福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2011年2月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
2月8日 魂ラジレポート
国王42回目の生誕祭➀
前回の放送中、日付が変わって「12時!」の瞬間に42歳のお誕生日を迎えた福山さん(^^)
本日はお誕生日を迎えた瞬間からお伝えいたします。

S「あ、もうすぐ誕生日がやってまいります。」
F「3、2、1、ハッピーバースデー、俺!」
S「国王生誕42年目、おめでとうございます。」
F「ありがとうございます。」
S「じゃあ、一言。年頭のあいさつじゃないですけど、誓いなり何なり一言お願い致します。」
F「わしは20歳でデビューしたがです。いや、違う。21か。」
S「ちょっと待って(笑)もう曖昧になってきちゃってる。」
F「曖昧になってきちゃった。21でデビューして42まで21年間やってきました。本当にこれは応援してくださる、支えて下さるラジオの前のお前ら。まあ、このお前ら発言を聞くと大里さんに『なに調子乗ってんだよ、お前。『龍馬伝』やって調子乗ってんのか?』って言われますけど(笑)ファンのあなた、本当にあなたのおかげです。そしてこれからもね、あなたの応援を支えに50ぐらいまでは仕事できると嬉しいなと思っています。」

いつも応援してくださっているファンのみなさんへの挨拶を済ませ、何やら語り始めた福山さん。

F「最近『ソーシャル・ネットワーク』という映画がありましてね、我々スタジオの中にいるこの42歳軍団も見ました。マーク・ザッカーバーグ、26歳で巨万の富。時代は変わりましたね。」
S「なんか寂しいスタートになりましたね(笑)」
F「ネット革命と呼ばれるものがあったときに、まさに我々それをやっていても良かったはずなんですよね。年代的には。インターネットにまつわる仕事を。」
S「ちょうど世の中に出始めた頃でしたもんね。」
F「僕なんかね、工業高校で情報技術科だったわけなんですよ。完全に日本のマーク・ザッカーバーグ、ビル・ゲイツになっててもおかしくなかった。ジョブズになっててもおかしくなかった、長崎の。」
S「長崎のジョブズってどれぐらいの規模かわかりませんけど(笑)でも、こればっかりはわからないですよ。」
F「もし僕がそこに目をつけていたら。」
S「この番組に来て下さった孫正義さんみたいな感じになっていたかもしれない。」
F「今頃孫さんに『孫くん』と言っていたかもしれない。ごめんなさい、孫さん。なんで俺、ラジオやってるんだろう。」
S「なんで?いいじゃん(笑)『ソーシャル・ネットワーク』の世界と比べたらあれですけど(笑)」
F「完全に乗り遅れました。」

映画『ソーシャル・ネットワーク』を見て改めて時代の流れを読むことの大切さを痛感したという福山さん。

F「長崎工業高校情報技術科?情報処理科?もうどっちか忘れちゃった(笑)」
S「もうこんな感じですよ(笑)」
F「完全に俺、情報処理できてないもんね(笑)もしあの頃に僕が『これから時代はコンピューターになる。』ってギターを捨て、『インターネットで世界に発信するんだ。』って思ってたら、ここにはいなかったですよね。だから、そう思わなくて良かった。ラジオやってて良かった。」
S「これだけ国民のみんなに『おめでとう!』って言われて良かった。」
F「うん。相変わらず我々のラジオはFacebookではないので、顔は見えませんが。」
S「でも、Facebookより厚く繋がってますよ。たくさんの方が。」
F「そうですね。」

日本のマーク・ザッカーバーグ、長崎のスティーブ・ジョブズになれなかったことを後悔しているものの、たくさんのファンの方からお誕生日を祝っていただける今の道を選んで良かったと感慨深そうに語る福山さんでした(^^)
というわけで、2月6日はいつも応援してくださるみなさんへ感謝の気持ちを込めて、「知ってるようで知らない。だけど聞きたくても今さら聞けない。福山雅治についての超基本的な質問」を受け付けました。たくさんのメールありがとうございました!

○ラジオネーム:かなこさん(神奈川県・15歳)
「福山さん、42歳のお誕生日おめでとうございます!これからもたくさんの良い歌を作って世間に送り出してください。楽しみにしています。基本的な質問なんですが、福山さんにとって自分の顔のチャームポイントはどこですか?数々のイケメンランキングで上位を誇る福山さん自身の好きな顔の部位が知りたいです。」

F「ずばり言ってもいい?」
S「お願いします。どこなんですか?」
F「全部。」
S「これが大人の答えってもんなんだよ(笑)」
F「どこって言えないな。」
S「ファンの方は大体どの辺が好きなんですか?目とかですか?」
F「自分の顔を何とも言えないよね。」

○ラジオネーム:やすはさん(愛媛県・15歳)
「こんHappy Birthday!ましゃに質問したいことは2つあります!ましゃにとって怖いもの(人)はありますか?また、ましゃはUFOや幽霊などのオカルトや占いは信じますか?私は実際に幽霊を見たことはないのですが、金縛りにあったことが数回あるので幽霊は存在するのではないかと思います。是非教えてください。」

F「怖いものはやっぱり病気ですよね。」
S「保険も終身になってきたわけですから、それは色々な病気に気をつけなければいけませんけど。」
F「不治の病とか癌とか不慮の事故とか。」
S「まあ、そうですね。そうですけど(笑)」
F「え?何?ほかに何が怖いの?何?裏切りとか?全然怖くない。裏切られても元気だったらいいじゃん。」
S「なるほどね。元気があれば何でも出来る。」
F「元気があれば何でも出来る!何?裏切りの他は。騙されたりすること?全然怖くない。騙されたって体があれば。」
S「でも、メールをくれたやすはちゃんは中学校3年生。」
F「じゃあ、裏切りとか怖いかもね。」
S「友達から嫌われたりするのも。」
F「嫌われたって全然平気(笑)」
S「好きになった人に『全然好きじゃない。』って言われたりするのも怖いかもね。」
F「もちろんそういうこともあるよ。でも、不慮の事故とか転んで骨折するとかそういうのが嫌。」
S「治りづらくなるからね。」
F「治りづらいの、我々の年齢になると。関節とかちゃんとくっつかないのよ。我々の年齢になると。恋愛とか友情の裏切りとかはね、直るんですよ。」
S「まあ、そうですよね(笑)これが人生最後の恋とか思っても、その次があったりするんです。」
F「そう、80になっても人間恋するんですよ。でも、80になって骨折したら治らないの!」
S「そうそう(笑)それがもとで本当に大変な状況になったりするんですから。」
F「だから、ケガとか病気とか隕石の衝突とか、そういうの嫌だな。天変地異とか。」

福山さんはケガや病気、天変地異が一番怖いそうですよ。2つ目の質問は幽霊やUFOを信じるかというものですが、「MU」愛読者の福山さんはこの手のものに関しては知識も豊富ですよね(^^)

F「UFOはありですね。信じるっていうかUFOはいてほしい。幽霊とかオカルトに関しては、歳とるに従ってどんどん信じなくなっていきましたね。信じないっていうか、忙しくて眠たいのに怖がっている場合じゃないんですよ。」
S「やすはちゃんは金縛りにあったから幽霊がいるんじゃないかって怖がってますけど。」
F「金縛りなんてバシバシ。俺なんて。」
S「え?でも、寝なきゃいけないときは?」
F「そのまま寝る。金縛ったまま。『もうええわ!鬱陶しいな、金縛り。』と思いながら。」
S「『忙しいときにきやがって!』って感じですか?」
F「そう。金縛りにかかっても僕解けますよ。僕、18歳のときから金縛りにあってるんで金縛りとは長い付き合いなんですよ。『オッラァァ!』で動くよ。」
S「えー!(笑)本当ですか?」
F「本当。一番最初に何をすべきかって言うと、金縛りにあっていても指先か足先が少し動くんですよ。そこからほぐしていくんですよ。ちょっとだけ動いたら、そこからだんだん手首、肘、肩ってなってくるんで、その瞬間『ドリャァァァ!』って。」
S「自分で『この瞬間だ。』って見極めるわけですね。」
F「そう。そうしたらふっと解ける。でも、それをやるのもだんだん面倒くさいわけ。」
S「もうそれすらやらないんですか?」
F「やらない。金縛りがくるときって分かるのよ。なんかホワイトノイズみたいなのが電子音がサーって。来るなって思ったら、そのうちビタって金縛りになるんだけど、最近はビタってなったらそのままクワァーっと。」
S「これ幽霊がいたら全然脅かし甲斐がないわ(笑)」
F「幽霊じゃないもん。金縛りっていうのは脳のバグですよ。意識は起きていて肉体は寝ているっていう状態。僕の金縛り理論から言うと、真昼間の起きている状態でも金縛りにあうんだったら『幽霊さんっていらっしゃるんだな。』って思いますけど、金縛りにあっているときにだけ見るっておかしいじゃないですか。」
S「こうやってしゃべっているときにドア開けて『はい、どうもー!』って来たら、本当にいるんだなって思いますけどね。」
F「でも、そうじゃないでしょ?」

みなさんはUFOや幽霊の存在を信じていますか?
明日もみなさんから寄せられた質問についてお伝えしますが、幽体離脱の話もありますよ(^^)

お楽しみに☆
投稿時間:2011-02-08 21:48:58
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.