福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2014年3月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
3月12日 魂ラジレポート
I’m with U 〜震災から3年〜

昨日の3月11日で東日本大震災から3年を迎えました。



2011年4月9日にニッポン放送ラジオ・チャリティ・ミュージックソンSPとして放送された「I’m with U キミと、24時間ラジオ」。
(→http://www.1242.com/program/mthonsp/


あれから3年、東日本大震災のあとに放送した24時間チャリティラジオから、
不定期にお送りしている『I’m with U』を、今週の魂ラジでもお送りしました。



3年経った今、東北はどこまで復興しているのか?
まずは荘口さんから復興庁発表の最新のデータを紹介して頂きました。


「瓦礫は91%、津波の堆積物は82%が処理され、道路の復旧は昨年11月の段階で80%が着工済み。
三陸鉄道が4月に全線復旧するなどしている鉄道は、福島の沿岸部を含む300km近くが運休状態です。
高台移転などの新たな町づくりは、81%の住民が同意、64%が着工していますが、完了しているのは5%のみ。復興住宅は61%が着工していますが、完了しているのは2%のみ。未だ27万人近い方が仮設住宅や他府県で避難生活を強いられています。また、行方不明の方は2636人おり、現在も捜索が進んでいます。震災後の肉体・精神的疲労が原因で亡くなったり自殺に追い込まれたりした震災関連死は被災した3県あわせて3千人近くに昇っており、
被災された方々の心のケアが大きな課題となっています」



しかし、こうした数字ではひとり1人の暮らしがどうなっているのか。どんな想いで日々を送っていらっしゃるのかまでは見えて来ないものです。そこで…。



F「先月は年末の大感謝祭に、生徒達による手作りの横断幕を送ってくださった、
石巻は住吉中学のガッテム竹内先生からの近況メールを紹介しましたが、
今夜は24時間ラジオで出逢った他のリスナー方々からも、3年目の近況報告メールが届いてますのでご紹介させてください。」

まずは、大河ドラマ『龍馬伝』の撮影でお世話になった、
大船渡にあるカレーうどん屋さん「百樹屋」の由紀子さんからのメッセージから。



********

あれから3年。
もうすぐ春を迎える大船渡は、
港に行けば工事を進める巨大クレーンが、
お披露目秒読みの新しい魚市場が、
24時間営業の牛丼屋さんがオープンし、
スーパーの営業時間も朝夜1時間ずつ伸び、
ようやく繋がった線路も列車を走らせるために点検中です。
しかし、以前の私共の店の前は今も辺り一面まっ平ら。
何も変わりはありません。

先日、悲しいような、嬉しいような、こんなことがありました。
店に毎日のようにランチに見えられる男性の方がいます。
奥さんも娘さんも未だ行方不明です。
3月3日には「桃の節句だなあ〜。結婚記念日だったなあ」と、
家族ですごしていた夕食のことを思い浮かべていらっしゃったのですが、
翌日、その方がカウンターで煙草に火をつけ、こう言いました。
「見つかった。娘だとわかった。昨日県警から連絡があって…」
流された自宅の傾いた二階のタンスから持って帰ってきていた、
「へその緒」が娘さんだと証明してくれたんだそうです。

震災から3年。
魂ラジリスナーの方々にもたくさんお会いすることができました。
去年の夏、石川県から訪ねてきてくれた中学校の先生。
その後の授業で被災地の様子を生徒さん達に伝えてくれたそうです。
その時の生徒さん一人一人の感想文が私の元にも送られてきました。
正直な、ストレートな文章に元気をもらいました。

ラジオが結びつけてくれた様々なご縁。
誰かに見守られていると思えるだけで心強いです。
ありがとうございます。
皆さん、今後ともどうぞよろしくお願い致します。」

********



由紀子さんから送られてきた写真には、
新たに舗装されて綺麗になった道路や、新しく建て変わった建物や、新築の家などが写っていました。

しかしそれらは未だ造成された状態のままで…


F「先日ね、魂ラジにも遊びにきてくれた、アミューズの女優さんの平田薫さんも、実家が宮城だそうで。『陸前高田に行ってきました』って言うので、『どうだった?』って聞いたんですよ。そうしたら、『何もないんです。まだ本当に、色んなことが進んでないんです』っていうことを、教えてくれました。」




続いて、福島県の香織さんからもメッセージをいただきました。



********



福山さん、45歳ですね。
私も、45歳です。
もっと大人だと思っていましたが、なってみるとそんなでもない感じです。
我が家は、来年、長男が中学校、次男が小学校を卒業。
それに合わせて、震災前に暮らしていた、広野に帰る方向に気持ちが流れつつあります。
(広野町は2012年3月31日に避難指示が解除しています)
まだまだ街の人半分以上戻ってきていませんし、不安ですが、
自分たちの居場所はやっぱり広野なんだと感じ始めたので、
帰還にむけて、頑張っていこうと思います。

********



F「そうですか。あのー、広野に帰る予定である、ということで。やっぱり、自分が生まれ育った故郷というのは、歳を取れば取る程、必要だと感じるようになりますよね。僕も故郷(長崎)に帰るか、って言われると、ちょっと違うんですけど、じゃあ、帰っちゃ行けません、入っちゃ行けませんよ、と言われると、自分のルーツを一気に失った気がして…不安になりますよね、たぶん」
S「移られた先でも新しい生活を始めた方ってたくさんいらっしゃるでしょうし…」
F「やっぱり、人間ね、年齢を重ねれば重ねる程、タフになっていく部分もあれば、すごく弱くなっていく部分、っていうのもあると思うんですよね。環境が変わる、ということに関して、そんなに急にすぐに順応できなかったりしますからねえ…。」



こうしたメッセージを受けて、今週の魂リクは「I love you& I need you ふくしま」をお送りしました。


被災された方々に少しでも笑顔をお届けできるように…
これからも魂ラジでは、引き続き皆さんとつながっていきたいと思っています。
投稿時間:2014-03-12 21:50:12
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.