福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2009年2月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
2月17日 魂ラジレポート
魂ラジリスナーの禁断のバレンタイン@
「セイント聖夜〜♪」なバレンタインの夜にお送りした先週の魂ラジ。
好きな人にチョコと一緒に自分の想いも受け取ってもらえ、ウキウキ気分で放送を聞いていたという方も、
チョコさえ受け取ってもらえず、かなり落ち込んだ状態で放送を聞いていたという方も。
今年のバレンタイン、意中の人に想いを届けて白黒つけることができただけでもよしとしましょう☆

なにせ、魂ラジリスナーの中には、好きな相手に自分の想いを告げることさえもためらわれてしまう、
『禁断の恋』をしている方もいらっしゃるのですから!
前回の魂ラジでは、『禁断のバレンタインスペシャル!』と題し、白でも黒でもない、グレーな恋愛をしているというあなたからの、誰にも言えない『禁断の恋』のエピソードを大募集!
今日、明日の魂ブロでは、そんなリスナーからの恋バナを大公開しちゃいます。

○かな(14歳 東京都)
「私は、部活のコーチに甘い恋心を抱いています。
コーチといっても週に2、3日程度来る、現在20歳の大学生です。
その人は、同じ部活の私の友達がお気に入りらしく、何かと比較してきます。
確かにその子は大人っぽくてスポーツ万能で私も憧れている子なんですが…。
コーチには、私のこと好きにならなくてもいいから、せめて友達よりも私を見てほしい!と願う一方。
やっぱり、まだ中2だから振り向いてもらえないのでしょうか。」

そんな、かなちゃんに、福山さんは自身の20歳くらいの頃を思い返します。

F「コーチってことは、20歳の大学生…20歳の時14歳って、凄く離れて感じるんだよね。
この歳になってからの、相手が14歳だったらすごく近く感じるんだけど(笑)
俺が20歳くらいの頃って、相手が中学生とかだとすっごい照れくさくて話せなかったなぁ。
デビューして22歳くらいの頃に、俺、女子校の学園祭でライブしたことあんのよ!
(…今でも、積極的にやっていきたいくらいなんだけど!と福山さんは強調します。)
そこで、♪『もっとそばにきて』って言う歌を歌ったんだけど、曲タイトル叫ぶつもりで、
『もっとそばに来て〜』って言ったら、ホントにイス持ってガタガタってそばに来てくれちゃったのよ!
俺、昔から“総立ちの帝王”って呼ばれてたのよ。」

さらに、「あの時の女子生徒の発する汗の匂いが忘れられない(笑)!」 という福山さん。
このころから既に、エロ殿下の片鱗をうかがわせていた福山さんなのでした(^_^;)

つづいて、
○ゆか(21歳 大阪府)
「私には今、好きな人が二人います。1人は17歳年上の人で結婚もしています。
もう一人は1つ年上の人です。
17歳上の人とは、ご飯に行ったり、…したり…。
1歳上の人とは遊びに行ったりしています。
まさに禁断の恋をしています。スキャンダルです!」

一度に二人と、しかも相手に合わせて全然違う付き合い方をしているというゆかちゃん。
そんなゆかちゃんに、福山さんは…
F「ゆかちゃん、その状況、面白がってるじゃん!
これは、ゆかちゃんの中に“乙女なゆか”と“みだらなゆか”とがいるのよ。
若い1つ上の人には“年相応の”カフェでお茶して映画見てバイバイ、みたいな付き合い方をして、
38歳の人の場合は、ゆかちゃんの、「♪時には娼婦のように〜みだらな女になりなぁ〜」的にね、焼き肉とかすっぽんとか食べて精力つけて!みたいな。
好きな人が二人いるんじゃなくて、一人の中に二人の自分がいるんです。それがそれぞれを好きなんです。」

ゆかさんのように、相手によってうまくキャラの使い分けができちゃう!という女子、
他にもいらっしゃるのではないでしょうか。

そして、今回お寄せいただいた“禁断の恋”のエピソードの中で最も多かったものといえば、
やはり、「実は、先生が好きなんです…」というメール。

実際に、先生が好きというリスナーに電話をお繋ぎしてお話を聞いてみました。

○ ラジオネーム:ひろみ(18歳 福島県)
F「恋はどんな感じ?」
ひ「1年生の時に好きになった先生がいて、今も2年間、片思いしています。」
F「何でそんなに好きになちゃったの?」
ひ「数学の授業とかで質問とかしてたら、気付いたらすごい好きになっちゃってた。」
ひろみさんいわく、白熊か白ブタ似ているというその先生は、後輩の間でも人気があるといいます。
こうして、先生はもてる!ということを改めて知らされた福山さん。
F「そういう場合ってみんな告白するの?」
ひ「私は一年生の時に告白してたんですけど、『先生として見てください』と言われてしまって…その当時は、結婚の約束をしている彼女がいたみたいなんですけど。」
そして、ひろみさんの好きなその先生は、その時の彼女と去年の夏に結婚してしまったのだと言います。
それを授業中に気付いたひろみさんは、思わず大泣きしてしまったのだとか。
F「その先生をまだ好きだって気持ちが、ひろみちゃんにあるのは分かったけど、
ひろみちゃんは先生とどうなりたいの?」
ひ「本当は一緒にいたいっていう気持ちはあるけど、でももう結婚しちゃったし…でも好きでいたい。」
F「じゃぁ、例えば先生がすごく悪い先生で、たとえ奥さんがいても俺と付き合う?なんて言ってきたら、
ひろみちゃんはどうするの?」
福山さんのこの質問に、
ひ「それでも付き合いたい…と思うと思う。。」
先生と生徒の関係である以上、踏み込んだ関係になれないのは分かっているというひろみさん。
とりあえず、想いだけは告げたい!とのことでした。

魂ラジリスナーの『禁断の恋』のエピソード、まだまだ続きます。
明日の更新もお楽しみに(^_^)y







投稿時間:2009-02-17 19:56:44
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.