福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2014年3月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
3月19日 魂ラジレポート
今度の土曜、新曲『クスノキ』を宇宙初フルぶっかけ!

いよいよ2週間後となりました!4月2日に発売となる、5年振り11枚目のオリジナルフルアルバム『HUMAN』。魂ラジではどこよりも先駆け、収録される全18曲の中からタイトルチューンの『HUMAN』『暁』そして『恋の魔力(セルフカバーver.)』とリミックス・リマスタリングでお色直しされた『GAME』の4曲を4週に渡り、フルぶっかけしてきました。
なかなかご紹介することができずにいたのですが、1ヶ月振りの生放送となった今週、全国のリスナーの方々から届いていたたくさんの反響メールの一部をご紹介させて頂きました。


ラジオネーム:ユウキ(岡山県)
こん『暁』!『暁』とっても良い曲ですね!!聴いていて、荘厳な気持ちになりました。それでいて、まるで私たちに歌ってくれているかのような、身近な感じもしました。「希望」だけを歌っているわけではないのかもしれませんが、「信じる」というメッセージが込められているので、背中を押してもらえる曲だと思いました。自分のことを、ひとりでも信じてくれる人がいたら、人は強くなれるし、頑張れると思います。『暁』はそんな風に勇気を与えてくれると思いました。


 『暁』の初フルぶっかけ後にも、「辛い現実や日々を送っているからシビアな歌は聴きたくないし、触れたくない。夢物語だけの歌が聴きたいっていうのも、本当だと思うんです。ただ今、僕自身が、そういう歌を歌いたいか?というと、やはり甘いだけで終わる歌というよりも、現実はシビアなんだ、ということを踏まえた歌じゃないと、今はなんか歌えない感じなんですよね。この、45歳、2014年、東京に生きる自分としては」と話されていた福山さん。その想いが特に強く現れている「ラストの3行」について改めてこんな風に話されていました。

F「もちろん『希望』を歌っているんですけども…。同じ朝日にしても、『希望の光』に感じる人もいれば、全くそうは思わない、『ただ日が昇っているだけ』って思う人もいる…同じ雨が降っていても、『これはただの雨』と思う人がいれば、『悲しみの雨』って思う人もいる…っていう。でもやっぱり、希望にしろ、そこに向かって走っていく原動力にしろ、それはやっぱり何かがくれる、というよりは自分の中から生まれてくるもので、自分の中に生きているものなんじゃないかな?っていう意味合いですかね。」

 そんな『暁』のラスト3行にも通ずるやもしれぬと、福山さんが語り始めたのは、先日のソチ五輪を見ていて感じたというこんなお話でした。

F「ソチ五輪で金メダルを獲得された羽生選手が、ショートプログラムの時にすごい演技で、すごい得点を出したじゃないですか。本当に素晴らしい演技だなあと素人ながら感動していたわけなんですけれども、演技後のインタビューで、(出身地の仙台について質問されて)羽生選手が『すごく喪失感、無力感を感じました』って答えてたんです。『なんでなんだろう?』って思って聞いていたんですよ。そうしたら、『僕は、僕自身が、メダルを取るようなすごい演技をすることで、少しでも(東日本大震災の)復興の力になれればと思って、頑張ってきたんです』と。でも、『結果としては、自分がどんなにすごい演技をしようが、世界から評価されようが、復興はこんなに進んでないんだ、っていう現実を知って、すごく無力感を感じました』っておっしゃっていて。これってすごいことだな、と思って。」



 たとえ束の間であったとしても、悲しみにくれていたり、辛い想いをされている方の心を明るくしたり、辛い現実を忘れさせるだけのパフォーマンスをしているはずの羽生選手。にもかかわらず、そんな喪失感や無力感を抱いてしまったという背景に、羽生選手がどれほどの復興への強い思いと集中力で練習を積み重ねてきていたかを福山さんは感じたんだそうです。そして改めて「世界の頂点に昇るトップアスリートはみんな同じ感覚を持つんだな」と。



F「今から14年前ですか、シドニー五輪の時に、マラソンの高橋尚子選手が、金メダルを取った次の日にシドニーの町をランニングされたそうなんですが、その時のことをインタビューでこう答えていたんです。『私は世界一になったし金メダルも取ったんだけれども、今日も変わらずこの空は青くて、町もいつも通り動いていて。昨日まではただのランナーで、昨日世界一になって、私は何もかもが変わったような気がしたけれども、世界は何も変わっていないんだなって言うことを感じて、不思議な気がしました。』と。それって、すごいなと思って。(高橋選手も羽生選手も)いろいろな思いはあるんでしょうけども、それくらいものすごい思いで、集中してやってきた何年間かがあって、五輪という現場で最高のパフォーマンスをした結果、その気持ちになる、っていう…すごいなあと思って。感動したんですよ。」


 そんな福山さんの話を受けて放送終了後には『世界のトップアスリートたちが、『暁』の「ラスト3行」にどんな想いを抱くのかを想像してしまいました』というメールも寄せられました。
 ラジオの前のあなたはどんな想いを抱きましたか?『暁』を始めとする新曲についての感想や質問、まだまだ受付中です。


 そうそう、ちなみに新曲『暁』は同じくアルバムに収録される『HUMAN』とともに本日19日より、アミュモバDX、レコチョクにて着うたフル先行配信中です!宣伝です(笑)!


そして、今度の土曜には、ニューアルバム『HUMAN』 から書き下ろしの新曲『クスノキ』を宇宙初フルぶっかけします!DISC.1の1曲目に収録されているこの曲について福山さん自身も「アルバム全体のヒントには確実になる!」とおしゃっていたこのナンバー。いったいどんな楽曲なのか?

あと3日間、震えて待っていて下さい!


投稿時間:2014-03-19 18:02:16
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.