福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2011年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
7月27日 魂ラジレポート
東北魂・サンドイッチマンさん登場!

今回魂ラジが放送された7月23日、いつも魂ラジをネットしてくださっている東北放送さんではチャリティーイベントの開催と合わせ、午前10時から「TBC 32時間ラジオSmile Again」が放送されていました。今回はその32時間ラジオに出演中のサンドウィッチマンの伊達さん、富澤さんと電話でお話しました。サンドウィッチマンのお二人といえば、24時間ラジオに出演してくれた際、福山さんと荘口さんに「東北魂」と書かれたTシャツをプレゼントしてくれましたよね(^^)

F「呼んでみましょう。サンドウィッチマンさん?」
D「どうも〜、サンドウィッチマンでーす!こんばんは。先日はお世話になりました。」
F「いえいえ、こちらこそ本当に大変お世話になりました。東北魂Tシャツありがとうございました。」
D「福山さん、ずっと着てくれてたみたいですね。」
F「はい、最後まで着させていただいていました。」
D「ありがとうございます。箔がつきますね。」
T「着たやつもらってもいいですか?」
F「えぇ!?(笑)まさかサンドウィッチマンさんは32時間ずっと出ずっぱりのわけではないですよね?」
D「いや、それはまさかですね。」
T「ちょこちょこと休んで27時間テレビを見てます。」
D「ダメじゃねぇかよ!まあ、見れるときは見てるんですけど(笑)このあと僕たちは朝4時までラジオやるつもりです。」

TBC夏まつりをはじめ、だんだんとイベントも開催されるようになってきたことで東北の街にも笑顔が増えてきたと話すサンドウィッチマンさん。県外からもっとたくさんの人が観光に訪れることで東北を元気にしていってほしいと考えているそうです。

F「サンドウィッチマンさんのお二人はお笑いが本業でいらっしゃいますけど、今回のラジオではネタをやれる状況になっているんですか?」
D「そうですね。こういったイベント会場に集まってきてくださる方は元気になりたいと思って来てくださっている方が多いので、『ネタ見せてくれ。』とよく言われましたし。やっぱり環境が一日、一日変わってきているので、少しずつ我々もネタをできる状況になってきているかなと思います。」
F「先週は仙台で東北六魂祭が開催されてましたけど。」
S「めちゃくちゃ盛り上がってましたよね。」
T「5万人ぐらいを見込んでたらしいんですけど、10万人以上来たみたいですね。」
D「盛り上がり過ぎちゃって大変なことになったみたいですね。捌ききれなかったみたいで(笑)」
F「ですよね、捌ききれないですよね。全国からたくさん来たんでしょ?」
D「初めてのことですからね。この環境でやるってことがすごいことだったんですけど。」
F「これは来年も続けてほしいですね。」
D「来年もまた環境整えてやるんじゃないですかね。やっぱり祭りが大好きな東北の人間ですから、気合を入れて祭りをするっていうか。これはすごくいいことですね。」
F「やっぱり祭りをやってるってことは他県の方も『行ってもいいんだ。』って気持ちになりますからね。」
D「そうなんですよね。本当に日本人は祭りが大好きですから、いっぱい観光に来てほしいです。」

先月被災地を訪れ、被害の大きさを改めて感じたと話していた福山さん。被災地の方と交流される機会が多く、被災地の現状をよく知っているサンドウィッチマンのお二人に復興のために必要なことをうかがいました。

F「まだまだ復興には時間がかかると思うんですが、サンドウィッチマンさんから見て今足りないなと思うものは何ですか?」
D「報道が少なくなってきている気がするので、『もう大丈夫なんじゃないか。』って思ってる人もいらっしゃるみたいなんですよね。でも、まだまだ避難所生活してらっしゃる方もいますし、まだまだ大変なんですよって僕は思うんですよ。だから、それをこれからも伝えていきたいなと思いますね。」
F「サンドウィッチマンさんもそちらで色々な出会いがあったと思うんですけど、何か印象に残っていることはありますか?」
D「そうですね。被災地に行くたびに被災されて避難所にいる方が本当に日本中の方々に感謝をしていることがすごく伝わってきます。『本当にありがとうって言っておいてね。』とか、すごく言われるんですよね。義援金もそうですし、支援物資が本当にありがたいんですよね。それに今、本当に素直に「ありがとう」って言えるようになってきたのかなと。」
F「それをちゃんとサンドウィッチマンさんがメディアに出てその声を全国に伝えてくれるっていう状況がありがたいことですよね。」
D「はい、僕らもできるだけ伝えたいので本当にありのままを伝えるように頑張ってます。」

今年の夏休みは被災地へ行ってボランティア活動をしようと考えているリスナーの方もいらっしゃると思います。震災からもうすぐ5ヶ月を迎えようとしている今、ボランティアの数が足りているのかということもうかがいました。

S「ゴールデンウィークのときはボランティアの人が来すぎて困っているなんて話がありましたけど、今はボランティアの方の数は足りてるんですか?」
D「場所によっては毎日150人とか集まって泥を掻きだしたりしてくれているところもあるみたいなんですが、平日だと全然いないところもあるみたいです。ボランティアの方は本当にありがたいです。神様ですね。やっぱり報道をよくされているところ、宮城で言うと南三陸町とかニュースでもよく出ているところはボランティアの方も集まりやすいそうなんですよ。そうなると作業が比較的スムーズに進んでいるのかなって感じもしますね。」
F「そっか、なるほど。僕は『龍馬伝』のときに大船渡でロケをしていたので、知っているところもたくさんあって、それがすごく心配で見に行ったんですけど、まだ手付かずのところも残っててこれは大変だなと思いました。今おしゃっていただいたように、テレビで報道されるところにはボランティアの方も『行かなきゃ!』って気持ちになるのかもしれないですね。」
D「そうですね。やっぱりボランティアセンターとかがしっかりしているところの方がボランティアの方も集まりやすかったりするみたいですし。」

ボランテイアに関しても「報道がされていないからもう大丈夫」と考えず、支援を必要としている地域を探してみることが大切なんですね。今回、私たちに被災地の現状を色々と教えてくれたサンドウィッチマンのお二人、最近ニッポン放送で「サンドウィッチマンの東北魂」という番組が始まったそうです!

F「ニッポン放送でサンドウィッチマンさんの番組が始まったんですか?」
D「そうなんですよ。そんな話いってました?」
F「いやいや、今このニッポン放送ではサンドウィッチマンさん期待されてますから。」
T「メール募集したら6枚しか来なかったんですけどね。」
S「え?本当ですか?」
D「日曜日の深夜3時から10分間なんですよ。誰が聞いてるんだって時間なんですよ。」
F「深い時間で10分か(笑)日曜日の夜3時っていうのは、いわゆる放送休止時間ってやつですよね。」
S「本当に流れてるんですよね?大丈夫ですよね?」
T「流れてるのか不安なんですけどね。」
D「どうやら流れてるみたいなんですけど、試験電波みたいな感じで。」
F「じゃあ、今日の32時間ラジオもですけど、日曜の10分間のラジオも頑張ってください。」
D「ちょっと馬鹿にしてるじゃないですか!(笑)」
T「ふざけてるでしょ?」
F「いやいや(笑)サンドウィッチマンのお二人でした〜。この後も頑張ってください。」
D・T「ありがとうございました!」

サンドウィッチマンのお二人、お忙しい中ありがとうございました。
最後に、魂ラジからも東北放送東日本大震災義援金募金の受付方法をご案内させていただきます。

直接、現金をお持ちいただく方は、
東北放送本社受付(仙台市太白区八木山香澄町26番1号)に
平日の午前9時30分〜午後5時30分にお越しください。

銀行振り込みの方は、
七十七銀行 本店営業部 普通預金口座 7921331か、
仙台銀行 本店 普通預金口座 6981061
いずれも口座名:東北放送東日本大震災義援金にお振込みください。
受付期間は平成23年8月末日までとなっております。

詳しくは東北放送のホームページをご覧ください。
http://www.tbc-sendai.co.jp/m/tsunami/bokin.html

それでは、次回の放送もお楽しみに☆
投稿時間:2011-07-27 17:35:14
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.