸前までいきました。」
***********************************

F「4月に入り仕事も順調に進むようになって。ナゴヤドームに彼氏と一緒に行き、しかも彼には内緒でTバックを履いていくっていう。彼の前でTバック履いたことはあるんですか?」
L「ないです、1度も。」
F「おっと、いいサプライズだこれ。彼氏びっくりするでしょうね!」
F「このライブに来ることが仲直りのきっかけとなって、その後…Tバックですよ。ライブで熱く燃え上がった後は、熱い夜を、更にお過ごしください。」

というわけで、これで赤・白・黒のTバック3枚がナゴヤドームに集結することに。伝説の3つの武器が揃うナゴヤドーム。違う意味で盛り上がってきました!(笑)

続く電話は、またもや呼び出し音が福山さんの「HUMAN」

「♪気づいたら(F「気づいた?」)
  目覚めたら(F「目覚めた?それが合図だよ?」)
  それが合図さ(F「合図になってないよ!」)
  まだ間に合う(F「まだ間に合うよ!」)
  理想への(F「理想的にはつながって欲しい!」)
  挑戦者でいたい(F「挑戦してるんだ!さあ出て!」)
  WOW WOW WOW (「WOW WOWじゃねーよ!」

自分の曲に自分でツッコミを入れながら電話に出るのを待つも、こちらも空振り。そうして電話をかけ続け、繋がったのは愛知県のあやさんです。

L「もしもし。」
F「自腹2万円〜プレゼント〜アポなしテレフォ〜ン♪」
L「えええ!」
F「あやちゃん、学校の先生なんだ。」
L「はい、3年目です。」
F「あやちゃん、24歳でこんな可愛らしい声してて、中学校の先生やってたら、俺が生徒だったらすんごいスカートめくってるよ!」
L「あはははは(笑)」

中学校の英語教員だというこの方。
選んだのは「HUMAN」特製マルチメモパッドでした。
ここで、この春起きた悲惨な話をご紹介です。

*********************************
「この春起きた悲惨な話。先日友達と会っていたときのことです。この日、職場の飲み会だった友達を最寄り駅まで迎えにいきました。友達は酔っていて、普段よりテンションが高く、よく喋りはしましたが、会話は成り立ちベロンベロンという感じではありませんでした。車を停めて少し話をすることに。悲劇はここからです。話している途中で、気持ち悪いと言い出したので、私は急いでコンビニまで車を走らせましたが間に合わず、車内でリバース。」
*********************************

悲惨な話メールを読む途中で、「じゃあ、あやちゃん?車内でリバース、これあの、英語で言ってもらってもいいですか?」と突然思いついたようにおねだりをする福山さん。

F「車内でリバース、はいこれを英語で言うと?」
L「Reversed in the car.」
F「普通だな!(笑)I was drunkとかそういうことではなく…?」
S「英語でもリバースなのかな?」
F「Reversed in the car.」
(※こちら、リバースしてしまったのはお友達ということで、正しくは”My friend threw up in my car”でした。)

*********************************
「仕方ないのでコンビニでウエットティッシュなどを買い処理しました。友達には水とガムをあげたのですが、友達が噛んでいたガムが口から飛び出し行方不明に!車内のどこかにあるはずなのに友達と探しても見つからず、結局諦めました。帰宅して着替えていたら、例のガムが私の服にべったりついていて、全然とれず、その服は新しかったのにかなりショックで悲惨な1日でした。」
*********************************

L「本当に最悪でした。」
F「本当に最悪。That was do bad!」
L「落ち込んだりしたこともあったんですけど、いつもましゃに勇気をもらって、今なんとかやれているので…ほんとに、ありがとうございます。」

普段は生徒さんに名古屋の言葉で強くでているのに、ふと見せるこの弱さ。
F「ズバリ言ってもいい?すごく興奮するねえ」
S「何言っとんのか!(笑)」
F「アハハハハ!こちらこそありがとうございます、魂ラジもあやちゃんを応援しております!」


この春にいろいろな形で悲惨な体験をされた全国の皆さん。
今回、収録時に他府県の方にもたくさん電話をかけたのですが、電話をかけた時間が悪かったのか、留守電にもならずに繋がらないケースがかなりありました。したがって今週の放送では、電話が繋がらない部分は編集でカットしてあるため、結果的に電話が繋がったのが中部地方寄り、という形となりました。
たくさんのご応募ありがとうございました!


振り返ると、旦那さん&彼氏に内緒でTバックを履くことになった方が2組。
放送の時点では、リスナーの方と福山さん・荘口さんの間だけの秘密。
しかし「パンツは、履いたら脱ぐし、脱いだら履く」ものだと主張する福山さんは、俺があげたTバックもどうせ脱がされるんでしょう?と、やさぐれ気味。

F「結局、なんかね。僕らにはなんにもないんですよ。」
S「いやいやいや!感謝で始めた企画、これ!(笑)」
F「見返りなんて何一つないんですよ!」
S「だから自腹で感謝だからこれ見返り求めちゃいけないでしょう!(笑)」
F「ハハハハハ!」

自腹プレゼントの趣旨がわからなくなってしまうような発言で、
大笑いする福山さんでした。福山さんと魂ラジリスナーが織りなす電話越しのドタバタトーク、いかがだったでしょうか?惜しくも電話に出られなかった方々、ごめんなさい。またのご応募お待ちしております!

それでは、次週の放送もお楽しみに!
投稿時間:2014-04-30 22:47:17
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.