福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2010年2月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
2月8日 魂ラジレポート
福山雅治大聖誕祭《龍馬伝篇》
F「たくさんのおめでとうメール、どうもありがとうございます。お前ら。
すいません・・・なんか恐縮です。私、本日2月6日付けをもちまして41歳になりました。」

2010年2月6日。
この日の放送を持って、我らがラジオ国の国王福山雅治さんが、不惑の四十路2年目41歳を迎える運びとなりました!!
魂のラジオ10年の歴史をもってしても、お誕生日と放送が重なるのは、なんとはじめてのこと。
どーも素直に祝われてくれない福山さんですが、この日ばかりはリスナーのみなさんのたくさんのおめでとうメールを前に思わず顔も綻び、いつも以上に饒舌になっていました。

F「僕は毎年誕生日とあればね、自分を産んでくれた母親に、KISS&HUG?
・・・できない!!できない!!」

どんなに嬉しくても、昭和の血ゆえか、お母様に身をもって愛情を表現なんてはできないみたいです。
でも、毎年同様お花はきちんと贈ったとのことでした。
そして、この日をもって魂ラジパーソナリティはお二人とも41歳、“よい年”を迎えることに。
半年ほど先に41歳ライフを過ごしている荘口さんから、

S「基礎代謝ががくっと落ちてきますよ。」

という恐ろしい宣告を受け、

F「毎日千葉道場に行きたいぐらい!!!」

と、さらなるトレーニングの強化を予告していた福山さんですが、なんと41歳といえばあの、バカボンのパパとも同い年!
『元祖天才バカボンの春』、「♪41歳の春だから〜」を地で行く魂ラジパーソナリティなのです。

F「まぁでもバカボンのパパ化してますよ。腹巻してますから!ちょっと待って!・・・冷たい目で見ないで!!」

さっそく今年のテーマソングに設定した「元祖天才バカボンの春」の歌詞を交えたトークを展開する、という荒業にも出ていましたが、
そんなバカボンのパパの気持ちがリアルにわかる男福山・41歳の目標は・・・

F「健康に留意して、龍馬伝、乗り切りたいと思います。
龍馬伝のみならず、他にもきっとやるであろう表現活動をね、頑張っていきたいと思いますので、どこまでこの一年で精神を解放できるか、精神を解放すればするほど、現実社会とそりが合わなくなってくるんですよ。
そこんとこですね、みなさん、僕を守ってください。
・・・そんな冷たい目で見ないで!!」

長いときを経ても愛され続けるバカボンのパパのように、福山さんへの厚いご愛顧をどうぞよろしくお願いいたします・・・ということで(^^;)
さて、そんな福山さんが41歳の目標のひとつとして掲げる『龍馬伝』。
第5話『黒船と剣』では、視聴率24.4%を記録し、ますます目が離せない状況。

F「5話でそんななら・・・もう6話7話では射精するよ?ドライ・オーガズムですよ。」

というようにこれから更に期待を寄せていいみたいです。
さらにその後も、

F「あのオウムがさ、『ジャパーン、ジャパーン』って言ってるの気づいてた?」

なんて豆知識を披露してみたり、
リスナーからのメールを受けて、『東京にもあったんだ』を歌ってみたり、
黒船の絵を描く龍馬さんを見た荘口さんの

S「絵描かしていいの?!」

という感想に、

F「・・・ひどい絵?実におもしろい。」

と、突然ガリレオ先生のモノマネ(・・・モノマネ?)で応酬してみたりと、

F「今日誕生日だからさ、持てるものを全部出し切ろうと思って!」

という言葉を裏切らない盛りだくさんぶりでお送りしました。
ちなみに福山さん、龍馬さんの悩む姿に自分を重ね合わせたリスナーからのメールを読んで言った

F「・・・みんな、ナヤンデルタール人なんやなぁ。」

って言葉も、持てるものを出し切った成果ってことで、いいですよね?

明日以降の魂ブロでは、『41歳の福山雅治に100の質問』ということで、

F「取材でいまさら聞かれたら怒る!」

というような超基本的な質問に福山さんが答えた様子をお届けしていきます。
今更聞けないあんなことやこんなこと。魂ラジはどーんとぶつけちゃいました!
どうぞお楽しみに☆

※写真は福山さん撮影魂ラジDの角銅さん。みんなにいじられる愛されディレクターさんなのです。
投稿時間:2010-02-08 22:16:03
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.