福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2010年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
5月10日 魂ラジレポート
『龍馬伝』新キャスト発表
F「やばいよ。聞かれてる、このラジオ。」

放送の前日、5月7日に『龍馬伝』の中打ち上げが開催されたそうなのですが、そこで共演者やスタッフの方の中にも魂ラジリスナーがいることが判明したそうなのです。つまり、いくら現場では主演として凛と構えていても、ラジオでしているあんな話やこんな話もすべて共演者の方々に聞かれてしまっているのです。
意外なことに、寺田屋の女将さんとして再登場することが発表された草刈民代さんも魂ラジを聞いてくださっているそうなんですよ。

F「草刈さんが『ラジオ聞きました。モノマネ似てましたね。』って。だから、結構聞かれてるんですよ。」
S「AMラジオが広がってる。」
F「みんなさ、どうなの?家にAMラジオなんてあるのかな?なんかさ、草刈民代さんのご自宅にAMラジオがあるイメージがなくない?」
S「今おもむろに写真集を(笑)すばらしい肉体美が評判にもなりましたけど。」
F「僕はこれ草刈さんからいただいたんですけど、いただく前に既に石田くん(※マネージャーさん)にお願いしてAmazonで注文してたんですよ。だから2冊あるんですよ(笑)」
S「さすがですね。ファンの鑑ですよ。見る用と保存用と。」
F「見ました?」
S「週刊誌とかで出てるやつをちょこちょこ見たくらいです。」
F「じゃあ、見てくださいよ。俺メール読んでるからじっくり見て。」

福山さんがメールを読み始めたところ、
S「びっくりした…。え?びっくりした。」
と、隣にいる小原さんと写真集を見ながら何やらぼそぼそと言い始めた荘口さん。

F「何?(笑)」何年もラジオやってんだから、使われたいリアクションだったらはっきりしてよ(笑)」
S「いやいや、普通にびっくりしちゃった(笑)ずっとストレッチしてるところとか、トウシューズでくるくる回ってるところがあって。と思ったら、急にバレリーナの格好でおっぱい出てるんですよ!ヌードはヌードだけのシークエンスになってるのかと思ったら…」
F「違います。でも、俺もメイク中っていうのは上半身すっぽんぽんなんだなってことにびっくりしたんですよ。」
S「ライブで早着替えする女性アーティストもすっぽんぽんで着替えるって言ってましたよ。男性と違って女性アーティストは十何着とか早着替えする人いるじゃないですか。」
F「うん。誰?」
S「浜崎あゆみさんとか。すっぽんぽんじゃないと思いますけど、バーっと脱いでバーっと着たりするって。いちいち人から隠れて着替える時間がないんですよ。」

4月に発売された草刈さんの写真集『BALLERINE』を手に、あれこれと話を膨らませるお二人。草刈さんといえば、日本を代表するバレリーナ。その鍛え抜かれた美しい身体には、日々筋肉を鍛えている福山さんも尊敬の念を抱いているようです。

S「普通の写真集とは違いますよね。すべてのページでポーズをとってらっしゃるから。」
F「あと、肉体が完全にアスリートの肉体ですよね。そのポージングしてるときもおっぱいとか全部見えてるんだけど、所謂エッチな感じではないんですよ。」
S「福山さんから見たら、この筋肉すげぇって思うんですか?」
F「いや、すごいですよ。見る前から草刈さんに色々聞いていたんですよ。『どういう食事をされていたんですか?練習はどれぐらい?主に使っていた筋肉はどの辺ですか?』とか。」
S「しかも、年齢的には我々よりも先輩ですし。」
F「およそ40代に入ってからの肉体ではないですよ。」

○ラジオネーム:ヒサノさん(愛知県・34歳)
「『龍馬伝』の新たな出演者が発表されましたね。あの石橋凌さんも大河ドラマ出演が決まったということで、18年ぶりの共演ということになるのでしょうか?ドラマ『あしたがあるから』では上司と部下の間柄でしたが『龍馬伝』ではどんな関係になるんですか?石橋さんとはもう撮影でお会いしたのでしょうか?こぼれ話などあれば是非聞きたいです。」

F「昨日凌さんが衣装合わせに来てたので、『ご無沙汰しております。』と本当にご挨拶だけ。『ご無沙汰しております。ドラマ以来ですよね?』って言ったら、『いや、ラジオで会ったじゃん。』って。」
S「忘れてるじゃない(笑)」
F「そういえば来てくださったんですよね。オールナイトに。」

石橋さんが所属していらっしゃたバンドA.R.B.の大ファンでオーディションでもA.R.B.の歌を披露したという福山さん。そんな憧れの人にラジオでお会いしたことを忘れていたとは、よっぽどお疲れなのか、忘れっぽさに拍車がかかったかのどちらかですね。
それでは、約20年前に石橋さんと初共演した『あしたがあるから』について、福山さんはどの程度覚えているのでしょうか?

F「僕が初めてテレビドラマに出演させていただいたのが、1991年の『あしたがあるから』っていうTBSさんのドラマだったんですよ。遠藤環さんっていうプロデューサーさんに声をかけていただきまして。」
S「どんな役でしたっけ?」
F「仕事はあんまり出来るタイプじゃなかったかな?あれ?できたのかな?で、凌さんが上司で僕が部下でしたね。凌さんと今井美樹さんが恋人同士。今井さんがどういう役だったかは覚えてるんですけど、僕がどういう役だったかっていうのはあんまり覚えてない(笑)」

初めて出演したテレビドラマにもかかわらず、役の雰囲気やセリフについて記憶がほとんどないという福山さん。そこで、CM中にドラマのストーリーやご自身が演じた役柄について確認してみることに…

S「若村良一だった。役名。」
F「ほら、合ってたでしょ?今CM中にそういう話してたんですけど。」
S「名前が5番目に出てますよ。」
F「おぉ!ちょっと扱い大きくない?さすがアミューズ。それやったね!アミューズ頑張ったね。」
S「福山さんの話聞くよりもこのあらすじ読んだ方がわかりやすい。あっ、あなたは中島朋子さんと付き合ってたんですね?でも、付き合いながらも仙道敦子さんに憧れてたわけですね。また、龍馬みたいなことを。付き合ったの付き合わないの。」
F「昔からそのセクシーな部分を買われてるっていう。」

ふりかえってみると当時のお芝居にはやや問題もあったようですが、福山さんが自負するセクシーな部分でファンの心を掴むことに成功したようです。『あしたがあるから』で福山さんのファンになったという魂ラジリスナーもたくさんいらっしゃいました。

○ラジオネーム:チーさん(千葉県・45歳)
「『あしたがあるから』見てましたよ!最初のセリフは石橋凌さんに駆け寄って『おはようございます!』って言っていますよ。」

F「これ一番最初に撮ったシーンだと思うんだけど、俺スタンバイのところが見切れてるんだよね。」
S「それまずくないですか?(笑)」

○ラジオネーム:里美さん(東京都・33歳)
「今日はA.R.B.の話が聞けて嬉しいです。私が初めてましゃを見たのはA.R.B.の解散写真集のコメント欄でした。『サンキュー&ハピネス!』と書いてありました。覚えていらっしゃいますか?『あしたがあるから』も凌さんを見たくて見ていましたが、終る頃にはましゃに夢中になっていました。」

F「これは嬉しいですけどね、きっと今もね、『龍馬伝』を僕を見ようと思って見てくださってる方の中でだんだん佐藤健を好きになっている人がいるんじゃないかと、このメールを見て気が気じゃないです。もう健のシーンはカットせい。」
S「やめろ!」
F「以蔵は早めに殺してもええがじゃ。」
S「恐ろしいわ!(笑)リアル容堂だ。」

F「第2部は以蔵がいいんですよ。」
と前々から事務所の後輩、佐藤健くんの演技を褒めていた福山さん。容堂公のように意地悪をしないでくださいね…。

今回の放送で一番盛り上がったのは、なんといってもこのメールです(^^♪

○ラジオネーム:草刈民代さん
「草刈民代です。福山雅治様、今日も楽しく聞いております。写真集を取り上げていただき、ありがとうございます。びっくりしました。よきお登勢役になれるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。龍馬さん、体に気をつけて頑張ってください。うちにはラジオがありませんが、インターネットで聞いています。良かったらスタジオに遊びに行かせてください。では、また。草刈民代。」

F「ほら!すみません、草刈さん。お気遣いいただいて。いたずらじゃないよ!」
S「本当だ。なんか普通の紙に印刷されたやつだけど、字が上品に見える。」
F「写真集、幻冬舎より絶賛発売中です!お値段は3800円。」

魂ラジリスナーの一員、草刈民代さんが再登場する『龍馬伝』。今後もますます目が離せません(*^^)v

第19話「攘夷決行」の感想もお待ちしております。

メールは
masha@allnightnippon.com
まで。

明日は、男子にとっては夢のような話!?彼氏のいない美人についてお届けします!
お楽しみに☆
投稿時間:2010-05-10 21:49:16
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.