福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2014年4月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
4月21日 魂ラジレポート
祝『HUMAN』V2達成!


F「もうかりまっか?ぼちぼちでんな!おおきに!
  大阪ドームの、お前ら!ありがとうございました!」

人生初の全国五大ドームツアーに挑んでいる福山さん。
この週末には、いよいよ東京を飛び出しての音楽の旅がスタート。
13年振りとなる大阪ドームでの前半2DAYS公演を終えられました。
参戦された皆さん、いかがでしたか?(^^)

そんなツアーのタイトルにもなっているニューアルバム『HUMAN』、
先週の放送では、
「オリコンウィークリーチャートで1等賞を頂きました!」、
というお話があったんですが…

F「なんとですね、今週は、私の人生初の2週連続アルバム1等賞を頂きました!わからないものですね、人生っていうものはねえ。」
S「もう福山さんは、毎回落ちぶれ願望というか、都落ち願望というか…『もう俺はダメだダメだ』っていつも言っていますけれども、ピークがまだまだ先に見えてきましたよこれ。」
F「もうダメでしょう?」
S「いやいやいやいや!それよりも私、(アルバム)2週連続が初めてだっていうのにびっくりしたんですけれども。そうだったんだ!と思って。」
F「いや、ないないない。やっぱりCDセールスが以前に比べて全体のシェアで落ちてきているんですよね。ゆえにこういう現象もたまに起こるっていう、分析なんですよ。」

45歳にして2週連続のアルバム1等賞という快挙を成し遂げられた福山さん。
全国の魂ラジリスナーからも、おめでとうメッセージがたくさん届きました!

○ラジオネーム:りな(福岡県)
「ましゃ、オリコン2週連続アルバム1位おめでとうございます!アカデミー賞をとった今大人気の映画、『アナと雪の女王』のサントラを追い抜いての1位は本当に凄すぎます!Twitterの影響もあるのでしょうか?毎日良いお酒が飲めますね!」

F「ねえ、飲み過ぎちゃう。2週連続1等賞を頂いたお礼に、何しましょうかね?今日は。まだ、ちょっと用意できてないけど…自腹プレゼントでもしましょうか?」

魂ラジ恒例「自腹1万円プレゼントアポなしテレフォン」
テーマに沿ったエピソードを書いて送ってくれたリスナーに、アポなしでいきなり電話、さらにじゃんけんを勝ち抜いた方に福山さん、荘口さん、作家・小原さんが自腹で用意した品々をプレゼントするというこの企画。

今回は、2週連続ということで福山さんの自腹プレゼントが2万円分に増額!荘口さんと小原さんはじゃんけん要員として参加されます。

S「ちょっと本当ですかこれ!久々に。じゃあ今日はこんな感じのプレゼント、っていうのを約束しておいて…?」
F「ああ、エロ下着エロ下着!Tバックと…、2週連続なので、物は増やしますよ。なんか高級ブランドの財布とかにする?」
S「それ高いでしょ、それ…!」
F「高いやつ、高いやつ。」

しかし、もちろんプレゼントはたくさんの人が当たりたいと思うはず、と指摘するのは荘口さん。もうちょっと(値段を)落として数を増やしたらどうですか、と提案します。

F「え?まじで?じゃあそうする?え、でも…例えばどんなの?」

大阪土産、男性用Tバック、ツアーグッズ…などなど、何をプレゼントにするか悩んでいたところ、スタッフの方からHUMANメモパッドは?との提案が。

F「それもいいけど、あげて。販促物じゃないですか、それって。」
S「メモパッドも嬉しいですけどね、非売品だし。」
F「それもあるけど…じゃあ、その中でいくつか目玉商品をね、考えますよ。そこはやっぱり僕のポケットマネーから出したいなあ。」
S「よろしくお願いします、何か!」
F「わかりました」

というわけで、『HUMAN』V2達成記念☆自腹2万円アポなしテレフォンの開催が決定。ツアーグッズにプラス福山さんが自腹で用意した2万円分のプレゼントが当たります!

参加したいリスナーの方は、
【この春起きた悲惨な話】と【電話番号】、
そして、ニューアルバム『HUMAN』に収録された18曲の中から、
【あえて選ぶとしたらの、一番好きな曲1曲と、その理由】を書いて、
今すぐエントリーしてください。

メールは
masha@allnightnippon.com

いつ電話がかかってくるかわかりません!エントリーを急いでくださいね。

さて、続いてのV2達成おめでとうメールはこちら。

○ ラジオネーム:ちさと(京都府)
「ましゃ、荘ちゃん、こんV2!ましゃ、人生初のアルバム『HUMAN』2週連続1等賞おめでとうございます!!ましゃが作りたかった楽曲の詰まったアルバムで“人生初”を達成できたことが、自分のことのように嬉しさでいっぱいです♪1曲1曲、私なりにましゃの伝えたい想いを感じ、聴いています。ところで、この間、『同級生と飲んだ』とTwitterで呟いていらっしゃいましたが、昔のフェニックス仲間から、『クスノキ』や『昭和やったね』など長崎を歌った曲の感想なんか聞かれたりしたんですか?」


F「あ〜そうそう、こないだね。中学の頃からの同級生のたくやってやつがいるんだけどさ、最初は2人で飯でも食いながら飲もうか、っていう話だったんだけれども、ちょうど単身赴任で来てる元『ラー』のボーカリストが。」

「ラー」というのは、福山さんが高校生の時に組んでいたバンドのこと。
ギリシャ神話の太陽神・ラーからとられたこの名前!
ちなみに、中学の頃に組んでいたバンド名は、漢字で不死鳥と書いて「フェニックス」。なかなかスケールの大きいバンド名でした(笑)

F「それで、『ラー』のボーカリストが、単身赴任で来ていたんで、3人で飲んでいたわけ。で、たくやがね、『東京ドーム良かったばい。お前なんで来んかったとや?』ってその、『ラー』のボーカリストに聞いて。『いや、仕事でさ』っていうことで。」

そんな話をしながら、飲みながら酔っ払ってきた3人。
「そういえばフェニックスの話がテレビで出とったな」という話になったそう。フェニックスの元リーダー「シゲちゃん」は何をしているんだろう?ということになり、電話をしたんだそうで…

F「そしたらつかまってさ、シゲちゃん。結構仕事のことで悶々としてて。フェニックスの元リーダーのシゲちゃんは、今岡山にいて、妻と子どもに会う時間がないことでへこんでいるんですよ。そのへこんでいるところに、俺たち3人が酔っ払って電話して、『そんなんええやんか!とにかくさあ、「フェニックス」って言うてみ?フェニックス!フェニックス!』って言ったら。『フェニックス。』って(笑)」
S「少し押さえたトーンで!(笑)」
F「もうなんか、言いたくない、みたいなトーンで。フェニックスの元リーダーはねえ、真面目なんですよ。中学の頃はものすごいイケイケだったんだけどね。」
S「リーダーですもんね。」

そう、中学生のころの「シゲちゃん」は、他の中学の生徒が自分の学校の校門の前をうろうろしているだけで、掃除用具を持ち「わいどんちゅうどこちゅうや!」と出て行くような少年だったそう。「Why don’t you どこ中」と聞こえるこのフレーズ。長崎弁で、「わいどん(お前)の中学はどこの中学か?」という意味なんです!

そんな『クローズZERO』のような、かっこいい青春時代を過ごしていたフェニックスの面々ですが、「シゲちゃん」に電話しただけでは満足の行かなかった福山さん達は…

F「それでさあ、もう、不完全燃焼だから、今度はもう一人、長崎にいるフェニックスに電話して。」

長崎にいるもう一人のフェニックスのメンバー「きんちゃん」
ドラム担当だった彼に、酔っ払い3人衆は電話をかけたそう。

F「きんちゃんは、普段は心優しいんだけど、でも酔うと暴れるんですよね。
きんちゃんはね、すっかり丸くなって釣りが好きで。休みと言えば大体釣りに行って。釣りをしてる時には、他の釣り人がどのレベルのルアーと、どのレベルのリールをカスタムしてるのかがものすごく気になるんだって。これなんか釣り人同士であるらしいよ。あいつ、いいやつ持っとるな、みたいな。」
S「じゃあ、隣をチラチラ気にしたりとか?」
F「とか、釣り場に行って、ポイントを探してる道中で、『あいつのリール、プラス3万くらいカスタムしとるな』みたいな。そういうことがすごく気になるんだって。」
S「どれだけ釣れてるかよりも?」
F「釣り人同士、そういうことが気になるみたいよ。だからあれと一緒だよ、車とかバイクとかみたいな。で、まあそのきんちゃんに、フェニックスフェニックスずっと言わせてた(笑)」

こんなエピソードをTwitterでちらっと呟いていた福山さんでしたが、
詳細なエピソードと、素の部分が垣間見れるのは、やっぱりラジオ!
今週も、昔の仲間との話をとっても楽しそうに語ってくれました。

明日の魂ラジレポートでは、アルバム『HUMAN』の中でも反響の大きかった『ミスキャスト』と『Cherry』の感想&質問メール特集をお送りします!お楽しみに♪
投稿時間:2014-04-21 16:10:56
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.