福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2014年3月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
3月5日 魂ラジレポート
福山雅治、新曲『HUMAN』を語る
いよいよ発売まで1ヶ月を切った福山さんの5年振り11作目となる4月2日発売のアルバム「HUMAN」。先週はその中からタイトルチューンの『HUMAN』を宇宙初フルぶっかけし、全国のリスナーの皆さんからたくさんの感想と質問を頂いたんですが、LOCK ONの為紹介することができませんでした。本当にごめんなさい。一週遅れとなりましたが、今週皆さんからのメールを交えながら、福山さんに『HUMAN』に込めた想いをたっぷりと語っていただきました。

まずは、こちらのメッセージ。

○ ラジオネーム 夜の三冠王(埼玉県)
「こんHUMAN!HUMAN宇宙初フルぶっかけ聴きました!
野口聡一さんのお話を聞いた後だからなのか、今までの楽曲にはない壮大な宇宙観を感じ、常に真実への冒険者、挑戦者であるましゃ兄の背景がよくわかるタイトルチューンだと感じました。その中で出てくるイデオロギーという言葉、社会とか政治とかいろんな意味の総意ですがましゃ兄はどんな意味を込めてこの言葉を選んだのでしょうか?気になったので教えてください!」

F「ものすごく簡単に言うと、よかれと思ってやっていることが、ぶつかりあっている、ということですよね。」

右や左などの考え方や、「被害者意識」「加害者意識」などの意識がある中で、多くの人が被害者的な気分を抱いたり、加害者的な気分を感じてしまったりすることがあると思う、と言う福山さん。一例として挙げた「地球温暖化」の問題では、『過剰に先進国が経済競争をしていった結果、生産力を高めすぎた故にそこから排出されるエネルギーの廃熱や排煙や二酸化炭素といったものが、オゾン層に穴をあけ、地球が温暖化している』という人がいれば、『長い長い地球の歴史をみれば、別にこれは普通』という人、さらには『地球温暖化んてしていない』という人もいて…

F「情報が得られるようになればなるほど、何が本当で何が嘘か、っていうのは

逆にわかんなくなってきてしまう、そんな中で、大体の人は、自分なりの正しさや、自分なりの幸せ、自分が思う「人に対する優しさ」で、生きていこうと思いますよね。自分も、社会も、良くなればいいな、と思って生きているわけですよ。でも、これだけ人が集まると、揉めるんですよね。、お互いがよかれと思ってやっているのに。だからまあ、歌詞の中では『もつれ絡まったイデオロギー』って言っていますけれども、その前後に登場する、『正義と正義が衝突する』と。正しいと思っていること同士が衝突しているわけですよ。よかれと思っているから、もつれ絡まっちゃうんですよ。なんとなくの民意と総意で、少しずつ動いて、変化していくんですよね。」
S「なるほど…。そういう意味だそうです。」
F「イデオロギーに込めた意味はね。」

また、NHKスペシャル『ホットスポット・最後の楽園』で貴重な生態系が残された世界各国の自然を旅している福山さんは、その旅で見聞きし、感じた人間以外の、動植物の命に対する「想い」なども、この新曲「HUMAN」に込められたそうです。

F「もうちょっと、違う表現の仕方をしていた方が、音楽として、あなたの生活の中にお邪魔できる、そばに置いておける音楽になるんじゃないかなと思って、あんまりそういった言葉は歌の中に入れてこなかったんですけども…今回ちょっといれてみようかな、と。」

そんな『HUMAN』をタイトルチューンとするアルバム全体についてもたくさんの質問が寄せられています。

○ ラジオネーム けいまる(神奈川県)
こんHUMAN!待ちに待ったNewアルバム。5年待った分すっごく楽しみです。今回のアルバムの“ここがポイント”はどんなところですか?

F「そうですねー…語ると長いですよ。言うなれば、『45歳の当事者意識』っていうことですよね。この東京という街、この日本という国、この今の世界というものに、2014年に生きる自分として、社会に参加している意識、ですかね。自分たち(40代という、その世代)が、自分の立ち位置でちゃんと表現していかなきゃいけないな、と。一応よかれと思って、少しでもいろんなことが良くなれば良いな、と思っているわけですよね。」

たとえば、介護施設や病院など、社会の中で誰かから手助けをしてもらわなければいけない状態にある人たち、及びそれを取り巻く環境にというものが、以前よりは良くなっているかもしれないけれども、もうちょっと良くなったら良いのに、と。もうちょっと色んなものが良くなったら良いのに、等と思うことがあると語る福山さん。しかし…

F「その反面ね、電気というエネルギーを使って、四季折々の日本に住んでいるのに、こんなに自分たちが寒暖差を感じずに生きていける自分たちもいるじゃない?こんなに楽で快適な生活をしていて、いいのか?っていうね。でもそれをいきなりは捨てられないしな、とか思うわけですよ。ホットスポットで、結構過酷な環境で生活している人々や生き物たちをみると、そういうことも考えたりしますね。だから、ただただ、自分たちが思う『豊かさ』って言うものを追求すれば良いか、っていうと、その『豊かさ』っていうのは、経済を回していく上では正しいのかもしれないけれども、それ故に失われていく自然環境、っていうものも世界にはあるわけですよね。だから、よくなっていけばいいのに、って思いながらも、全部やめて、暖房も電気も要らない、必要最低限の火だけ炊いて生きていこう、って言うわけにもいかないじゃないですか。僕らは。さてどうしたもんかな、っていう…とこがポイントですかね?」

アルバム全体のコンセプトにもつながるという今回のお話。
もっと全貌がわかってきたときに、『ああ!そういうことか!』と合点がいくでしょう、と含みを持たせながら話していた福山さん。ラジオの前のあなたもニューアルバムの発売がますます楽しみになったのではないでしょうか?
しかて…

F「まだ(アルバムは)できてないんですよ。でもできることは見えているんです!そういうのってあるじゃないですか!そういうのって。」
S「出来上がりが、見えてきた!!」
F「そうそうそう」

そんなアルバム制作中につきLOCK ONが続いている魂ラジですが、
メールの方は随時受付中です!
『HUMAN』『暁』の質問・感想メールもまだまだお待ちしてます!

メールは
masha@allnightnippon.com

今度の土曜はアルバム『HUMAN』の中から、こちらも楽しみにしている方が多いドラマ「ガリレオ」主題歌に『恋の魔力』のセルフカバー版がいよいよ宇宙初フルぶっかけです!お楽しみに!
投稿時間:2014-03-05 18:44:36
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.