福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2014年2月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
2月20日 小原信治の草の根広告社
『宇宙なんか大嫌い』

「宇宙なんか大嫌い」
 そのセリフがとても印象的だったのは、映画「ゼロ・グラビティ」だ。今更?と言われるかもしれないが、年末は忙しくて観れなかったのだ。んでやっと観た。もちろん3Dだ。

 国際宇宙ステーションで働いていたサンドラ・ブロック演じる女性宇宙飛行士が不慮の事故に遭遇しながらも、たったひとりで地球に帰還しようとするというとてもシンプルなストーリーだ。いわゆる感情を揺さぶられるタイプの映画ではないけど、体感型エンターテインメントとしてはとても楽しめた。自分自身が宇宙を漂っているような感覚で、何度も手に汗を握っていた。宇宙の風がこんなに強いなんて知らなかったし、宇宙で地球のラジオ放送が受信できるなんて知らなかった(行ったことないから実際のところは知らないのだけれど)。

 そんな物語の中で、帰還を諦めかけた主人公のサンドラ・ブロックが呟くのが冒頭の「宇宙なんか大嫌い」というセリフだ。子供の頃から宇宙を舞台にしたアニメや映画はたくさん観て来たつもりだ。どの主人公たちも宇宙空間で命を脅かされるような大ピンチに遭遇し、そのたびに勇気と努力で乗り越えていた。でも、僕の記憶が確かならば今までそんな大ピンチの際にだって「宇宙なんか大嫌い」だとか「あーあー、宇宙なんか来なきゃ良かった。地球でのんびりしてりゃ良かったよ」等と言った登場人物はひとりもいなかったんじゃないだろうか。ただひとりいるとすれば「ドラえもん」ののび太くんくらいじゃないだろうか。

 僕はこの台詞を「大嫌い」といえるぐらい宇宙が人類にとって身近な存在になっているんだと解釈した。好きな仕事をしている人だって一度くらいは辛くて辛くて「もう辞めたいよ」とボヤいたことがあるだろう。イチロー選手だって一度ぐらいは「野球なんか大嫌いだよ」人知れずボヤいただろうし、浅田真央選手だって「スケートなんか大嫌い」と心の中で呟いたことがあると思う(なかったらごめんなさい)。つまり宇宙が日本人のとっての大リーグやオリンピックと同じぐらい(というのは言い過ぎだけど)の夢になったということだ。手の届かない遠い存在ならば「好きだ嫌いだ」なんて議論は成立しなかっただろうが、今は「好き嫌い」が言えるぐらい手の届くリアルな存在だということだ。

 映画「ゼロ・グラビティ」で描かれていた国際宇宙ステーションでの業務はまるでこれまでの宇宙映画では考えられないぐらい地味なものだ。宇宙空間でステーションのボルトを締め直したりしている姿は地球なら単なる日曜大工だ。でも、そんな地上なら単なる日曜大工のような作業さえ、宇宙空間では命駆けのミッションなのだ。近い存在になった分、まだそこで人類はヨチヨチ歩きの存在でしかないという現実も明らかになってきたと言えるだろう。

 ここ数年、若者の多くに「高いお金を出して危険な場所にいってマズイ飯を食うくらいならずっと日本でいい」と海外旅行に行かない傾向があることが話題にのぼるが、同じように「人類はなぜ宇宙に行くのか?」という議論も各所で行われている。反対意見の中には「高い税金を投資して危険な目に遭う宇宙になぜ行く必要があるのか?」「そのお金を社会福祉や復興支援に使った方が有意義なんじゃないか?」などの合理性を問うものも少なくない。

 「宇宙なんか大嫌い」と言えるまでの存在になったからこそ、人類が宇宙に行く意義と必要性を、僕らは改めて考える時期に立っているのかもしれない。

 今週の魂ラジは2008年以来2度目の登場となる宇宙飛行士の野口聡一さんを特別ゲストにお迎えしての「W宇宙スペシャル」だ。2度も宇宙に飛び立ち、すなわち2度も大気圏を突入して地球に帰還された野口さんに、日本人最長の177日も宇宙に滞在されていた野口さんに、「人類はなぜ宇宙に行くのか」をぜひとも伺ってみたい。そして、野口さんも一度くらいは「宇宙なんか大嫌い」と思ったのかどうかも。

 そして、もうひとつの宇宙は、昨日、脳内MRIの格好良いジャケット写真とともに発表された福山さんの5年振りのオリジナルアルバム『HUMAN』から、表題曲『HUMAN』の宇宙初フルぶっかけだ。「広がり続ける宇宙」と言われる福山さんの最新の脳内を覗き込めるような楽曲であること間違いなし!だろう。

 というわけで今週の魂ラジでは、宇宙飛行士・野口聡一さんと一緒に考える『人類はなぜ宇宙に行くのか?』に対するあなたのご意見や野口さんへの質問、そしてその全貌が明らかになった福山さんのニューアルバム『HUMAN』のジャケットやレコチョクさんの着うたで今すぐ予習できる『HUMAN』『暁』の感想や質問をお待ちしています。できれば明日の夜までに送って下さい!

小原信治
投稿時間:2014-02-20 12:11:17
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.