福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2009年2月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
2月24日 魂ラジレポート
福山雅治が旅の中で感じたこと
前回の魂ラジでは、お鍋企画第二弾!
キノコたっぷりの火鍋を囲んだ『キノコ鍋祭り!』でお送りしました。
無性に火鍋を食べたくなったという福山さん。
その原因は、この数週間、お仕事で海外にいたからなのです。

F「イタリア、それからルーマニア、で、イスタンブールにシンガポールを経由して、タスマニアへ行ってきました。」
17日間かけて、地球を斜めに横断する旅だったと言う福山さん。
旅の感想を聞かれ、
F「人生は旅であり、旅が人生である。」と、思いっきり中田英寿さんのパクり!?発言をしていましたが、一体また、何をしに海外へ行ってきたのでしょうか。

前回の放送では、旅先の中でもルーマニアに行ったことを話してくださいました。
ルーマニアには、HIV孤児の方を訪問しに行ってきたという福山さん。
きっかけは、所属事務所アミューズのエイズ啓発活動、AAA(Act Against AIDS)でした。

F「政権が変わったばかりの頃、当時のルーマニアはまだ混乱した時期にあったわけですよ。その中で、孤児になってしまった子供たちのことを政府が保護したはいいものの、余裕がなくて食糧まで与えることはできなかった。それで、栄養剤の代わりに血液を与えていたんです。その血液の中に、HIVウィルスが含まれていたもんだから、何の罪もない子供たちがHIVに感染してしまって…AAAは、そうした子供たちの何か力になれないかと始まった活動だったんですよ。」

そんなアミューズのAAA活動を通じて、13年前に福山さんは、ルーマニアで一人の少女に出会います。それが、自立支援施設にいるナルチスさんだったのです。
今回、またルーマニアを訪れよう!と思ったのは、そのナルチスさんが婚約した、というニュースを知って非常に嬉しかったからだ、と福山さんは語ります。

F「ナルチスちゃんに、『おめでとう!』って言いたかったのと、あとは、支援してくださっている皆さんに、『皆さまのおかげでこうして幸せな家庭を築けている人がいるんです』ってことを、ちゃんと自分の目で見て伝えたかった…
僕らはあくまで仲介役でしかなくて、実際にAAAを支援してくださっているのは、皆さんなんですよ。皆さまの善意のお金によって、一人の人間としての人生を歩むことができている人がいるんです。」

通常は、顔が見えないだけにどうしても一方通行になってしまいがちのチャリティーやボランティア。しかし、善意の行動にある想いの先には、子供たちが人生を歩み、嬉しい報告でもって返してくれる。それを伝わることができるのがAAAの活動の凄いところだし、誇りに思うと話す福山さん。
AAAのライブやイベントに参加したり、こうしてラジオを通して発信される福山さんの思いを聞いたりする中で、改めて世界で起きていることや、同じ人間として自分が出来ることについて考えることができる私たち。こうした繋がりの中で、世界の子供たちを応援することができ、また、彼らの成長した姿を知ることができる、というような循環は、本当に有意義なことだと思います。

今回の旅では他にも、ブルガリアでヨーグルトに塩を入れるという文化に驚いたり、
自然豊かなタスマニアでは、タスマニアデビルの生態を知ったり…
と発見も多かった福山さん。
そんな旅の話は、引き続き放送で触れていきたいと思います★
もちろん、福山さんからのお土産もありますよ!
第一弾の今週はまず、イタリアのお土産をプレゼント。
福山さんのイタリア土産が欲し!というあなたは、
「イ」「タ」「リ」「ア」であいうえお作文を書いて送ってください。
メールは
masha@allnightnippon.com
おところ、お名前、電話番号、学生の方は学校名もお忘れなく。
ご応募お待ちしています(^_^)y
投稿時間:2009-02-24 21:51:21
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.