福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2010年1月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
1月19日 魂ラジレポート
『龍馬伝』いよいよ第三話!
2010年NHK大河ドラマ『龍馬伝』。
放送ではもうすでに第三話が終了しているのですが、この日の魂ラジはそんな第三話の直前。
ブログやTwitterで各界の著名人からもご好評いただいているようですが、魂ラジリスナーからももちろん大好評。
未だ衰えることを知らない感想メールの束を見ながら、二話の振り返りと、三話の見所について、福山さんが熱く語っていました。


【幼馴染の加尾に『ずっとずっと好きじゃったのに!』と告白されて戸惑っていたましゃにどきどきしました。こんな40歳、いいんですか?龍馬さんって今20歳くらいですよね?ましゃも龍馬さんみたいに、『ずっと好きだった。』って告白されたことはありますか?】

F「あんな告白されたことあるかって質問?ずばり、言ってもいい?
...どうだろうね。
...ずばり言ってないじゃんね(笑)」

なんだかはぐらかされてしまった感じがありますが、広末さん演じる加尾さんの土佐弁での告白は、荘口さんをはじめとする男性陣にも可愛い可愛いと大好評でした。
そんな中で、やっぱり“いらんこと”をちょっと言ってしまうのがこの方...。

F「俺が40歳であーじゃこーじゃ言ってますけど、涼子ちゃんだってお子さんおるからね!」
S「...それを言ったら急に現実的になっちゃうじゃないですか。」
F「弥太郎さんもさ、色、黒すぎない?農民より黒いんだよ?おかしくない?」

先週の放送では、香川照之さん演じる岩崎弥太郎の表情の造り方がすごい!なんて盛り上がったのですが、そんな魂ラジを聴いて、良いか悪いかとある先入観を持って『龍馬伝』を見てしまったリスナーも...。

【第二話で印象に残ったのは、弥太郎が本を売ろうか迷っているとき、お母さんが隠していたお金を出してきて『家のことは心配するな。』と言ったシーンです。すごく感動したのですが、喜びの表情を浮かべる弥太郎が映った瞬間、ふと先週魂ラジで言っていた、『一種の顔芸が確立されている。』という言葉が頭を過ぎり、思わず笑ってしまいました...。一緒にいた父に『今は笑うところじゃないだろう!!』と叱られてしまいました(^-^;)】


F「顔芸っていうか、顔に出ちゃうタイプなんじゃない?『カット!』ってなってもちょっと余韻ありますから。体液もすごいんだよね。唾すごいでるし、涙もすごい出る...。一応“潮男優”と呼ばれてますから(笑)
僕は弥太郎シャワー浴びてますよ。相当顔射されてますから!でも(佐藤)健も健シャワー出てますからね。大森シャワーも飛ぶよ。セクシーなね。幕末だからね、みなさんかなりシャワー出るんですよ。もうみんな声ガラガラ!俺は最近慣れてきたけど...それでも叫ぶっていうのはね、慣れてないですからね。『人の命がかかっちゅーがじゃき!!!』みたいな声を張り上げなきゃいけないから。」
S「びっくりしたぁ!すごいびっくりした!今血管すごかったですよ。」
F「明日はピエールシャワーだね。まさにピエール“瀧”っていう(笑)あと明日の見所は立ち回りですかね。しかも本当に当たってる...っていうとこだね。でっかい船を漕ぐ艪あるでしょ?敵があれをぶんまわしてくるわけ。艪の細い方をぶんってまわして、それは避けるんだけど、その後ろ側が立ち上がったときに当たってる...っていう。そこが見所です。」

みなさん、実はしっかり当たっちゃってる立ち回り、ご覧いただきましたか?
それにしても、前福山さんも言っていましたが、一歩違えば『リアクション芸人』みたいな現場ですよね...。

【第二話、特に三味線のシーンは最高でした!!そこでお願いなのですが、あの部分をぜひ着うたにしてください!朝寝坊しがちな私も、あのうたなら目が覚めるはず...。着うた化待ってまーす。】

F「すごいなぁ〜。すごいね。それ、NHK的にありなの?あ、みんなのうたとか出てるもんね。じゃあ俺作ろうか?三味線で。あの曲は家元の先生が作ったやつだから、そっちの方に(使用料が)流れていっちゃうから...。」
S「いいじゃん、それは。」
F「若い人のアイデアは素晴らしい。なんか朝に目が覚めるような着うたね。考えるわ。」

ほかにも、プロフェッショナルで放送された風車を見つめるシーンや、福山さんも「もうやりたくない〜〜〜!」と切実に訴える牛糞まみれのシーンなど、リスナーのみなさんにとって、第二話も盛りだくさんの内容だったみたいです。

そして、魂ラジでは、『福山龍馬、海外ではどうですか?』と題して、海外のみなさんからのメールも募集しておりましたが、予想以上にたくさん届き、NHKさんの放送網と、福山さんの人気にスタッフ一同、驚かされる結果となりました。

「福山さんのドラマをきっかけに日本語を勉強しました。」
「福山さんの本名は“福山龍馬”だと日本の友達に教わりましたが...私は信じていません。(※全て英文で書かれていました。)」

などなど、ワールドワイドなメールがたくさん寄せられていたのですが、それでもご本人は、

F「まだまだ納得いかんのう!」

と訝しげな様子。
実際に金髪ギャルに囲まれてキャーキャー言われないと納得できないみたいです(^^;)

国内からも、もちろん海を越えた国外からも、第三話の感想お待ちしております☆
投稿時間:2010-01-19 23:34:21
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.