福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2014年4月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
4月8日 魂ラジレポート
HUMANスペシャル(後編)


4月2日に発売になったニューアルバム『HUMAN』を引っさげて、
いよいよ開幕となったFUKUYAMA MASAHARU WE’RE BROS. TOUR 2014 HUMAN
今週の魂ラジでは、福山さんの解説を交えて、アルバム収録曲を魂ラジ的フルぶっかけいたしました!

昨日の魂ラジブログでは、『とりビー!』をご紹介。
続く福山さんの解説付きの2曲目は…『ミスキャスト』です!
リスナーからも、『ミスキャスト』とは一体どんな曲なのか?心待ちにしている声が届きました。

○ラジオネーム:まりこ(愛知県)
こんHUMAN!収録曲発表ありがとうございます!
『Cherry』と『ミスキャスト』は“エロ曲”なのかなあ〜と勝手に妄想を膨らませています(笑)
最近エロ曲がなかったのでそうだとしたら本当に嬉しいです!!
45歳のましゃの色気をふんだんに盛り込んだ曲…楽しみにしてます!

F「じゃあ次は、『ミスキャスト』、いきますか?こんなぽんぽんぽんぽんかけちゃっていいの?タダじゃないのよ、これ。買ってくれないとかけないよ、これ。」
S「聞いた方は絶対買ってくださいよ、これ、ね?」
F「聞いたら絶対買うって約束してよ?」
S「いやいやいやいや小学生か!」
F「聞いて買わなかったら、3年後、死ぬよ。」
S「なんで!死なない、死なない。死なないけど」

と、買わなければ死んでしまう、なんてことはないでしょうが(笑)
さっそく、「ギターの音がいいんだよねえ。俺ね、これ。弾いてるの。」の言葉とともに『ミスキャスト』をフルぶっかけいたしました!

F「ミスキャスト。エロ歌風味だけど、今回はミステリー小説をイメージして。いわゆるその、最後の大どんでん返しがある!、っていう、そういう歌が作れないかなと思って。歌詞の中でも、歌の世界でも、そういうことができないかなと思って作ったんですよ。」
S「そういう作り方は...?」
F「いや、初めてじゃないですか。だからね、僕の歌の中で言うと、例えば『HEAVEN』とか、『Gang☆』とかだったら、わりと女性目線のエロ歌っていう感じなんですけれども、あれの世界観だと、愛に溺れてもう死んでもいいみたいな感じで。要は、『リビドー』ですよね。リビドー的に、もうあの、頭じゃなくて身体の快楽で、その快楽に溺れていく、堕ちていく...。」

そうした歌が多かったこれまで。
今回も、一瞬そうかな?と思ったそうなんですが、途中から一瞬ジャズが、入ってきて、jazzyな感じになってくるという構成を持つこの曲。展開がガーッと変わって、またもとのサウンドに戻ってくる、というのは井上鑑さんのアイデアだったそう。そのアイデアに導かれてこうした展開になったんだとか。

S「詞もそれにやっぱり影響されている...?」
F「されていますねえ、やっぱりねえ。でこのアレンジ自体もそうだし、曲自体ももう10年くらい前からあったので、3、4回アレンジしてるんですよ。」
S「じゃあこの最終形になる前に、結構違う形があって...?」
F「あ、言い忘れてましたけれども、『とりビー!』もそうです。『とりビー!』も、かなり前から曲はあって。でも歌詞を書いたのは今年に入ってからです。2曲とも。サウンド自体はアレンジを3、4回重ねて、『うーん、違うなあ、もうちょっといけるなあ』っていう。そうやって、実際に現場で形作って変化していっているものもあれば、ずっと僕の脳内、頭の中だけに存在していた『クスノキ』みたいな曲もあれば。色々あるんですよ。出してないものが。」
S「同じ、やっぱり10年くらい経っているものでも。」
S「色々あるんです。」

そう、この『ミスキャスト』は実は以前にレコーディングしてみたりもしたそうなんです。
しかし、それが2014年の今、こうして形になったのには、理由がありました。

「(『ミスキャスト』には)マイナーコードで少しラテンっぽいテイストが入っているので。『HEAVEN』が1999年ですよね。あれが出て、しばらく経って曲かいたから、まだちょっと近いなと思ってたんですよね。そのマイナーコードでラテンっぽい雰囲気っていうので。まあでも、ちょっとこう中毒性がある、何回も聞きたくなるような曲だとは思っていたので。でも『HEAVEN』が1999年だったので、2001、2年には曲自体 はできていたはずなんですよ、『ミスキャスト』は。それで、やっと2014年の今。」
S「詞の雰囲気もちょっと変わった...?」
F「そうねえ、だから、僕にとっては10年以上かかってしまったけれども、でも今じゃなければ生まれてこない歌詞がのったので、この『とりびー!』も『ミスキャスト』も、2曲とも幸せな結末になったなあとは思っていますけれども。」


4分位満たないこの曲。ライブでは、さらにエクステンションされてるそうで、曲自体にボリュームが出ているんだそう!
短い時間の中で、サウンド的にも、歌詞的にも。いろんな展開が起こっているこの曲。
ライブでどのようにアレンジされているのか、ますます楽しみになりましたね(^^)

続いての解説は、『昭和やったね』です。


○ラジオネーム:ダスティミラー(鹿児島県)
4月2日に発売されます、曲目のタイトルですが…どれも、想像をかき立てられる曲目ですね。『246』のタイトルが気になる数字!と、『昭和やったね』の言葉。方言??違うかもしれませんが、二通りの意味で取れますよね。私だけかもしれませんが…。「昭和の時代だったね。」の意味と、「昭和、やったぞ!」とかやり遂げた時でとれる意味として。気になりました!

F「『昭和やったね』は『昭和だったね』の方ですよ。これ、長崎弁で歌うっていうコンセプトだったんですよ。『ましゃ、長崎弁で歌ってみなさい?長崎弁で歌うとどういうのが出てくるか作ってみなさい?』っていう風に、僕が僕にオファーしたんです。僕の歌の作り方というのは大体そうで、自分で自分にお題を出す、っていう。」
S「さっきも、そういう…ミステリー小説みたいなのを作っちゃいなよ!っていう」
F「やっぱりね、そういう作り方なんだよねえ…。コンセプトを最初に決めないと、結果として違うものになってもいいんだけれども、入り口として最終的な完成形はこう、っていうことをなんとなくイメージして。だから、企画とテーマを決めたいとなかなか書き出さないんですよ。」

福山さんが曲を作るときに、歌の中で、歌の登場人物がどんどん走っていくことはあるそうなんですが、それはたまたま、調子いい時だけなんだそうで…

F「自分のクリエイティブが、自分自身に対して非常に素直な気持ちで行われているときがそうなんだと思いますよ。ある意味リラックスできているんでしょうね。集中とリラックスと、二つできているんでしょうね。その時っていうのは、するするするっとできちゃうんですよね。ものすごくこう、考えていることが…思考していることが。思考ってやっぱり、『思考の海』『思考の森』と言っていいと思うんですけれども、すごくいろんな要素があって、ぶわーっと広がっていると思うんですよね。でもそれをある3分ないし5分くらいの中で言葉として抽出するのってさ、難しいんですね。」
S「いや、まあ、難しいんだろうなって想像はしますけれども。」
F「でそれってその、うまくいかないときってなんか無理してるんだよね。ちょっとカッコつけようとしてみたりとか、いいこと言おうとしてみたりとか。なんかうまいこと起承転結つけたろ、みたいな。そういう作為的な意図が働いているときっていうのは、なんか途中で止まるんだよね。『いいやもう別に、だれが見てるわけでもないからひどいもの作ったれ』みたいに開き直って作っているときの方が。」
S「じゃあ、その『長崎弁で作っちゃいなよ!』っていって作って、結局どうだったんですか?」
F「この歌も、ものすごく散漫といえば散漫で、どっちかというと散文なんですよ。」
S「歌詞の内容も結構バラバラで、よくわかんないんだけれども。でもそういうそのものすごく理路整然と説明を上手にうまくいっていなくても、言いたいことが、最初から最後までピシッと通っているものは大丈夫なんですよ。それがやっぱり、シンガーソングライターの強みであるなあ、という風に僕は思っているんですよね。」

『昭和やったね』は、アルバム制作過程の中ではかなり後半にできたんだとか。
「ソングライティングをやっているときの精神状態っていうのは、マラソンでいうとかなりゴールの近くにいたので。わりと流れで作れたんですよね。」ともお話しされていました。

アルバム『HUMAN』Disc.1の最後に収録されている、『昭和やったね』
『クスノキ』と対になっているというこの曲をお聞きになって、どうでしたか??
番組ではみなさんの感想を募集しています!

ちなみに、今回フルぶっかけはしなかった『246』については…

F「『246』っていうのは国道の青山通りのことで、国道246号線なんですよ。」
S「いわゆる都心のど真ん中を走っている。」
F「東京の大動脈ですよ。」
S「『246』ってね、『にーよんろく』って読みますけれども。『にゃくよんじゅうろく』とはあんまり言いませんよね。道路が曲名になっていると。」
S「道路の歌です。でもこの道路を作っているアスファルトの説明をしているわけじゃあ、ないです。道路そのものを賛美しているわけでも、ない。」

ということでした!!
謎のベールがどんどん剥がされていく『HUMAN』
アルバムをお手に取って、ぜひ福山さんの解説とともに聞いてみてくださいね♪
投稿時間:2014-04-08 17:23:42
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.