福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2012年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
7月24日 魂ラジレポート
『GAME』TVver.宇宙初ぶっかけ
テレビ朝日系列ロンドンオリンピック公式テーマソング『GAME』テレビバージョンを宇宙初ぶっかけした今回。
待ち望んでいた国民のみなさんからは、大量の感想メールが届きました。
「テレビが賑わってるから今夜は聞いてる人が少ない」という福山さんの予想が、絶対に違っていると思えるほど(笑)

感想はいろいろで、
「めっちゃかっこいい!!この夏は『GAME』で決まりだ!!」という方から
「なんか意外でした!」という声も。

荘口さんは後者だったようです。

S「意外な感じでしたね。」
F「そうですか?」
S「今までの『HEY!』とか『HIGHER STAGE』は疾走感のある歌でしたけど、今回は最初からネットリとしたギターで、陽炎の向こうに何かがあるような感じでし。」
F「オリンピックのテーマソングは3回目になるから、今までのような外側に開いて走り出す感じではなくて、内側の自分と向き合う形にしました。」
S「なるほど。」
F「ギター2本だけでやってるんですよ。」
S「えーそうなんですか!?」
F「サウンドも贅肉を落として、筋肉たっぷりな感じにしました。歌の内容は、『もし自分が日本代表になったら、こうやって自分を鼓舞できたらいいな』というのを想像して作ったものです。」
S「アスリートの中で脳内再生するような歌になれたらいいですね。」
F「そうなったらいいな。でも他の方の楽曲の方がそれには合う気もするけどね…(笑)」
S「他の方のもチェックしてるんですね。」
F「一応してますよ。」
S「でも競技前に、自身のフラストレーションと戦ってもらうのにはいい曲だと思います。」
F「オリンピックだけでなく他のスポーツ大会を通じても思ったのは、勝つのはもちろんだけど、負けたときでも栄光や完全燃焼感はあるってこと。だから自分自身を鼓舞する内容になったらいいなと思うのと同時に、人生に対しても語れるようにそういうニュアンスも含みました。」
S「こないだ海外行ってる間には手直しを施すって言ってましたけど、それはどうなったんですか?」
F「歌詞を若干変えました。あとギターも未だに迷ってる部分があるんだよね(笑)」
S「リリースのときにはやはり変わってる可能性が…。」
F「はい(笑)今のところはこのままだと思うんですけどね。」

まだまだ変更の可能性があるということで、このバージョンを聞けるのはかなり貴重なのかもしれません。

そして『GAME』に関する話題は続きます。

S「『GAME』というタイトルは?」
F「現場のアナウンスでは『オリンピックゲーム』って言ったり、メダリストじゃなくて『オリンピックチャンピオン』って呼んだりするのを取り入れました。」
S「あ、そうなんですか。」
F「日本ではGAMEって言うとテレビゲームのイメージが強いけど、本来は『競い合う』という意味の単語ですから。」
S「タイトルはすぐに決まったんですか?」
F「んー割とね。」
S「絞り出すわけではなく?」
F「歌詞の中にタイトルに出来る言葉がいくつもあったので、割とすぐに決められました。」
S「曲全体もあまり時間がかからずに完成?」
F「…。苦労してる時間が無かったかな。」
S「それ言ってる顔がせつなかったな…。」

海外を飛び回っていて忙しい日々を送っていた福山さん。
なかなか曲のアレンジにかける時間がなかったよう。
ここで驚きの事実が明らかになります。

F「正直、昨日ワオペダルの調整をやってたんです。」
S「昨日ですか!?出来立てですね。」
F「クライベビーっていうビンテージものを持ってる人がいたので、それを使ってやってました。イントロでは高音のフレーズに普通のワウペダルを使って、低音はビンテージ。いろいろ試したけど、その組み合わせが一番よかったんだよね。間奏はギター1本とクライベビー。」
S「それをすべて昨日終わらせたと。」
F「だって俺バタバタしてたじゃん。ブラジル行ったり、上海でレッドカーペット歩いたりさ。」
S「またホットスポット行ったりね。」
F「仕上げにかける時間が無かったんだよね。」
S「そりゃぁラテ欄は間に合わないわな。」

実は『GAME』のぶっかけは番組予告されてませんでした。
知らなかったリスナーの方は相当驚かれたようですね。

S「アレンジ前のバージョンも聴いてみたいですね。」
F「それは着うたで聞けますよ。」
S「あぁ、じゃぁ聞きたい方はそちらですね。」
F「そう。着うたの方でお願いします。」
S「今回もまたいろんなバージョンがあるけど、また最終形はさらに変わるかもしれないんでしょ?」
F「まぁ、おそらくね(笑)」

ロンドンオリンピック開幕直前で日本中が盛り上がりを見せる中、代表選手たちが奮闘する裏で福山さんの闘いもまだまだ続くようです。
みんなでその完成を待ちながら、『GAME』テレビバージョンとともに、日本選手のオリンピックでの活躍を応援しましょう(^^)

投稿時間:2012-07-24 21:26:09
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.