福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2014年3月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
3月24日 魂ラジレポート
「福山マリア会」メンバー求む



「私、福山雅治、あなたの、あなたのお陰で、デビュー25年目に突入しましたよ、お前ら!」

1990年3月21日にシングル『追憶の雨の中』でデビューされた福山さん。
今週は、25年目に突入して1発目の放送ということで、「24周年ありがとう」トークから始まりました。先日開設された、福山さんのツイッターのオフィシャルアカウントにもたくさんの「おめでとう」メッセージがあったようなんですが…

F「ありがとうございます、この熱い気持ちからくるお礼の言葉はですね、ツイッターではなく、やはり肉声でお届けさせて頂ければと思い…。改めまして、あなたのお陰なんです。ありがとうございます。」
S「25年目。」
F「もちろん、東芝様からも、届いております。」
S「綺麗なお花がねえ。」

そうなんです、今週の放送後に更新したスタッフ日誌に掲載したのですが(お花の写真はこちら→http://www.allnightnippon.com/fukuyama/blog/index.php?YMD=2014-03-23)、株式会社東芝様から素敵なお花を頂いたんです。ありがとうございます!

そして、全国の魂ラジリスナーの方からもお祝いメッセージがたくさん届いていました。

○ラジオネーム:まゆ(静岡県)
ましゃ、デビュー25年目おめでとうございます!!いつもどんな事にも全力で、挑戦し続けるましゃの姿を見て、私ももっと頑張らなきゃな、と元気やたくさんの勇気をもらっています。見た目だけじゃなく人としてもかっこ良くて、いつも人のためを考えていて、優しくて、面白くて、ときどきお茶目で可愛くて。そんなましゃが私は大好きです。これからもそんなましゃでいてくれたら、嬉しいです。フェニックス福山最高☆


四半世紀前の1990年にデビューされた福山さん。デビュー当時の事を振り返ります。1990年は、バブル景気の最後の年だったようですが…

F「一応、そうなの?その実感はなかったけどねえ。泡すら立たなかったからねえ、僕のデビューには。」
S「弾ける泡すら立たなかった?」
F「ないない。微発砲どころか泡一つ立たなかった。バブルなのに。」

とのことでした(笑)今年は、魂ラジ放送の前日がデビュー記念日だったそうなんですが、福山さんは何をして過ごされたんでしょうか?

S「デビュー記念日だった昨日は、もちろん。たくさんの人を集めて…?」
F「はい。僕んちの、あの有名なベルサイユ宮殿と言われるあの私の家で、舞踏会が。」
S「ああそうですか!(笑)今、日本の方で舞踏会を開く方ってあんまりいないと思うんですけれども。」
F「舞踏会が行われていましたねえ。」
S「みんな『国王おめでとう!』って言いながら?(笑)」
F「僕は昨日の夜はもちろん仮面を着けて。2階のテラス席から皆が踊っている姿を見ながら、『不死鳥』として背中に羽を着けて、皆さんの笑顔や喜びの声や、おめでとうの声に、背中の大きな羽を羽ばたかせながら応えていました。」
S「頭おかしくなっていますよねえ。」
F「おかしいですよね(笑)何もないですよ、別に。」

24周年の記念には特に何もしていないという福山さん。アミューズさんやユニバーサルさんからも特に何もなかった、というお話になったところで、ある事を思いつきます。

F「たぶん来年にとっておいてあるんじゃない?いわゆる25周年ということで。来年は25周年なんで、たぶん(アミューズの代表取締役の)大里さんが持ってる株の大半を僕に譲ってくれるんじゃないかなあ」
S「株でお祝いをもらうアーティストってすごいですね。」
F「僕は全然それで良いんですよ、それでも。」
S「もらってもいいわけですよね、株を。来年ね。」
F「もらってもいい、どころかもらうべきですよ(笑)」
S「真顔ですけども(笑)」

さて、そんなやり取りはさておき…
みなさんから本当にたくさんのおめでとう!という声が届いていたんです。

F「だから、おめでとうっていうメッセージに対する、お礼の言葉は肉声で申し上げたかったんです、何度も言うようですけれども。本当に、あなたのお陰なんです。デビュー当時の僕なんて、本当に、泡一つ立たない、『箸にも棒にも掛からない』という言葉を体現致しました。まさに、泣かず飛ばすという状態を人生でこれほどまでに体験できた人間は、少ないと思いますよ。」
S「誰からも期待されていない状態から、25年でここまで来た、っていうのはすごい事だと思います。」
F「もちろんね、そうは言いながらも、買ってくれた方はいるんですよ。『追憶の雨の中』を。」

1990年3月21日に発売されたデビューシングル『追憶の雨の中』の初回出荷枚数は2800枚だったんだそう。この日本のどこかに、このシングルを買い、引き続きずっと応援してくれて、魂ラジを聞いている。そんな、福山さんと一緒に育って来た人の存在を思い、福山さんが…

F「その人のことを、こう呼んでいいですか?…『マリア』」
S「ハハハハハ!」
F「聖母でしょ!それ、聖母でしょ。もしくは、菩薩でしょ?(笑)」
S「なんかそんな人に、ちょっと会ってみたいですよね。」
F「マリアに?」
S「マリアだけを集めて。何人かいらっしゃると思うんで、これ。」
F「マリア会?『福山マリア会』?」
S「25年間、1度も、浮気はしておりません、と。」
F「浮気はしてんな。」
S「いやいやいや、疑わないで。」
F「浮気してないわけがないじゃない、『福山マリア会』のマリアは1度浮気してるよ(笑)」

というわけで、デビューシングル『追憶の雨の中』から全てのシングル、全てのアルバム、そして全ての出演作品(映画&ドラマ)をチェックしている方、さらに、それらがDVD化されたら購入し、ツアーグッズも含めて福山さんが出したもの全てをコンプリートしている!という方は、ぜひ我こそは『福山マリア会』のメンバーである、と名乗り出てくださいね。

いくら福山さんファンといえど、1992年から1998年に放送されていた『福山雅治のオールナイトニッポン』の時から、現在の魂ラジ(『福山雅治のオールナイトニッポン サタデースペシャル・魂のラジオ』)、福山雅治のSUZUKI Talking F.M.や、福山さんがラジオを始めたFM横浜『福山雅治ロックエイジ』 などすべての番組を制覇している方はいないだろう、という結論に。
しかし…

F「それをすべてコンプリートしている人が1人だけいるんです。…僕です。(笑)」
S「(グッズを)持ってます?」
F「持ってないけど、すべて開発には携わってるんで。あれだけ大量に作って売れなかった、フィギュア『Masaharoom-mate(マサハルームメイト)』。大量に在庫を抱えたといわれるあの伝説のグッズ。福山雅治フィギュア、Masaharoom-mate(マサハルームメイト)。」
S「あれはすべったらしいですねえ。」
F「でも買ってるよ、マリアは。」
S「そういう人いるんだろうなあ…。」
F「もしいらっしゃったら、ね。」

我こそは「福山マリア会」メンバーになれる!という方がいらっしゃいましたら、是非番組までメールを送ってくださいね。

福山さんデビュー25年目を迎えられた福山さんですが、魂ラジも3月25日で放送開始から15年を迎えます。これからも魂ラジをよろしくお願いします(^^)



投稿時間:2014-03-24 22:47:39
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.