福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2009年3月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
3月24日 魂ラジレポート
福山雅治&魂ラジメモリアルデー★A
先日、シンガーソングライターの福山雅治さん(40)が歌手デビュー20年目に突入し、そしてその音楽活動と並ぶほどに大切にしているという「オールナイトニッポン魂のラジオ」、通称“魂ラジ”がまもなく10年目突入を迎えるというのは先週の放送でも盛大にお祝いしたとおり★

9年間聴き続けてくださっているあなたも、ガリレオで福山さんに興味を持ってくださったあなたも、ウォーターボーイズで知ったあなたも、はたまた山Pや亀梨くんの話を求めて聴き始めてくださったあなたも…。
今でこそ本当にたくさんのリスナーのみなさんに恵まれていますが、開始当時からこうだったわけではないのです。
先週の魂ラジでは、記念すべき魂ラジ第一回目の放送もちょっとだけ流しましたが、福山さんのテンションはもちろんのこと、番組も電話をつないでいたり、タイトルコールをリスナーと一緒にしていたり、今とは番組の有りようそのものがだいぶ違いました。

F「今はね、いわゆるラッパースタイルで自然とリリックを紡いでいってるけど(笑)はじめはスポンサーの関係もあってそうじゃなかったからね。でも電話をつなぐことによって、番組がおもしろくなるかどうかっていうところで、リスナーの方に負担をかけてしまうのはよくないなと思ってたんだよ。」

実はこの魂ラジ、“本番前の打ち合わせ”なるものはほとんどナシ。
本番前の会議も基本的に福山さんを交えての近況報告タイムと化しているんです。
つまりスタッフも今日福山さんが何を話すのか、というのはリスナーのみなさんとほぼ同時に知るわけです。

F「本番始まって話し始めるまで、今日の放送はどんな話かわからないっていう(笑)でもこれは彰久をはじめとするスタッフに全幅の信頼を置いているからできることなんです!」

10年の信頼が福山さんをフリースタイルのラッパーラジオDJへと変えたみたいです(^^)
そしてこれまでの魂ラジ史の間で最も大きかったかもしれないのが“メールの普及”。
メールのおかげで生放送の番組づくりは大きく変わった、と福山さんは言います。

F「基本的にラジオっていうのはハガキ職人さんがいて、コーナーものを進行していくでしょ?でも作りこんでライブ感がなくなるといけないと思っているから、魂ラジではネタを考えてもらうよりは即興性っていうのを大事にしたいんだよね。その点でもメールだとみんなに関心持ってもらえるような内容を取り上げられたりするから、かなり番組づくりは変わりましたよ。」

ファックス時代は紙が詰まってしまったり、送るのにも時間がかかったり、なかなかリスナーと福山さんの即時的なやりとりは難しかったよう。
でもいまは福山さんや荘口さんがパッと言ったことに対しても、リスナーから充実した内容のメールがすぐに返ってきます。
よく「○○に詳しい人、教えて!」「××のお仕事されてる方、メールください!!」なんて言葉が魂ラジでは飛び交っていますよね。
それに対しても確実なお返事をすぐにいただけるようになったのもメールのおかげ☆
これこそが福山さんのいう、

F「メールのおかげでラジオの生放送がよりいいものになってきた。」

ということだと思います。ラジオの生放送だからこそできる強みですよね★
メールの普及、という大きな転機もありましたが…そんな中でも9年間“変わらないこと”はあったのでしょうか。

F「BRUTUSでも言いましたけど、毎週ニッポン放送に来ることが楽しいってことは変わってないです。「楽しいな。」、「話したいな。」という気持ちですね。でもこれは聞いてくれるリスナーのあなたとの信頼関係があってはじめて成り立つものなんです。」

以前も「自分がおもしろいと思っていることを楽しそうに伝えることが大事。」と話していた福山さん。
お笑い芸人さんではないので、完成されたネタやいわゆる“すべらない話”を持っているわけではないけど…とこう言います。

F「自分の興奮している話、おもしろい話を嬉々として伝えることが『面白い』につながっているんじゃないかな?面白い話をしようとするとプレッシャーになるし、聞く方も構えちゃうじゃない。だったらそれよりも自分がおもしろいと思っているかどうか、を大事に話していきたいと思う。けど、主観的になりすぎて自己満足になっちゃいけないから、漫画読んで週刊誌読んで…雑学は仕入れるようにしてる。…まぁこれも趣味なんだけどね。」

福山さんが『おもしろい』と思っていること、今『アツい』ことをストレートに伝えられる場、それが魂ラジなんだといいます。
10年という歴史はつまり福山さんの歌手生活の半分を共にしてきたことになります。
「チンポ猿」で大爆笑してみたり、HIVについて真剣に考えたり、エロい話で大盛り上がりしたり…。
そのときそのときの福山さんの一番の『たのしい』気持ちをみなさんにお届けしてきました。
リスナーのみなさんからも、「ましゃ、それは変です!」、「すっごい共感しました!!」、「今こんな悩みがあって…。」とたくさんの反響をいただいて一緒に番組を作ってきました。
だからこそ福山さんも「毎週ニッポン放送に来ることが楽しい」と思うのだと思います。本当にありがとうございます。
これからも魂ラジは福山さんの『たのしい』きもちをみなさんに共鳴できる存在でありたいと思っています。
いよいよ10年目を迎える「オールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ」。
これからも変わらぬご愛顧、よろしくお願いいたします!!!
投稿時間:2009-03-24 21:45:23
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.