福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2014年1月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
1月29日 魂ラジレポート
魂ラジ恋愛論〜恋とは“面倒”なものだ〜
若者の恋愛事情を探りたい!
ということで「恋愛」をテーマにメールを募集した今回。

「あなたのことを友達としてしか見られない」

という告白の断り方に「じゃぁ友達以上に見られるにはどうすればいいの?」と悩んでいる男子リスナーの相談をきっかけに、男女間で恋愛に対する認識が食い違っていることが明らかに。
そこに存在するギャップはなんなのか?
さらに論を深めるため、福山さんがある仮定をおいて話始めます。

F「『友達以上じゃない』とか『自分はこう思うのに、相手はそうじゃない』とかありますけど、異性でご飯に行く行かないっていうのが一つあったとしましょう。」

「2人で夜ご飯にを食べに行こう」というお誘いがあったと仮定してみて下さい。(仕事の付き合いは抜きにします)
そのときあなたは、好意のある相手ではなくても一緒に行きますか?
それとも断りますか?

F「僕が思うに、男性が2人で夜ご飯に行く時に、なんとも思っていない女性を誘うことはまず無いと思います。でも女性は、なんとも思っていない男性ともご飯に行くことがあるという発言やメールを見受けることができたんですが、本当なんですか?」

何の迷いもなく「はい」と答える女子スタッフ。
この回答に「そんなの餌を食べてるだけじゃん!!」「なんとも思っていない人と2人きりで辛くない!?一人でラーメンとかカレー食べた方がよくない!?」と問い詰める福山さんと荘口さんでしたが、女性陣は何食わぬ顔で「そんなことはない」とばっさり。

おごってもらえるわけじゃなく、割り勘だったとしても行くと言う女性陣に、ただただ驚く男性陣。スタジオが完全に二項対立状態です。

F「じゃぁ何で行くの!?」
S「割り勘だったら興味を持てる人と行った方がよくないですか?おごってもらえるなら分かりますけど。」
F「なんとも思っていない人とご飯だけを食べに行くっていうのは、男は無いよね。仕事の流れとかはなしにして。」

なんとも思っていない女性と2時間近くも2人で過ごすことなんてできないと主張する福山さんに、男子スタッフも賛同。
さらにここから、男女の認識の差が如実に表れることに。

F「相手が自分に好意を持っているかもってことくらい分かるでしょ?」
S「もちろん分かってますよね?」

首を振る女子スタッフ。
「ご飯に誘う」=「好意がある」と解釈しているのは男性の方だけの模様。
どうやらこの時点で「友達」と「好意のある相手」というズレが2人の間で生じているようです。

F「分からないっていうのは失礼だと思うんだ!いくらなんでも分かるでしょ、多少は。気があるのかなって。」
S「そうですよ!」
F「分からないっていうのは鈍すぎますよ!!そんなセンサーとか感度で生きてちゃダメですよ!人付き合いとして。」

なんだか責められ始める女性陣。
反論するかのように「好意を分かっていたら2人でご飯に行かない」と答えるものの…

F「いやいや、2人きりで行くっていうのは絶対に男はなんかしらありますよ!」
S「感度が鈍いなら『どうでもいい人とは絶対に行かない』ってしてもらわないと。」
F「行かないであげて下さい!生まれなくていい悲劇が生まれますから。」
S「事故が起きることがありますから、気を付けてください。」

2人でご飯に行った後、いい感じだと思って告白をすると「そんなんじゃない。友達だと思っていた。」というあの恐怖の言葉が返ってくる悲劇が訪れることに…。
みなさんもこんな経験はありませんか?
今週はこの実態をさらに調査するため、
「あなたは恋愛対象じゃない人に誘われたら、2人で食事に行きますか?」
というテーマで魂ラジ国民投票を行っています。ぜひ投票を!

続いては若者の恋愛傾向がよく表れているのかもしれない、こんな相談メール。

○ラジオネーム:シンちゃん(東京都)
「僕は21歳の大学生で今までに1人と付き合いましたが、デートをすることなく1か月で別れてしまいました。「恋愛したい!」と思っていても、いざ行動に移すのが面倒くさいというか…。もし彼女が出来たらいろいろ大変なんだろうなと、周りのカップルを見て思います。男友達も「彼女ほしい」と話しつつ二言目には「面倒くさい」という言葉が出てきます。僕自身も元カノとやり直せたら…なんていう気もありますが、一歩を踏み出せないという状況です。こういう男子が20歳前後には多いんじゃないかと思います。」

F「まぁ…ある意味、真理ですからね。」
S「そう言ってしまうと…(笑)」
F「言い方悪いですけど、恋愛は面倒くさいものですよ、正直。気も遣うし、気も遣われるし。」
S「他人とずっと一緒にいるわけですからね。」
F「その面倒くささを楽しめるのが、恋愛で脳からドーパミンが出ている時だけですから。」
S「いわゆるハッピーだけですべてのものが楽しく思える状態。」
F「言葉は悪いですけど、面倒な部分は恋愛にはあると思います。それはきっと結婚もそうでしょうけど。」
S「やりたいことが出来なくなったり、相手に合せたりするわけですからね。」
F「人間関係って言うのは往々にしてそうで、さらに並列の、横並びの人間関係って言うのはさらに面倒くさくなるんですよ。」

従来の会社が成り立つのは、縦並びだからであり、組織として社長・部長・課長と関係性が明確になっているからだと(もちろん、上下関係のないフラットな新しい会社のあり方も登場していると補足したうえで)説明する福山さん。

F「その良さを追求したり、ときめきだと感じたり、真の意味での信頼関係だと感じさせるのが恋愛の良さであり、面倒くささでもあるわけですから。」
S「一方で、女性が『どんな人と恋愛がしたいですか?』って質問に『私を成長させてくれる人』って言いますけど、あれって男性は言いませんよね?」
F「いつまでその発言を女性はする気なの? 今も女性にはあるんですか?」
S「私をもっと上のステージに引き上げてくれる人っていう要求が。」

確かに「成長できるような恋がしたい」という声は少なからず聞きますよね。
一体これは何を意味しているのか?
女子国民からの回答をお待ちしています。

そしてこの他にも、こんなメールが届いていました。

○ラジオネーム:SHOXILE feat.ましゃ(東京都)
「僕は20歳で童貞ですが、友達には恥ずかしいので付き合った人数を2,3人と嘘をついています。中学の時に好きな人に2回告白したけど『顔がブサイクだから嫌だ』と言われ女性恐怖症になりました。周りからは溝端淳平くんに似ていると言われますが、一切モテないので、みんな自分が童貞でかわいそうだから嘘を言っているのだ思っています。」

○ラジオネーム:ハナッ(埼玉県)
「私は今彼氏がいません、というよりあまり欲しいとは思いません。一番の原因は男子が女子みたいで男気が感じられないからです。クラスの男子は女子よりノートがきれいで引いてしまいます。草食系男子についてどう思いますか?」

○ラジオネーム:かなえ(大阪府)
「私は中高6年間女子校で、大学になったら彼氏の一人くらいはできるだろうと思っていました。ところが共学の大学に入ってはや3年、全く何もありませんでした。待っているだけではダメだと分かっているんですが、まわりに自分からアプローチしたい素敵な人はいません。はっきり言って私は美人ではないですが、可愛いと思います。清楚で小柄で誰にでも優しく接しているので、ひとりぐらい好いてくれてもおかしくないと思うんです。」

○ラジオネーム:よしなお(福岡県)
「自分は16年間彼女がいません。それもそのはず、自分はアイドルが好きだからです。クラスのアイドル好き友達と女子の前で話をしています。彼女よりもアイドルです。」

○ラジオネーム:はな(東京都)
「私は恋愛は別に必要じゃないと思う若者のうちの一人です。時間を割くのがもったいないと思ってしまうからです。以前お付き合いした方はいましたが、一人と長く過ごすより、たくさんの人と一緒にいた方が充実しているなぁと思ってしまいます。時間があれば、勉強したり趣味のために時間を使ったりした方が自分のためにもいいのではという気がしてしまいます。」


みなさんはどれに共感できますか?
この「恋愛」をテーマとするメール、引き続き募集します!
今回の放送を受けての話はもちろん、

「『今は恋愛したくない』っていうフラれ方は、時期が来るまで待てば可能性あるの?」
「『彼女と別れるから付き合ってほしい』って言う男子の本心って?」

など、質問や相談もお待ちしています。

メールは
masha@allnightnippon.com
まで。

たくさんのメールをお待ちしています!
次回の魂ラジもお楽しみに(^^)
投稿時間:2014-01-29 14:49:50
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.