福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2011年2月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
2月22日 魂ラジレポート
あなたに謝りたくて
2月12日の放送で福山さんが大好きな曲として紹介したすぎもとまさとさんの「吾亦紅」。
バレンタインを控えてわくわくする10代に対して
F「こんなに毎日ドキドキしていたらたくさんの歌が生まれるよね。年を重ねると「好きだ」とか「ありがとう」よりも「ごめんなさい」が増えていくんだよ。」
とこの曲を聴きながらしみじみと語っていたのですが、その言葉に共感の声が多数寄せられたのです。
みなさんが家族や友人、恋人に謝りたくても謝れないことを魂ラジが代わりにお伝えしました。

○ラジオネーム:みうさん(埼玉県・21歳)
「こん吾亦紅。私が謝りたくても謝れない相手は父です。父には謝りたいことがたくさんあります。でも、父は12月に亡くなったばかりで「吾亦紅」の歌詞のように謝りたくてももう直接謝ることができません。しかし、今回魂ラジでタイミング良くこのような企画が出来たので、この場を借りて謝らせてください。お父さん、お父さんのことを『臭い』とか『うるさい』とか、お母さんと悪口言ってごめんなさい。お父さんの話を全部聞いてあげなくてごめんなさい。お父さんに彼氏の相談をしてたのに、顔を見せてあげられなくてごめんなさい。お父さん、将来の旦那さんや孫の顔を見せてあげられなくてごめんなさい。謝っても謝りきれないほど私のことを大事にしてくれてありがとう。お父さんのもとに生まれてきたことを感謝しています。」

F「『臭い』とか言っちゃったんだ。でもね、臭いこともあるからね。」
S「そうですよね。」
F「俺たち自分で気づかないだけで。」

○ラジオネーム:ヤマーガリン(新潟県・15歳)
「僕は両親に謝りたいです。なぜかというと、両親が希望していた高校とは違う高校で届けを出したからです。来月9日に両親の希望する高校より一つランクの低い高校を受験しますが、自分の決めた道なので両親をがっかりさせないような高校生活を送りたいと思います。」

S「その高校にどうしても行きたいんでしょうね。なんらかの理由があって。」
F「そうね。特に10代の頃って親の期待っていうものがあるから。かけてないつもりでも感じてしまうのが期待ってもので、『親としてはこうしてほしいんじゃないかな。』ってことを薄々感じるじゃない。」
S「はっきり言われなくても何となくニュアンスで感じますし。」
F「うちの親はとにかく無事に高校を卒業して普通に就職することを望んでいたんだよね。」
S「じゃあ、そこまでプレッシャーではないですよね。」
F「いや、とても激しいプレッシャーを。」
S「そうかな(笑)」
F「だって、高校なんて3日目で辞めたいと思ったもん。」
S「そう考えるとよく卒業しましたよね。」
F「それは担任の先生が偉かったんだよね。僕が謝りたいのは担任の先生かもしれないね。まったく勉強しないんだもん、この子。あまりにも勉強しないもんだから、先生も『もういい。追試だけ受けに来てよ。』って(笑)追試は5問ぐらいしか出さないわけ。しかも最初に問題をくれるわけ。『これが出るからやってきて。』って(笑)」
S「それ試験じゃないですよね(笑)」
F「ほぼ犬とかチンパンジーの飼育?もう教育じゃなくて飼育だよね(笑)」
S「問題をもらったら一応やるわけでしょ?」
F「うん。これならできるかなと思って。ていうか、さすがに先生に悪いなと思うわけ。でも、試験範囲すら知らないわけ。知る気がないんだよね。」
S「聞けば友達も教えてくれるでしょうから、聞かないまま当日を迎えているってことですよね。」
F「ひどい子どもでしたよ。本当にごめんなさい、先生。」

当時から申し訳ないと思っていながら、先生に伝えることができなかった「ごめんなさい」。福山さんにも謝りたくても謝れないことがあったんですね。だからこそ「吾亦紅」の歌詞が染みるのかもしれません。

○ラジオネーム:美代子さん
「私は大学生の頃に付き合っていた昔の彼に謝りたいです。先に社会人になった彼とすれ違いの生活になり、『好きな人ができた』とつい嘘を言ってしまい、別れることになってしまいました。翌日『嘘をついてごめんなさい。』って言えなかったんですよね。若くて突っ張ってしまっていたんです。彼は癌になったけど、今は元気に働いていると友達から聞きました。治って良かったと安心しました。ましゃが先週話していましたよね。『今謝らないと間に合わない。』って。その言葉に共感し、メールしたくなってしまいました。」

F「そうですね。でもね、人生はいつも間に合わないんですよ。いつも間に合わないんです。間に合わないから人生なんです。」
S「なんか哲学的な話になってきました。」
F「締めようがないね、このコーナー。」
S「そうですね。でも、みなさんからたくさんメールいただいていて。」
F「別に笑える話でもいいんですよ。」
S「そうですね。今日はずしんとくる話が多かったですけど。」

大きなことから小さなことまで何でも結構ですので、みなさんが家族や友人、恋人に謝りたくても謝れなかったことを是非魂ラジに伝えてください。

メールは
masha@allnightnippon.com
まで。

たくさんのメールお待ちしております!

明日は東芝さんとの新企画についてお伝えします。
お楽しみに☆
投稿時間:2011-02-22 21:56:47
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.