福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2014年4月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
4月10日 小原信治の草の根広告社
『3年振りの』
 
 週末、福山さんにとって13年振りとなる東京ドームでのステージをお手伝いさせて頂いた。前回は客席で観ていただけだったので、僕にとってはスタッフとして初めての、そして一番でっかい会場だ。

 会場入りした時には改めて「でかいなあ」と感じた空間だったけれど、初日に客席が埋まり、福山さんがステージパフォーマンスを始めた頃には、そして、最終日が終わる頃には、もはやアリーナクラスのような距離感にさえなっていた。

 ドームの大きさに目が慣れただけじゃない。あきらかに福山さんのパフォーマンスと存在感がそう感じさせたんだと思う。前回のツアーから3年の間に、海外の映画祭などでアジアを始めとする各国の表舞台に立った経験もあるのだろう。そして何より、ニューアルバム「HUMAN」の楽曲たちがそう感じさせているのだろう。
 とはいえ始まったばかりなので、ドームライブについてはこのくらいで筆を置こう。

 さて、来週からはいよいよ3年振りのツアー(東京を出るという意味での)が始まる。そういえば、前回のツアーがあった3年前の昨日4月9日は「I’m with U キミと24時間ラジオ」の放送日だった。魂ラジの時間に放送したラジオを通じてのあのライブから、震災で止まっていた「ライブ」が再開した。止まっていたツアーも再び動き出した。

 あれから3年。もうずっと昔のような気もするけれど、東北の今の風景の中には、まだ昨日のことのように感じるところもたくさんある。そんな中で始まる3年振りの旅。大阪、名古屋、福岡、札幌、埼玉。どんな旅になるんだろう。

「今、元気な人は、今までやっていたことを、今まで以上に元気にやる」
 3年前のあの言葉を改めて胸に刻みつけながら、あたらしい旅の支度を始めよう。

小原信治
投稿時間:2014-04-10 19:24:04
 
4月10日 魂ラジレポート
「クスノキ」の子供たち

昨日は、アルバム『HUMAN』Disc.1の最後に収録されている『昭和やったね』の福山さん自身による解説を紹介しましたが、この曲と対になっているとも言えるのが、アルバム『HUMAN』のオープニングナンバー『クスノキ』。番組でこの曲を宇宙初フルぶっかけした直後から、たくさんの反響メールが全国のリスナーから届いていました。

○ラジオネーム:けいこ(広島県)
「『クスノキ』宇宙初フルぶっかけ、震えました。最初は、あれ、なんか校歌みたいだな、と少し驚きつつ聞いていました。曲の途中、『爆風』や『黒い雨』という歌詞に心の奥がざわざわとし始め、曲が終わる頃にはじーんとしました。
広島で生まれ育った私も被爆2世です。子供の頃から『黒い雨』という言葉を何度も耳にしてきましたが、長崎・広島以外の方、若い世代の中には知らない方もたくさんいらっしゃると思います。『黒い雨』、少し重い言葉だとは思いますが、歌詞を作られる時に戸惑いやためらいのようなものはなかったのでしょうか?
追伸:『クスノキ』を聞いて、通っていた小学校の庭に被爆サクラがあったことを思い出しました。『HUMAN』が発売される頃に、ちょうどサクラが満開になる頃だと思うので、満開の被爆サクラの下で『クスノキ』を聞いてみようと思います。」

F「長崎や広島には、被爆した色んな木があると思うんですよね。それをちょっと、調べたいし会いにいってみたいんですよね。そういう被爆サクラもあれば、広島にも被爆アオギリがありますよね、有名な木が。これも今もまだ元気に生きていますよね。」

この『クスノキ』に出てくる被爆クスノキの他にも、日本には、原爆の爆風や、放射線を受てもなお、元気に生き続けている樹木が存在しています。広島市は、爆心地から半径2キロ以内を対象に、「被爆樹木台帳」を作成し、55カ所、約160本を登録。現在はその「命」が伝える忘れてはいけないことを次の時代へと残してゆく為に、全国各地に被爆樹木の苗木が植樹されてもいるそうです。

番組にメールをくださったリスナーの方の住む東京都西多摩郡瑞穂町にも、長崎の被爆クスノキの苗木が植樹されていました。

○ ラジオネーム:めぐ(東京都)
「こんクスノキ!『クスノキ』を聞いて、心が洗われるような、とても清々しい気持ちになりました。と同時に心に引っかかるような何かを感じました。なので、被爆クスノキについて少し調べてみました。すると我が家から10分ほどのところに、被爆クスノキの子孫が植樹されていることがわかりました。被爆クスノキの保存・研究等をしている長崎大学から苗木を分けて頂き、町の平和事業として5年前に植樹されたそうです。今度の休みに出向いて、私の心にひっかかった何かを再確認しようと思っています。」

F「そこにもあるんだ、クスノキの子ども。そういうことをさ、広く多くの人に知ってもらう機会がなかなか無かったよね。」

そう話す福山さんは、こうした平和への祈りを伝えてゆく活動があることはもちろんご存知だったそうです。

F「その「点」を「線」に繋げる何かがあったら良いな、とはずっと思ってたんです。で、それでどういうことができるかなあと思っていたものも、この『クスノキ』という歌を作る動機の一つになっていたと思います」

そんな想いで作られた『クスノキ』という歌。曲を聴いて既に、「自分の家の近くにあることを初めて知った」というメッセージも寄せられるなど、何かしらの形で影響を与え始めているようです。

F「まあ、自分で言うのもなんだけどね、ある種『有名な人である』っていうことを、良いことに使えることって何かな、って言うのは、「Act Against AIDS」
っていう活動を始めたときから思っていましたし、それで勉強にもなったし、体現もできたんですけれども。あと泉谷さんとやった、長崎の普賢岳でやったチャリティもそうだし…。んで、このニッポン放送でもやらせて頂いた、東日本大震災の時の24時間のラジオもそうだけれども…」

福山さんはこれまでに「Act Against AIDS(アクト・アゲインスト・エイズ)」というエイズ啓発運動や、長崎・普賢岳噴火災害救済チャリティーコンサートなど様々なチャリティイベントに参加。そして、2011年の東日本大震災の直後には、ニッポン放送ラジオ・チャリティ・ミュージックソンSP『I'm with U キミと、24時間ラジオ』(→http://www.1242.com/program/mthonsp/
を自ら企画し、パーソナリティを勤めました。こうした活動をしていく中で、福山さんが考えてきたことがあるそうで…

F「『スターパワー』という言葉、ハリウッドでは良く使いますけど、自分がスターであることの、スターが持つ力というのを使って、良いことをしょましょうっていうような…。そういうのって、なかなか日本人だと、『俺のスターパワー使って』なんて自分では言いにくい感じはあるけど。俺もそんな、わざわざそういう言葉を使おうとは思っちゃいないけれど、自分が日本で置かれたこの立場を良いように使ってできることは無いかな、っていうのは、ずっとうっすらと頭の片隅にあるわけですよ。で、そんな中の一つ、ですよね。この『クスノキ』っていう歌はね。」
S「インタビューでも、8月6日は何の日ですかって聞いても答えられない人がいる、ということに衝撃を受けたとおっしゃっていましたよね」
F「8月6日が広島に原爆が投下された日で。で9日は長崎で、っていう…。『日本に原子爆弾が投下されたことがあるのは知っていますか?』って聞いたら、『あ、知ってます』っていう人は多いと思うんだけれども。昭和20年の8月6日、そして9日って何の日がご存知ですか?って言うと、今の若い人は『うーん』ってなる人は多いかもしれないですよね。でもそういったこともやっぱり、長崎にもいらっしゃるし、沖縄にも、ひめゆりの方のね、語り部の方もいらっしゃいますけれども。まあ僕の年代もそろそろ語り部に入ってきたんですよ、我々の年代も。」
S「伝えていかなければいけない、っていう…。」
F「そうそう。口述でね。口述だけじゃなく、歌にしたりとか、そういうその語り部の世代に、もう40代半ばっていうのは入ってきたんじゃないかなあというのもあり。じゃあ、今週も聞いて頂きましょうか。」

ということで、今週の放送の最後には『クスノキ』をお送りしました。
福山さん解説によるニューアルバム『HUMAN』からの新曲フルぶっかけでお送りした先週の魂ラジでしたが、そんなアルバム『HUMAN』に関する嬉しいニュースもあった今週の魂ラジはやっぱり「とりビー!」で乾杯?というわけで、土曜23時30分からの放送をお楽しみに♪
投稿時間:2014-04-10 00:47:19
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.