福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ 毎週土曜日23時30分から25時までオンエアー。
魂ラジブログ
2009年2月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリー
・すべて表示
・魂ラジレポート
・福山雅治インフォメーション
・魂ラジインフォメーション
・最愛
・5年モノ
・スタッフ日誌
・小原信治の草の根広告社
 
ニッポン放送がインターネットで聴けます!!
すべて表示
2月13日 スタッフ日誌
国民投票結果発表&放送予告★
こんばんは、今夜も魂ブロへようこそ!
明日、2月14日はバレンタインデイ。
デパートではもちろん、駅やスーパーでも特設ブースが設けられ、沢山の女性で賑わっています。
美味しいものに目がない女性にとって、ちょっと高級めのチョコを探し求めるのは、一年に一度の楽しみ…
なのかもしれません。
不景気と言われる今年、女性はチョコにかけるお金を節約するかと思いきや、本命の彼にあげる分のチョコの平均金額は、例年よりも上がっているなんて情報もあるほど★
魂ブロをご覧のあなたは、明日、誰にどんな形でチョコレートをあげるのでしょうか。

そこで、今週の国民投票のテーマは…
「あなたにとって、今年のバレンタインは?」

選択肢はコチラ。
・想いを告白したい本命の彼がいます!
・義理チョコをくばりまくるだけで終わりそう・・・
・彼氏・彼女とイイ感じに過ごします。
・私には無関係・・・むしろなくていいイベントです。
・その他

結果はこのようになりました☆
1位:私には無関係・・・むしろなくていいイベントです。 (568票)
2位:その他 (379票)
3位:義理チョコをくばりまくるだけで終わりそう・・・(291票)
4位:想いを告白したい本命の彼がいます! (137票)
5位:彼氏・彼女とイイ感じに過ごします。 (130票)

魂ラジリスナー、今年は少し寂しいバレンタインを過ごす方が多い(?)
では、実際に投票してくださった方の声をご紹介します。

まずは、最も多かった「私には無関係・・・むしろなくていいイベントです。」に投票してくださった方。

○かなこ(中1 神奈川県)
「私にバレンタインなど無関係です!!
好きな人はいますが、なんでバレンタインにチョコ作ってあげなきゃいけないんですか??
しかも、友チョコの意味がわかりません。
なんで女友達同士でこっそり学校に持っていってトイレで交換しなきゃいけないんですか??…って感じです(笑)。しかも!!
20日から学年末テストがあるのでバレンタインどころじゃないんです!!!!
しかも!!!逆チョコって何なんですか!!
もうバレンタインが別のものになっちゃってますよね。
イベント好きな私ですが、バレンタインだけは好きになれません。。。」


○ラジオネーム:まみち(埼玉県)
「今週の魂ラジ国民投票、「私には無関係…むしろなくていいイベントです」に一票です。
今年もただの土曜日です。
バレンタインというイベントが私のスケジュールから消えて何年たつのでしょう…。
ついでに言えば、クリスマスと自分の誕生日も消えました。
私の中で最大のイベントといえば、2月6日。そう、国王の誕生日です!
来年の2月6日までひっそり過ごします。」

○ラジオネーム:ありぽん(16歳)
「国民投票☆私は「私には無関係…むしろなくていいイベントです」に1票入れました(>_<)
毎年「バレンタイン」はドキドキものでしたが、今年は彼氏いないし、好きな人すらいないんで、お菓子を作る気力もないです…
来年は彼氏作ってらぶらぶしたいなと妄想を膨らましてます(ゝω・´★)」

○しほり(18歳 千葉県)
「私にとっての今年のバレンタイン…「私には無関係…むしろなくていいイベント」に投票しました!私は彼氏も今いないし、そして女子校なので、バレンタインといっても[友チョコ]だけです\(^o^)/だからなくていいイベントだと思いまーす!!
独り身には寂しすぎるイベントです…☆唯一友チョコだけが救いです♪」


好きな人や彼・彼女がいない方からは、バレンタインは「迷惑な存在…」との声がきかれました。でも、バレンタイン時期には普段は買えない限定チョコも多く発売されます。
自分の為にチョコレートを買う方も多いようですよ(^_^)y


続いて、「その他」に投票された方。

○ラジオネーム:ちはるん(大阪氏)
「私は、全国展開している女性に人気の某カフェで働いています。
この時期、テイクアウトコーナーではオリジナルのチョコレートも販売してるのですが、
うちの店舗、なんと毎年全国で一位の売り上げなんです!
でもこの不況からか、今年の売り上げは微妙…今のところ他店舗に負けているそう。
お客様に見せるにこやかな笑顔のスタッフ、その裏では、実はみんな必死なんです。
ということで、私はバレンタインまでチョコレート、売って売って売りまくります!!
目指せ、今年も一位!
ではなくて(笑)みなさまのバレンタイン、想いが届きますように。。。
お手伝いさせていただきまーす♪」

○ラジオネーム:容疑者N(千葉市)
「国民投票…その他に投票です。
悩めるバレンタインになりました。自業自得です。
彼へのチョコは、足を使って買い求めました。でもそのチョコは、愛と懺悔の気持ちが入ったチョコレート。私、この十数日、血迷ってしまい過ちを犯してしまいました(浮気)。
でも、その事で私の一番大切な人が彼だと改めて確認してしまい、毎日後ろめたさで倒れそうです。何も知らない彼は、元気の無い私を心配してくれるし、優しく笑いかけてもくれます。このまま何事も無かった様に、彼の傍に居たいと思ってしまいます。
マシャ〜私どうしよう。黙っててイイですよね?ダメ?」

○ラジオネーム:みきてぃー(19歳 宮城県)
「今回の国民投票、その他に投票しました♪
私はバレンタインにチョコをあげる予定ですが…前はすごく気になっていたのに、地元にいる人で定期的に会ってる人じゃないので最近は気になるのか、好きなのか分からなくなっているので本命なのかもまだわからないです。。なのでその他に投票しました♪
でも、会ったら何かまた変わるかなと思うのでチョコはあげたいと思っています★」

○ラジオネーム:リカ (高校生)
「私は今週の国民投票「その他」に投票しました!
今年のバレンタインデーはなんと大学入試の試験日なんです…。
毎年手作りで「友チョコ」を学校で配っていたのに、今年は試験…。
14日は、夜の魂ラジを楽しみに、頑張りたいと思います☆」

○きょーこ(22歳 品川区)
「あたしは『その他』に投票しました!!!
彼氏も好きな人もいないけど、バレンタインには毎年友チョコをあげてます♪
高校のときは、作ったお菓子をタッパーに入れてって、みんなで交換してました。
大学はもう春休みなので、今年はバイトの友達に配ります!
みんなに喜んでもらえるようにがんばって作りまーす!!!」


お菓子屋さんで働いている方や、バレンタイン期間限定のアルバイトをしている方にとっては今週末は大忙し! 愛のキューピットという大事なお務め頑張ってください!!
また、女子リスナーの中には性別に関係なく“友チョコ”をあげる♪手作りのお菓子を交換する♪といった声も多く聞かれました。相手が異性でなくても、バレンタインをイベントとして楽しんでいる方は多いようです★

続いて、「義理チョコをくばりまくるだけで終わりそう…」に投票された方。

○あゆむ (24歳 千葉県)
「国民投票、「義理チョコをくばる」に投票しました><!!
彼氏どころかあげたいとおもう方もいません…なので職場の上司に手作って渡します…
手作りは飲食担当のお仕事なので義務なのです…
本音は上司に配るくらいなら福山さんに渡したいのに(;_;) という感じです。
自分からのチョコにはときめきが期待出来ず、誰かから逆チョコというのにちょっとだけ期待(笑)してます。ときめきたい!!」

今年のバレンタインは、土曜日。魂ラジリスナーの中には、「義理チョコを買わなくて済む!」と、秘かに喜んでいる方も多いのではないでしょうか(^_^)


もちろん、今年のバレンタインを、好きな人に告白する予定だったり、恋人と仲良く過ごしたりと、幸せなドキドキ感を楽しむ予定の方もちゃ〜んといらっしゃいます♪

○ラジオネーム:いずみ(16歳 石川県)
「私は、想いを告白したい本命の彼がいます!に一票入れました。
今までの人生のうち、私が告白をしたことは1回しかありませんが、
その1回もバレンタインデーでした。その時は惨敗でした・・・泣。
人生で2度目の告白を今年のバレンタインにかけます!
そして、その人が初彼になることを願っています (>_<)」

○美穂(23歳 新潟県)
「『想いを告白したい本命の彼がいます!』に思いきって投票しましたが…
たぶんできないと思います。(>_<)
相手は、同じ会社の先輩ですが毎日会えるわけではないので、バレンタインはとりあえず保留です、当日は何もしないでしょう。(:_;)
学生の頃は、バレンタインに好きな先輩によく(?)チョコなんかあげたりしてましたが。 大人になるにつれて、好きな人、気になる人がたとえできたとしても、そのことを人に話したり、相手に想いを伝えたりすることがなかなかできなくなってきたのは私だけでしょうか…。」

○ 利花 17歳(新潟県)
「魂ラジ国民投票「思いを告白したい本命の彼がいます」に一票いれました。
同じクラスの彼は、スポーツ万能で笑顔がとっても素敵です。
今年のバレンタインには彼が好きなレアチーズケーキを作って渡そうと思っています。
今から緊張しているので、ちゃんと勇気を出して渡せるかが心配です。
うまくいってもダメでも、後悔しないように精一杯頑張ろうと思います。
世界中の恋する女の子にバレンタインマジックで幸せが訪れますように(^-^)」


○ラジオネーム:NIKO(滋賀県)
「いわゆる家族愛?夫婦愛??でしょうか。毎年、旦那様に本命チョコをプレゼントです。義理チョコにご縁が無くなったとぼやかれ、あげずにはいられないと言う現状ですね(笑)
いつものスーパーで、いつもより少しだけ、高いチョコに「愛情」を吹き込んで渡します。

明日、意中の彼に告白する予定のあなた!
頑張ってください☆魂ラジは、あなたのその“恋”を応援しています!!


さて、明日の魂ラジは…バレンタインにちなんで『禁断のバレンタインスペシャル!!』
今回の国民投票でも、
「チョコを渡したい相手がいるけど…複雑な事情があって渡せない…」
という方もいらっしゃいました。
「好きな人はいても、その人の事を好きとは公には言えない。」
「好きな人のことを、友人や家族には話せない…」
そんな“ワケあり”の恋愛をしているあなた、その恋のこと、
福山さんや荘口さんに打ち明けてみませんか?
メールは
masha@allnightnippon.com
お待ちしています(^_^)y
投稿時間:2009-02-13 21:34:11
 
2月13日 小原信治の草の根広告社
忘れられないバレンタインの恋のうた
 
 人生で初めて本気チョコを貰ったのは、17歳のバレンタインだった。当時の僕は、前の年の12月14日、雨の日曜日に起きた”悲しい出来事”のせいで、大好きだった女の子と疎遠になってしまい(何があったかご興味ある方は以前、僕が高校時代の体験を元に書いた
「欲望セブンティーン」という漫画を御覧下さい)やさぐれていた。好きなのに会えない。好きなのに好きと言えない。好きなのに…。どうにもならない恋心を抱えたまま、引き摺って生きていた。そんな時、バイトしていたラーメン屋で出会ったのが、Kちゃんだった。ロングの髪は当時流行っていたソバージュで、イエローキャブのグラビアアイドルくらいおっぱいが大きかった。癒し系だった。そして、僕に特別な微笑みをくれた。僕が別の女の子へのどうにもならない想いを抱えているとも知らないままに。そんな彼女がくれた、バレンタインチョコ。手作りだった。恥ずかしそうに俯いたままのソバージュの髪の毛からはバイト先での彼女とは違う、甘い香りがした。そして、おっぱいが大きかった。包まれたい。そう思った。でも、好きなのは…。そうとも思った。なのにキスしてしまった。何もかも忘れたいという想いと、忘れられるかもしれないという希望。そして、そんな苦しい気持ちさえも優しく包み込んでくれそうな、大きなおっぱいに導かれるように。
「好き?」
 彼女にそう訊かれた。
「好きだよ」
 気がついた時にはそう答えていた。その帰り道、自分が物凄く汚い大人になってしまったように感じていた。
 Kさんとはその後、1ヶ月くらいつきあった。でも、もともと好きだった子のことを忘れることはできなかった。むしろ、好きな子への罪悪感で、想いはますます大きくなってしまった。苦しさも二倍、三倍になってしまった。
「ごめん、もうすぐ受験勉強に集中しなきゃなんないからさ」
 本当は就職するつもりのクセに、僕はそんなつまらない嘘を吐いて、春になる前に一方的にKさんと別れてしまった。
 あれからKさんとは一度も会っていないけれど、バレンタインが来るたびに、
不意に別れ際のKさんの悲しそうな顔を思い出して、胸が痛む。彼女は今どうしているんだろう。どこで、誰とどんな人生を送っているんだろう。しあわせなんだろうか。しあわせだといいな。しあわせだよきっと、少なくとも俺よりは…などと考えたりする。
 魂ラジに、何年かに一度、中学・高校の同級生の女の子たちから僕宛てのメールが届くことがある。
「魂ラジの小原くんって、もしかして○○高校の小原くん?」
 同世代なこともあり、かつての同級生の女の子たちの中に、僕の全く知らないところで福山さんの熱烈なファンになっている子は多い。向こうもかつての同級生が、大ファンである福山さんと仕事をしていることに驚いているみたいだけど、僕自身、クラスメートだったり、同級生だったりした女の子たちが、今度は福山さんのファンとして連絡をくれることに毎回驚く。
 Kさんも、そんな僕の同級生たちと同じ年。この季節になると、リスナーのメールを見ながら、Kさんのことを思う。
「もしかして、あの小原くん?」
 そんなKさんからのメールが混じってはいないかと。自分でやっている恋の同窓会サイト「初恋ネットドットコム」で検索してみようかななんて、考えたりもする。会ってどうするわけでも、どうしたいわけでもない。なんだろう。たぶん、"ごめんね"と"ありがとう"を言いたいんだろうな。彼女にしてみれば今更、言われたって困るだろうし、訊きたくもなければ、そもそも僕のことなんて忘れてすらしまっているかもしれないけれど。

 生まれて初めて本気のバレンタインを貰った1987年2月14日。22年前のあの日も、今年と同じ土曜日だった。

 そんな2月14日土曜の魂ラジは、禁断のバレンタインスペシャルです。

小原信治

投稿時間:2009-02-13 01:28:33
 
Copyright © 2014 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.