福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2009年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
7月21日 魂ラジレポート
あぶないドクター!LOVE&SEX科@
夏の第三連休最中の放送となった先週の魂ラジ。
「夏といえば恋と性の季節」がモットーの魂ラジ国には、悩み惑った国民たちが多数集まっていました。
この事態を見た国王。「これはイカン」と立ち上がり、自ら国にクリニックを開設。

『あぶないドクター!福山クリニックLOVE&SEX科』

と題して患者さんたちのお悩みを「ずばり言っていい?」と解決に導くことにしたのでした。
副院長にはお馴染みの顔荘口先生が就任し、同じく患者さんの心を優しく癒します。
大賑わいのあぶないドクターの元に、今夜もさっそく患者さんがやって来たみたいです。

【症例01】
「ついさっき半同棲までしていた彼女にフラれました。理由は僕とのエッチが飽きたから。こういうことで別れたいって思うもんなんですかね…。女性を飽きさせないエッチの仕方を知っていたら教えてください。(高知県/竜馬の涙22歳)」

F「俺たちがラジオできゃっきゃきゃっきゃ言ってるその瞬間にも、日本のどこかではこんな悲しいことがあったんだね。」

院長、患者さんの悲しい姿を見て心を痛めながらも、きっちり言うことは言います。

F「ずばり言っていい?竜馬の涙よ…こういうことはよくある。」
S「ありますね…女性いきなりそういうことでばしっと別れます。」
F「あなたはほんとにそういうときの説得力っていうのはオバマ並やね。」
S「私、発表します。一回中折れしたら別れられました。」

副院長お得意のリアルな思い出も披露されたところで、院長から傷ついた心を癒す処方箋が出されました。

F「でもそれはさ、俺思うんだけど、こういうことで別れようって言ってくる人とは別れた方がいいですよ。そういうことを突然いうような関係は続けない方がいい。無理して付き合う必要ないですよ。しかも、たまたまその彼女とうまくいかなかっただけで君が悪いわけじゃないです。」

経験者である副院長も
S「もしあのまま付き合っていても、きっとなんらかの理由で別れていたと思うんです。」
と振り返り、説得力を増させます。
「女性を飽きさせないエッチの仕方」というお悩みについては…

F「確かに女性にとってはエッチに対してなんらかのクリエイティブなことを入れてる方がいいらしいですけどね。でもそれは、頑張ろうというその気持ちに対してうれしくなるっていうことだと思うんですよね。誕生日じゃないときにプレゼントもらうとうれしいじゃない?そうやって常に考えてくれてるっていうこともうれしいってことだよね。けどやっぱり今の若い人ってAVに最初に触れるってことが多いわけじゃない?だからクリエイティブっていうのも激しいのを考えがちだよね…。むしろ女性もそれが普通だと思ってたらどうする?」
S「それは好都合!」
F「全然好都合じゃないよ!(笑)どうかしたら難しいことを要求されるよ!だからさ、総合格闘技を見て自分もできると思わないでしょ?AVに対してもそう思ってればいいんじゃないですか?」

院長も常々懸念している「若者とAVとSEXの関係」については、総合格闘技を引き合いに出してわかりやすく解説。
そして院長の大好きな文献検索(…という名の雑誌購読)からこんなアドバイスも…。

F「この前SPA!でね、」
S「忙しいのによく読みますねそういうの。」
F「だって俺SPA!は男が選ぶ好きな男で一等賞にしてもらったからすごいうれしいんだもん。エッチの時に言われるとうれしい言葉特集みたいのがあったんだけど、『今夜泊って行っていいよ。』って言われるともう一回したくなるんだって。あとは『もうお前以外とできないよ。』…そういうこと言うやついるんだよ!」
S「僕とか人の気持ちは変わるし…って思っちゃうんですよね。」
F「あぁー…そういうのは一番モテないタイプだよ、俺もだけど。あとは感じてるときにちゃんと男性側も声を出すとかね。」

放送後には「ほんとにこんなこと言われて嬉しいの?てか言ってるやついるの??」なんて女性スタッフに聞いて回っていた院長ですが、リスナーからは
「『もうお前以外とできないよ』って言われたことあります★」
「彼にはいつも頭をなでてもらうんですけど、それが最高にうれしいです。」
なんて甘ったるーいメールが続々と寄せられていましたよ!

【症例02】
「この前、7つ年上の彼が私に悩ましいことを言ったんです。『ぶっちゃけお前見てる理性もたないんだもん。でも今度の旅行の時までは理性もたせとくから。あ、先に言っとく、俺抱くときはGang★みたいに激しく抱くから(F「そうやって人の曲使うのは…いいよ!」) 容赦しないよ。』私はまだ処女。そのあとふたりで容疑者Xの献身を見てから帰りました。彼には処女だってことは言ってません。(神奈川県 高2 ゆうな)」

と、院長の作品を十分に堪能しているカップルに向けて、こんなアドバイスが…

F「ゆうなちゃん、これはね、彼に『私初めてなの、優しくしてねとちゃんと伝えなさい。』最初にセックスするときに優しくしない男の人とは付き合わない方がいいですよ。大事にしてくれてるという感覚が伝わらない人とは仲良くしない方がいいです。しかもさ、そんなこということ自体がこの人あんまりエッチうまくないよね!ペンションとGang★合わないよ!(笑)とにかく嫌われたらどうしようなんてことより、自分を大事にした方がいいですよ。セックスする前に言葉でちゃんと伝えた方がいいと思います。女の人って我慢して、彼が気持ちいいなら私はいいのみたいな献身ってあるじゃない?でもそういうのは深いセックスじゃないですよ。お互いが心地よくないとね。」
S「それを探っていくのも深い愛情だと思いますしね。」
F「とにかく彼にちゃんと言いましょう。そうじゃないとGangって曲が一生きけなくなりますからね。」

Gang★をこれからもノリノリで聴き続けるためにも、ちゃんと彼には自分の思いを伝えましょう!
院長のモットー「セックスはコミュニケーション!」、これから楽しい夏がやってきますが、国民のみなさんは院長の教えをきちんと守って、思い出深い季節にしてくださいね。

明日の魂ブロでも、あぶない院長と副院長のLOVE&SEX科診察の模様をお届けします。
リアルな体験談がふんだんに盛り込まれた診察の模様、どうぞお楽しみに!!
投稿時間:2009-07-21 22:08:25
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.